スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

au2014年冬モデル!URBANO V01とisai VL LGV31はどちらが良いのか違いを比較してみました

Pocket

URBANO V01とisai VL LGV31の比較

auから2014年冬モデルとして、
京セラのURBANO V01とLGエレトロニクスのisai VL LGV31が発売されます。
発売予定日は両機種共に12月上旬を予定しており、
最新技術の投入された2機種に早くも注目が集まっております。
今回はそんな同時期に発売されるURBANO V01とisai VL LGV31を比較してみました。


関連記事

URBANO V01のスペック詳細情報
Auから発売予定のURBANO V01のスペック詳細を記載。
isai VL LGV31のスペック詳細情報
Auから発売予定のisai VL LGV31のスペック詳細を記載。


URBANO V01とisai VL LGV31の違いを比較

URBANO V01とisai VL LGV31のスペック比較表
URBANO V01 isai VL LGV31
本体価格 Amazon価格:発売後に記載 Amazon価格:発売後に記載
OS Android 4.4 Android 4.4
CPU MSM8974AB 2.3GHzクアッドコア MSM8974AC 2.5GHzクアッドコア
液晶サイズ 5.0インチ 5.5インチ
解像度 1920×1080 FHD 2560×1440 WQHD
RAM 2 GB 3 GB
ROM 16GB 32GB
カメラ画素数 1300万画素 1320万画素
バッテリー容量 3000 mAh 3000 mAh
機種サイズ 70x141x10.6 mm 76x145x10.5 mm
機種重量 約 155g 約 154g

URBANO V01とisai VL LGV31の違いを比較!「CPU」

両機種共にスナドラ801シリーズの2GHzを超えるクアッドコアを搭載。
URBANO V01の「MSM8974AB 2.3GHzクアッドコア」に対して、
isai VL LGV31は「MSM8974AC 2.5GHzクアッドコア」となっております。
単純にMSM8974ABよりもMSM8974ACの方が性能は上となります。
大きな違いがあるかどうかはともかくCPU、GPU共に数値は、
MSM8974AC 2.5GHzクアッドコアを搭載しているisai VL LGV31の方が優れています。

URBANO V01とisai VL LGV31の違いを比較!「液晶」

液晶には大きな違いがあります。
URBANO V01の「5.0インチ」に対して、
isai VL LGV31は「5.5インチ」となっております。
この液晶サイズが2機種のどちらを選ぶかのポイントの一つになります。
と言うのも最近のスマートフォンは非常に液晶サイズが大きく、
5インチが大画面と言われていた時代が懐かしいほどです。
URBANOの5インチは今のスマホではノーマルなサイズとなっており、
isai VLの5.5インチは大画面スマホの位置づけで、
人によりますが片手で操作出来るサイズが5インチでぎりぎりなので、
ほとんどの性能面で負けているURBANOですが、
片手操作のことを考えるとisai VLよりもURBANOの方が優れています。

URBANO V01とisai VL LGV31の違いを比較!「解像度」

解像度にも大きな違いがあります。
URBANO V01の「1920×1080 FHD」に対して、
isai VL LGV31は「2560×1440 WQHD」となっております。
総画素数が2倍近く違っており、
当然のようにisai VL LGV31の2560×1440 WQHDの方がより画面を鮮明に表示してくれます。

URBANO V01とisai VL LGV31の違いを比較!「メモリ/ストレージ」

RAMやROMにも違いがあり、
URBANO V01の「RAM:2GB ROM:16GB」に対して、
isai VL LGV31は「RAM:3GB ROM:32GB」となっております。
機種サイズが大きい分、ほとんどの面でisai VLの方が優れていますね。

URBANO V01とisai VL LGV31の違いのまとめ

性能面においてはURBANO V01よりもisai VL LGV31の方が優れていることが分かります。
上記にて記載した「片手操作」と言う意味ではサイズの小さいURBANO V01を選ぶ方が良いです。
また記載はしていませんが、URBANOの今作はDragontrail Xの採用により「タフネススマホ」の位置づけになります。簡単にまとめると、
URBANO V01の特徴は「片手操作が可能な液晶サイズ」「タフネススマホ」で、
isai VL LGV31の特徴は「全体的にハイスペック」「2440×1440ドットWQHD搭載」と言う事になります。
またバッテリーにおいては同じ容量ですが、
液晶パネルの問題でFHDのURABANOの方がバッテリー持ちは良いと思われます。
そして端末の本体サイズですが、液晶の小さいURBANOの方がコンパクトですが、
5.5インチの大画面液晶を搭載しながらも厚みはisai VLの方が薄く設計されています。

にしても端末価格が高すぎる!

今回Auから2014年冬モデルとして発売されたURBANO V01とisai VL LGV31ですが、
乗り換えやキャンペーンを利用しても月額料金が高すぎる!
なんて感じている方や、当たり前のように支払っている方!
今となっては当たり前の「格安スマホ」や「SIMフリースマホ」等の単語を聞いたことがありませんか?
イオンやビックカメラのSIMフリースマホの発売をきっかけに、
昔から存在していたのですが、最近では一般的にも耳にするようになりました。
当サイトでは兼ねてよりこのSIMフリースマホや白ロム(中古スマホ)を利用して、
スマートフォンの月額料金を安くする方法をオススメしています。
興味のある方は是非こちらをご参考下さい。
白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法


スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly