スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

「通話料半額」の楽天でんわとは?050Plusと比較して優れている点とは!

Pocket

話題の楽天でんわ

「通話料半額」でおなじみの「楽天でんわ」ですが、
最近では広告も多く、「通話料半額」のフレーズに気になっている方も多数いるかと思われます。
3大キャリアの新料金プランが発表された今、この「楽天電話」にメリットはあるのでしょうか。
今回はその「楽天でんわ」と既存の似たようなIP電話の「050Plus」を比較して紹介します。


そもそも楽天電話とは?

既存の050plus等のIP電話アプリとは違い、
電話回線を利用しての電話発信となっており、
電話番号は各キャリアと契約しているもののまま使用します。
新たな電話番号を取得する050plus等のIP電話アプリとは違う点になります。
またカケ放題が特徴の3キャリアの新料金プランがある今、
本当に「通話料半額」は実現できるのであろうか。
率直に言うと旧プランとの組み合わせにより、半額とまでは行かずとも、
電話の量次第では新料金プランよりも安くなる可能性があります。

気になる「楽天でんわ」の料金は?

「通話料半額」を謳う以上、気になるのはやはり料金です。

初期費用/月額基本料:0円
国内通話:10円/30秒(税別)※
国際通話:10円/30秒(非課税)
※フリーダイヤル、ナビダイヤル、110番などの3桁番号への発信はできません。
※通話料が30秒20円(税別)以外のプランを携帯電話事業者とご契約している場合でも、
一律30秒10円(税別)となります。



そもそも10秒30円は安いのかどうかと言う点です。
050plusと比べると高いです。
しかしながら、初期費用無料な上に、
利用分のみ課金となっているのは050plusと比べるとメリットになります。
しかしこの時点で安さを売りにしたような告知で、
あまり安くないという現実に直面します。
さらに注意すべき点は、本来無料であるはずのキャリア間の電話も、
間違えて楽天でんわを経由してしまうと、料金がかかってしまいます
公式にもある通り、その対策として「無料通話リスト」を作成しないといけないみたいです。
さらに追い込みをかけるかのようにデメリットがあり、
決済方法がクレジットカードのみです。
個人的には050plusと比べるとメリットよりもデメリットの方が圧倒的に多く感じます。

LINEやスカイプ、050plusのようなIP電話が流行する昨今、
「楽天でんわ」はあまり利用すべきではなく感じます。
個人的な意見としては、圧倒的に050plusを上手く活用した方が、
便利でもある上に料金も安くなります。
「通話料半額」のフレーズに釣られてむやみに契約をしないようにしましょう。
現状の通話料や3キャリアの新料金プランの通話料に不満をお持ちの方は、
050plusの導入をオススメします!

楽天でんわよりもお得!050plusとは?

上記の通り、
楽天でんわよりも圧倒的に050plusをオススメします。
そもそも050plusをまったく知らない方はこちらの記事を参考に。
050plusの基本的な使い方
料金も安くIP電話の中では音質もマシな方です。
白ロムと上手く組み合わせることで、
スマートフォンの月額料金を大幅に下げる事が出来ます。

楽天でんわを上手く活用するには?

唯一楽天でんわにもメリットはあります。
と言うのも「利用月のみ料金発生」ですので、
クレジットカードでの支払いに問題がなく、
面倒な無料通話リストの作成にも問題がなく、
普通の通話に比べて音質の劣る050plus等のIP電話をわざわざ導入するつもりも無い方!

そんな方はとりあえず導入してみるのも手かもしれません。
そもそもIP電話として050~の番号を新たに付加される050plusとは、
まったく違うサービスと言っても過言ではありません。
似たようなアプリであることは間違いないですが、
既に自身の所持している番号からの発信が可能ですので、
相手方には特に導入した旨を伝える必要もありませんし、
何よりも初期費用・月額料金が無料となっておりますので、
上記の条件に当てはまる人は導入する価値があるかもしれません。

IP電話アプリとの音質の違い

050plusと比較する上で、
重要であり、違いも明確になるであろう点です。
フュージョンの電話回線を経由し、
携帯事業者の回線に転送することで通話ができる。
つまりドコモユーザーはドコモの回線、auユーザーはKDDIの回線で通話ができるので、
パケット通信を利用するVoIPアプリよりも通話品質の面で安心できる。
もちろん、携帯電話以外の固定電話にもかけられる。

との事で、050plusよりも通話音質は上回ることでしょう。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly