スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

スマートフォン docomo らくらくスマートフォン F-12D

Pocket

2012年夏モデル
らくらくスマートフォン F-12D docomo


スマートフォン初心者の方や高齢者の方にオススメの 富士通 らくらくスマートフォン F-12D です。
「スマートフォンに変えたいけど操作が分からない」なんて人に大変オススメです!!
キャリア:docomo
OS種類:Android 4.0
販売時期:2012年夏モデル
液晶サイズ:4インチ
内蔵メモリ:ROM 4GB RAM 1GB
バッテリー容量:1800mAh

高齢者の方で「らくらくフォン」から「らくらくスマートフォン」に乗り換える方が非常に多いみたいです。
買い換える上でメリットと言えるのは、
「画面が大きい」
ガラケー(普通携帯)よりも画面が大きいので必然的に文字も大きくなっており、
高齢者の方には非常に有り難いメリットです。
「操作しやすい」
製作側も機能よりも使いやすさを重視しておりますので、
メニューやボタン、タッチパネルの反応等かなりシンプルで使いやすくなっております。
「ガラケーよりも性能が良い」
当然ですがAndroidコア搭載なのでガラケーよりも格段に性能が良いです。
従来のメールや電話・カメラ・GPS・お財布ケータイなどの機能もそのまま使えます。
デメリットとして挙がるのが、
「持ち運びが不便である」
画面の大きさはメリットであると同時にデメリットでもあります。
片手に収まるサイズには作られていますが、液晶自体は4インチです。
誤って落としてしまったりする方もいるみたいです。
是非ケースや保護フィルムは付けるようにしましょう。
らくらくスマートフォン関連グッズを検索
そして気になる月々の料金ですが、
スマートフォンをお持ちの方は定額プランの高さを分かっている方もいるかもしれませんが、
らくらくスマートフォンの場合は、
「らくらくパケ・ホーダイ」(月額2,980円)が定額プランになります。
基本使用料780円(場合によっては980円)+定額プラン2,980円+SPモード契約費用315円
になります。
らくらくパケ・ホーダイは、一日に写真付メール5通、インターネット接続20分までは可能です。
これに加えて機種代金が大よそ2年間の月払いで2200円ほどです。(販売店によって異なります)
(以下、製品ページからの引用になります)
◇らくらくスマートフォンの特徴◇
らくらくタッチパネルと分かりやすいメニューでインターネットも簡単に
初めてでも確実に操作ができるよう「触れる」と「押す」の違いをしっかりと区別する新構造タッチパネルを開発しました。触れている箇所を画面がお知らせ。さらにパネルを押し込むと、まるでボタンのような押しごこちの振動が指先に伝わり、操作したことが明確にわかります。確実に入力できるのであんしんして使えます。
やりたいことがひと目でわかる。使いやすさにこだわったタッチメニュー
らくらくスマートフォンでは、ボタンの大きさや、画面の見やすさ、画面レイアウトなど、さまざまな視点からメニューを新たに開発しました。よく使う電話やメール、電話帳はひと目でわかる大きなボタンとイラストでわかりやすく表示しているのでスマートフォンを初めて使う人でも、ひと目で直感的に使えるメニューです。
使い慣れたメニューもあるからあんしん。らくらくホンと同じ使い慣れたメニューも用意
さまざまな機能が直感的なタッチ操作で、さらに使い勝手が向上しました。また、これまでのわかりやすい口語調の文体、見やすい文字サイズなど、従来の「らくらくホンシリーズ」と変わらないメニュー画面もご用意。好評のワンタッチダイヤルも継承しています。
わかりやすくて押しやすいからあんしん。大きいボタンとわかりやすい文字入力
大きなボタン表示に加えて、ボタン間隔をしっかり確保したことで誤入力を最小限に抑えます。また、文字変換に定評のあるATOKを採用。快適な文字入力をサポートします。
お気に入りの写真を手軽に見られる。めくってピクチャー
トップ画面に、お気に入り写真を壁紙として複数枚設定することができます。設定した写真は、横スライド操作で切り替えたり、自動切り替えにしてスライドショーのように楽しむことができます。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly