スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

arrows M03とHUAWEI P9 liteはどっちが良いのか違いを比較

arrowsm03-p9lite-hikaku
Pocket

格安SIM、MVNOサービスで人気のmineoからarrows M03とHUAWEI P9 liteとZenfone GOの採用が発表されました。中でも性能面ではP9 lite、そして機能面ではarrows M03が2016年の格安スマホではドが付く本命です。既に発表されている楽天モバイルやmineoだけでなくこれからも様々なサービスからP9 liteとarrows M03は登場するかと思われます。

性能面と機能面で大きく異なった両端末ですが、価格や発売時期に加えて様々なMVNOサービスで採用されると言う共通点まであります。これから沢山の人がarrows M03とHUAWEI P9 liteどちらを選ぶか迷う可能性があるので、今回はarrows M03とHUAWEI P9 liteの違いについて比較してみます。

関連記事
arrows M03のスペック情報
2016年7月に登場したarrows M03の詳細情報を記載
HUAWEI P9 liteのスペック情報
2016年6月に登場したHUAWEI P9 liteの詳細情報を記載

arrows M03とHUAWEI P9 liteの違いを比較

スペック比較表
名称 arrows M03 HUAWEI P9 lite
画像
メーカー 富士通 Huawei
キャリア SIMフリー
発売時期 2016年7月 2016年6月
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU MSM8916
クアッドコア
1.2GHz
Kirin 650
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
RAM 2 GB 2 GB
ROM 16 GB 16 GB
外部ストレージ microSDXC
最大200GB
microSDXC
最大128GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1300万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 800万画素
バッテリー 2580mAh 3000mAh
連続待受 約640時間 約610時間
連続通話 約700分 約1130分
通信(LTE) 1/3/8/19/26 1/3/5/7/8/19/28
通信(3G) 1/5/6/8/19 1/5/6/8/19
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
Wifi 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM×2
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 146.8 mm
機種サイズ
(横幅)
72 mm 72.6 mm
機種サイズ
(厚み)
7.8 mm 7.5 mm
機種重量 141 g 147 g
カラー ブラック
ホワイト
ピンク
他限定色
ゴールド
ホワイト
ブラック
発表価格 38,400円? 32,378円
スポンサーリンク

arrows M03とP9 liteの価格比較

arrows M03は特にこれから登場予定のMVNOサービスが多いので、キャンペーンによる価格変動が予想されます。
単体での販売価格はまだarrows M03は販売されていないので分かりませんが、
恐らくは35,000円前後と予想されます。

両端末3万円前後で入手の出来る最新モデルと言うこともあって、
これからしばらくは売れ続けると思われます。

arrows M03とP9 liteは性能差(CPUの違い)が大きい

まずはCPUに大きな違いがあります。
arrows M03の「 1.2GHzクアッドコア 」に対して、
P9 liteは「 2.0GHz+1.7GHzオクタコア 」になります。

P9 liteが搭載しているKirin650はこの価格帯では圧倒的なパフォーマンスを発揮しており、
例えば同価格帯のSAMURAI REIですら全く太刀打ち出来ません。
と言うわけで当然arrows M03の方が劣っており、スペック面では大きな差が付いていると思っておきましょう。

外部ストレージはarrows M03の方が上

ROMの数値は同じですが外部ストレージの対応最大数に違いがあります。
arrows M03の「 200 GB 」に対して、
P9 liteは「 128 GB 」になります。

外部ストレージとは後付で増設出来る容量で、スマホの場合はmicroSDカードになります。
正直128GBもあればほとんどの場合大丈夫だと思いますが、
動画を撮影して保存したり、動画の編集等をスマホで行うような場合には200GBでも問題ないでしょう。
普通に使う分には絶対に128GBで十分です。と言うより128GBも必要ないかもしれません。
私は漫画や音楽や動画をある程度スマホで管理しているので128GBのmicroSDカードを使っています。
microSDカードの購入を検討している方や興味のある方は規格に注意して下さい。詳しくは スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは? をご参考ください。

arrows M03とP9 liteは画面サイズ及び解像度にも違いがある

画面サイズにも違いがあります。
arrows M03の「 5.0 インチ 」に対して、
P9 liteは「 5.2 インチ 」になります。

画面サイズにわずかな差があるものの、横幅自体はほぼ違いがないので持ちやすさに影響は無さそうです。画面サイズよりも画面解像度に大きな違いがあります。
arrows M03の「 1280×720 」に対して、
P9 liteは「 1920×1080 」になります。

画面解像度は縦横の点の数です。これらの違いはウェブの文字の読みやすさや画像ファイルの鮮明さにも現れますが、個人的に思う大きな違いとしては動画の視聴や高解像度のアプリの画質です。
画面解像度を一番に重視してスマホを選ぶ方は少ないかもしれませんが、最低でもHDは欲しい!最低でもFHDは欲しい!と言ったパターンの方はとても多いと思われます。
と言う私もまさにそのパターンでFHD出来れば更に上のWQHDが理想です。

ちなみにHDにも隠れたメリットはあって、スペック表のバッテリーを見れば分かりやすいです。
連続通話時間に約430分も差がありますが、連続待受時間ではむしろarrows M03の方が長くなっています。
つまりHDディスプレイは色を表現する点の数が少ないので、画面を映す際にFHDよりも多くの電力を使わなくて済むのです。(例えばarrows M03がFHDだった場合はP9 liteより圧倒的に連続待受時間が短くなると思われます)
※HDの隠れたメリットに関しては予想の部分が大きいので鵜呑みにしないで下さい。

arrows M03とP9 liteの違いを比較「インカメラ」

メインカメラは同じ画素数ですがサブカメラの画素数には違いがあります。
arrows M03の「 500万画素 」に対して、
P9 liteは「 800万画素 」になります。

両端末ソニー製CMOSセンサーを採用とのことです。サブカメラの画素数は私のように全く使わない人には興味の無い項目ですが、それでも低いよりは高い方が嬉しいですよね。そしてSNS等を使っている方は自撮りも多いかと思いますので、メインカメラもサブカメラも高性能な物を求めているはずです。

バッテリー容量、バッテリー持ちの違い

単純なバッテリー容量にも違いがあります。
arrows M03の「 2580mAh 」に対して、
P9 liteは「 3000mAh 」になります。

先ほど記載した通り、ディスプレイの都合で連続待受はarrows M03の方が長くなっています。

この価格帯には珍しい?arrows M03はWifi5GHz対応

arrows M03は個人的に嬉しい5GHz帯 802.11a に対応しています。私は家では他家電との電波干渉がひどいので5GHz帯を利用しています。この様な理由で5GHzに対応したモデルを探している方もいるのではないでしょうか。
ちなみに同じ価格帯で言うと先ほど登場したSAMURAI REIも対応しています。

arrows M03とP9 liteの機種サイズや重量

機種サイズ及び重量に関してもわずかに差があります。特に大きな違いはありませんが、画面サイズがP9 liteの方が大きいのでそこをどう評価するかですね。

arrows M03とP9 liteは結局どっちが良いのか

スペック表を見る限りは、圧倒的にHUAWEI P9 liteの方が有利です。スペックと価格でコストパフォーマンスを表現した場合には最高レベルと言えるでしょう。
しかし冒頭でも記載したように、arrows M03には機能面が非常に充実しており、前作のarrows M02でもこの機能面が人気の理由となっていました。
まず第一におサイフケータイ・ワンセグ対応しているところが特徴。ワンセグ用のアンテナが内臓タイプなのも地味に嬉しいところです。そして次にMIL規格14項目準拠しており前作同様に防水防塵タフネススマホが売り。
また国内メーカーと言うこともあり、スペックよりも機能面(特におサイフケータイ)の方が大事な方には人気が出そうですね。スマホをあくまで携帯電話と考えており、これから格安SIMに手を出すライトユーザーにオススメです。

arrows M03の購入を決めている方にはかなり失礼かもしれませんが、個人的にはarrows M03は無いです。理由としてはやはりCPU、ようするにスペック面が時代遅れすぎます。
いくらライトユーザーに向けた端末だからと言って、コスパの高い端末の多い3万円前後の価格帯の端末としてはスペックがあまりに低すぎます!
つまりarrows M03の購入を検討している方は、「スマホをあまり使わない」と自分で十分に理解している必要があります。当然アプリが出来ないとか動画が視聴出来ないとかはありませんが、動作が快適とは言いがたい可能性があります。

「国内メーカー」に魅力を感じているのであれば、arrows M03の特徴の一つ「おサイフケータイ」を捨てることになりますが、最近格安SIMで人気の国内メーカーFREETELのSAMURAI REIが同じ価格帯で国内メーカーと言うこともあってオススメ出来ます。

「おサイフケータイ」は欲しいがスペックが低すぎる!なんて方には同時期に発売されるAQUOS mini SH-M03がオススメ!価格が高いですが、おサイフケータイを搭載したハイスペックコンパクトモデルとして間違いなくこれから注目度が上がる(既に上がっている?)SIMフリースマホです。シャープ製なのでこれまた国内メーカー。

と言う訳で当サイトとしてはおサイフケータイを使わない方やある程度はスマホを使う方全員HUAWEI P9 liteをオススメします!スペックの高さ、価格の安さ、評判の良さ、格安SIMの取り扱い数とコスパが最高クラスです!

おサイフケータイ搭載のハイスペックコンパクトモデル「AQUOS mini SH-M03」と「arrows M03」を比較した記事もあるので興味のある方は是非!
arrows M03とAQUOS mini SH-M03はどちらが良いのか違いを比較

HUAWEI P9 liteとよく比較されているSAMURAI REI。性能では圧勝ですがデザイン性の高さではREIに軍配が。興味のある方はこちらから。
SAMURAI REIとHUAWEI P9 liteの違いを比較してみました

ちなみにHUAWEI P9 liteのハイスペックモデルHUAWEI P9も国内で登場しています。P9 liteとの違いはこちらから。
HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較してみました

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてarrows M03が年末年始大感謝セールにて22,800円で購入可能!
2016年12月8日(木)10:00~2017年1月13日(金)9:59までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてHUAWEI P9 liteが年末年始大感謝セールにて14,990円で購入可能!
2016年12月8日(木)10:00~2017年1月13日(金)9:59までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly