スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

J:COMのAQUOS L2とarrows M03はどちらが良いのか違いを比較!


J:COMで選べる端末として国産モデル「AQUOS L2」「arrows M03」があります。
J:COMでは選べる端末が少ないので、両端末どちらを選ぶか迷っている方も多いはずです。今回はそんなJ:COMの国産モデルのスペックの違いを比較してみました!
J:COMでセット購入する予定の方も、単純にAQUOS L2とarrows M03の違いが気になる方も是非最後までご参考ください!

AQUOS L2とarrows M03の比較

スペック比較表
名称 AQUOS L2 arrows M03
画像
メーカー シャープ 富士通
キャリア SIMフリー
J:COM
発売時期 2017年7月 2016年7月
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
Snapdragon 410
クアッドコア
1.2GHz
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大200GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1280×720
HD
背面カメラ 1310万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2700mAh 2580mAh
連続待受時間 約950時間 約640時間
Wi-Fi b/g/n a/b/g/n
機種サイズ
(縦幅)
143 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.3 mm 7.8 mm
機種重量 138 g 141 g
カラー ラベンダー
ホワイト
ブラック
ブラック
ホワイト
ピンク
他限定色
スポンサーリンク

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

AQUOS L2の「 Android 7.0 」に対して、
arrows M03は「 Android 6.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンではありますが一応紹介。
AQUOS L2ではAndroid7.0に対応しているのでマルチウィンドウ機能が利用出来ます。画像のように画面を分割して各々のタスクを実行する事が出来るので非常に便利な機能です。

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「CPU」

搭載されているCPUにも違いがあります。

AQUOS L2の「 Snapdragon 430 」に対して、
arrows M03は「 Snapdragon 410 」になります。

どちらもキャリアスマホでもお馴染みのクアルコム社のチップセット「スナドラ」シリーズが採用されております。
性能としてはどちらも一昔前のミドルクラス向けなので動作面は微妙かと。

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

AQUOS L2の「 最大256GB 」に対して、
arrows M03は「 最大200GB 」になります。

外部ストレージはそれぞれの端末で対応数が異なるので注意しましょう。

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS L2の「 2700mAh 」に対して、
arrows M03は「 2580mAh 」になります。

またJ:COMに記載されている連続待受時間では300時間ほどの差があります。

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「Wi-Fi」

arrows M03ではWi-Fi5GHz帯に対応しております。
2.4GHz帯のみの場合は、他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。
AQUOS L2では2.4GHz帯のみの対応となっているので注意。

AQUOS L2とarrows M03の違いを比較「サイズ」

画面サイズが同じなこともあって、端末サイズ自体はほとんど同じです。どちらもそれなりにコンパクトかつ軽量モデルです。

まとめると

国産モデルと言うことで、SIMフリーモデルながらにおサイフケータイに対応しているのが両端末の最大のメリットです。
スペック面で言えば類似している部分も多く、また両端末防水防塵にも対応しており、万人に扱いやすいモデルとなっております。

両端末の違いを強いて言うなら「CPU」と「バッテリー」ぐらいですかね。もちろんデザイン性の違いやメーカーの違いによる評判の良し悪しもありますが。

「CPU」はとりあえずどちらも今で言えばエントリーモデル~ミドルクラス辺りに搭載されているものなのでゲーム系のアプリは少し厳しいかもしれません。

「バッテリー」に関してはあくまで発表値ではありますが、AQUOS L2の方が圧倒的に連続使用時間が長いので両端末の違いと言う意味では注目すべきポイントかもしれません。

どちらも国産モデルと言うことで動作面と価格を考えると少しコスパは微妙です。

しかしどちらの端末もスマホ初心者やシニア層、サブ機としても扱いやすい端末となっているのであらゆる層にオススメ出来る端末ですね。

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
arrows M03(32,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~12月5日の期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!