スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

arrows M04とMoto G5はどちらが良いのか違いを比較!


富士通からハンドソープで洗えるタフネススマホ「arrows M04」が登場しました。前作のarrows M03がそれなりに人気が高かっただけに注目の端末です。
今回はそんな国産モデルとモトローラのコスパ良端末「Moto G5」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考ください^^

arrows M04とMoto G5の違いを比較

スペック比較表
名称 arrows M04 Moto G5
画像
メーカー 富士通 モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年7月 2017年4月
OS Android 7.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 410
クアッドコア
1.2GHz
Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大128GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1310万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2580mAh 2800mAh
Wi-Fi a/b/g/n a/b/g/n
DSDS 対応
指紋認証 対応
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 73 mm
機種サイズ
(厚み)
8.0 mm 8.7 mm
機種重量 148 g 149 g
カラー ホワイト
ブラック
他限定色
ルナグレー
ファインゴールド
価格 40,000円前後 22,880円
スポンサーリンク

arrows M04とMoto G5の価格比較

価格自体はarrows M04の方が20,000円ほど高くなっておりますが、格安SIMとのセット販売が多いので実際はもう少し安く入手出来る可能性が高いです。一方のMoto G5は20,000円台前半で手に入る安さが特徴の一つです。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

arrows M04の「 Android 7.1 」に対して、
Moto G5は「 Android 7.0 」になります。

arrows M04ではAndroid 7.1がプリインストールされており「アプリショートカット」や「スマートストレージ」等の新機能も搭載されております。
またMoto G5でも7.0には対応しているので「マルチウィンドウ」機能が利用出来ます。
画像のように2つのタスクを同時に利用出来るので非常に便利な機能です。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

arrows M04の「 Snapdragon 410 」に対して、
Moto G5は「 Snapdragon 430 」になります。

どちらの端末もキャリアスマホでもお馴染みの安定感あるクアルコム社のチップセットが採用されております。
arrows M04では前作のM03から変わらずスナドラ410シリーズが搭載されており、一方のMoto G5は少しグレードアップされたモデルのスナドラ430シリーズが搭載されております。
実際にAntutuとGeek4のベンチマークスコアを測定してみたので詳しいスコアは下記のように。

arrows M04 Moto G5

arrows M04はレビュー記事でも記載しましたが、非常に動作面のスペックが低いです。コスパは悪いですが機能面が非常に充実しているのが特徴の端末です。
一方のMoto G5はDSDS対応のこの価格帯の中ではトップクラスにスコアが良いです。DSDS未対応の端末で言えばP10 liteやnova liteがあるので微妙ですが。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

arrows M04の「 最大256GB 」に対して、
Moto G5は「 最大128GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことで、それぞれ対応数が異なっているので注意しましょう。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「画面」

画面サイズはどちらの端末も「 5.0インチ 」となっております。

ちなみに画面解像度には違いがあります。

arrows M04の「 1280×720 」に対して、
Moto G5は「 1920×1080 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程、より細かい所まで色を表現出来ます。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「カメラ」

カメラにも違いがあります。まずメインの画素数が、

arrows M04の「 1310万画素 」に対して、
Moto G5は「 1300万画素 」になります。

たった10万画素ですが、とりあえずは何枚かオートで撮影してきたので参考にどうぞ。

arrows M04 Moto G5

arrows M04とMoto G5の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

arrows M04の「 2580mAh 」に対して、
Moto G5は「 2800mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではMoto G5の方が上となっておりますが、解像度等の違いなどもあるので実際の連続使用時間は不明です。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「指紋認証」

Moto G5では前面の下部指紋認証センサーが配置されております。
arrows M04では残念ながら未搭載なので、Moto G5のアドバンテージになります。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「DSDS」

Moto G5ではDSDS機能が搭載されております。DSDSはデュアルスタンバイ(3G+4Gの同時待受)のことで、二つのSIMを同時に待受することが出来る2017年で話題となっている機能の一つです。こちらも残念ながらarrows M04では見送られております。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「ワンセグ」

arrows M04では内臓アンテナが搭載されており、SIMフリースマホには珍しくワンセグに対応しております。
こちらはMoto G5には無い機能なのでarrows M04のアドバンテージとなります。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「防水防塵」

arrows M04では防水防塵に加えてハンドソープで洗える仕様となっております。
ちなみにMoto G5も撥水ナノコーティングが施されているので簡易防水となっております。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「ストラップホール」

arrows M04では底面にストラップホールが搭載されています。最近の端末では珍しい仕様です。
こちらもまたMoto G5には無い機能なのでアドバンテージ。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「おサイフケータイ」

arrows M04はおサイフケータイにも対応しております。機能面が充実している国産モデルだけあってしっかりと重要な機能が抑えられています。

arrows M04とMoto G5の違いを比較「サイズ」

画面サイズも同じなので端末サイズにも対して大きな違いはありません。比較するとわずかではありますがarrows M04の方がコンパクトかつ薄型となっております。

まとめると

まとめるとMoto G5はDSDS対応のコスパ良スマホで、arrows M04は機能面が充実したタフネススマホです。

arrows M04には「ワンセグ」「おサイフケータイ」「ストラップホール」「防水防塵+ハンドソープで洗える」と言う機能面の充実さと、MIL規格23項目に準拠したタフネスさが最大の特徴となっており、これらにメリットを感じる人はarrows M04を選ぶべきでしょう。

一方のMoto G5はそのままDSDS対応の端末で低価格ながらに動作面が優れているコストパフォーマンスの高い端末を探している方にはストライクの端末となります。もしDSDS対応の必要がないのであれば、P10 liteやnova liteが選択肢に入ります。

どちらの端末も当サイトで実際に開封レビュー記事があるので、より興味のある方はこちらも合わせてご参考下さい。
arrows M04の開封レビュー!「機能」と「タフネス」に特化した洗える国産モデル!
Moto G5の開封レビュー!デザインが美しく機能面も充実でコスパ良し!

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「arrows M04」で検索する
楽天市場「arrows M04」で検索する
Yahoo!ショッピング「arrows M04」で検索する

Amazon「Moto G5」で検索する
楽天市場「Moto G5」で検索する
Yahoo!ショッピング「Moto G5」で検索する

キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルではarrows M04の限定色「ゴールド」の販売が決定!
32,800円~購入可能!
あなたのスマホのままで使える!mineoではarrows M04の限定色「グリーン」の販売が決定!
31,800円~購入可能!
IIJmioではarrows M04の量販店(コジマ/ビックカメラ他)限定色「デニムブルー」の販売が決定!
キャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、
Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月4日までの期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!