スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

arrows M04とZenFone3 Maxはどちらが良いのか違いを比較!


富士通からハンドソープで洗えるタフネススマホ「arrows M04」が登場しました。前作のarrows M03がそれなりに人気が高かっただけに注目の端末です。
今回はそんな国産モデルとASUSの大容量バッテリーモデル「ZenFone 3 Max」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考ください^^
※当記事ではZenFone 3 Max ZC520TL(5.2インチ版)を取り上げてます

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較

スペック比較表
名称 arrows M04 ZenFone3 Max
画像
メーカー 富士通 ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年7月 2017年1月
OS Android 7.1 Android 6.0
CPU Snapdragon 410
クアッドコア
1.2GHz
MT6737M
クアッドコア
1.25GHz
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1280×720
HD
背面カメラ 1310万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2580mAh 4100mAh
連続待受時間 約780時間 約720時間
連続通話時間 約660分 約1188分
Wi-Fi a/b/g/n b/g/n
DSDS
指紋認証 対応
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 149.5 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 73.7 mm
機種サイズ
(厚み)
8.0 mm 8.55 mm
機種重量 148 g 160 g
カラー ホワイト
ブラック
他限定色
シルバー
ゴールド
グレー
価格 40,000円前後 19,800円
スポンサーリンク

arrows M04とZenFone3 Maxの価格比較

価格自体はarrows M04の方が20,000円ほど高くなっておりますが、格安SIMとのセット販売が多いので実際はもう少し安く入手出来る可能性が高いです。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

arrows M04の「 Android 7.1 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 Android 6.0 」になります。

arrows M04ではAndroid 7.1がプリインストールされており「アプリショートカット」や「スマートストレージ」等の新機能も搭載されております。
また7.0以降で搭載されている「マルチウィンドウ」もあるので画像のように2つのタスクを同時に利用出来るので非常に便利です。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

arrows M04の「 Snapdragon 410 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 MT6737M 」になります。

ZenFone3 Maxではコスパに定評のあるMediaTek社のチップセットが採用されており、一方のarrows M04ではキャリアスマホでもお馴染みのクアルコム社のチップセットが採用されております。
実際にAntutuとGeek4のベンチマークスコアを測定してみたので詳しいスコアは下記のように。

arrows M04 ZenFone3 Max

arrows M04はレビュー記事でも記載しましたが、非常に動作面のスペックが低いです。コスパは悪いですが機能面が非常に充実しているのが特徴の端末です。
一方のZenFone 3 Maxは発売当初はコスパが良くて評判も良かった訳ですが、その後P10 liteやnova lite等コスパ最強クラスの端末の登場により少し印象が薄れていますね。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。

arrows M04の「 5.0インチ 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 5.2インチ 」になります。

画面解像度はどちらも「 HD(1280×720)」が採用されております。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「カメラ」

カメラにも違いがあります。画素数もそうですが、とりあえずは何枚かオートで撮影してきたので参考にどうぞ。

arrows M04 ZenFone3 Max

画素数自体は1310万画素と1300万画素なのでほとんど同じですが、色味に違いがありますね。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

arrows M04の「 2580mAh 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 4100mAh 」になります。

ZenFone3 Maxの最大の特徴が「大容量バッテリー」搭載です。連続待受では意外にもarrows M04が優れているようですが連続通話時間では倍近い差があります。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「Wi-Fi」

arrows M04ではWi-Fi5GHz帯に対応しております。2.4GHz帯のみの対応だと他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「指紋認証」

ZenFone3 Maxでは指紋認証センサーが搭載されております。配置は「 背面の上部 」となっております。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「スピーカー」

スピーカー位置にも違いがあります。arrows M04では前面側に配置されておりますが、ZenFone3 Maxでは背面側に配置されております。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「ストラップホール」

arrows M04では珍しく端末自体にストラップホールがあります。またUSBポートはどちらの端末も「 microUSB 」が採用されております。

arrows M04とZenFone3 Maxの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって本体サイズ自体はarrows M04の方がコンパクトかつ軽量薄型となっております。

まとめると

かなりの価格差がありarrows M04の方が価格が高いわけですが、ベンチマークスコアではむしろZenFone3 Maxの方がスコアが高いです。
ベンチマークスコアは端末の動作をスコア化するツールなので、スコアの高いZenFone3 Maxの方が動作面は優秀と言うことになります。

ではarrows M04を選ぶメリットはどこにあるのかと言うと、記事中で登場した「Wi-Fi5GHz帯の対応」や「ストラップホール」などの実用的な部分がメインになります。
そして記事中で記載出来なかった重要なポイントとして「おサイフケータイ」「ワンセグ」の対応があります。
また「防水防塵」だけでなく「ハンドソープで洗える」と言うのもarrows M04の実用的な部分のより特化されている機能です。

このような機能面にメリットを感じる方はarrows M04を選びましょう。そして動作面に不安があればZenFone3 Max又は他の端末を検討することをオススメします。
ちなみに今回の記事で登場した両端末のレビュー記事も公開しているので物足りない方はそちらも合わせてご参考下さい!

arrows M04の開封レビュー!「機能」と「タフネス」に特化した洗える国産モデル!

写真で見るZenFone 3 Max ZC520TLの開封レビュー

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「arrows M04」で検索する
楽天市場「arrows M04」で検索する
Yahoo!ショッピング「arrows M04」で検索する

Amazon「ZenFone 3 Max ZC520TL」で検索する
楽天市場「ZenFone 3 Max ZC520TL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 3 Max ZC520TL」で検索する

キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルではarrows M04の限定色「ゴールド」の販売が決定!
34,800円~購入可能!
あなたのスマホのままで使える!mineoではarrows M04の限定色「グリーン」の販売が決定!
31,800円~購入可能!
IIJmioではarrows M04の量販店(コジマ/ビックカメラ他)限定色「デニムブルー」の販売が決定!
キャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、
Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月4日までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてZenFone 3 Maxが夏トクキャンペーンで15,800円~購入可能!
2017年7月13日(木)10:00~2017年8月17日(木)9:59までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!