スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

BLADE E02は前作BLADE E01からドコが進化したのか違いを比較!


ZTEから1万円台で購入出来るエントリーモデル「BLADE E02」が登場しました。SIMフリーモデルではありますが、今のところ楽天モバイルからのみの販売となっております。
今回はそんなBLADE E02は前作モデルにあたる「BLADE E01」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました。

BLADE E02とBLADE E01のスペック比較

スペック比較表
名称 BLADE E02 BLADE E01
画像
メーカー ZTE
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年9月 2017年7月
OS Android 7.0 Android 5.1
CPU Snapdragon 210
MSM8909
クアッドコア
1.1GHz
MT6735P
クアッドコア
1.0GHz
RAM 2GB 1GB
ROM 16GB 8GB
外部ストレージ 最大128GB 最大32GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 720×1280
HD
720×1280
HD
背面カメラ 800万画素 800万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2400mAh 2200mAh
Wi-Fi b/g/n b/g/n
デュアルSIM 対応
DSDS
ジャイロ 対応
指紋認証
USB microUSB microUSB
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 142.5 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 7.8 mm
機種重量 135 g 155 g
カラー ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
価格 17,800円 14,800円
スポンサーリンク

BLADE E02と前作BLADE E01の価格比較

【楽天モバイル】楽天モバイルの価格を例に挙げると、
前作BLADE E01の12,800円に対して、今作BLADE E02は16,800円になります。
どちらもスーパーホーダイの3年縛りだと端末代金は無料で、更にそれぞれ7200ポイント・3200ポイントが授与されます。
どちらもエントリーモデルだけあってかなり安く入手出来ますが、この4000円の価格差を埋めるメリットがBLADE E02にあるかどうかが比較する上で大事です。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作BLADE E01の「 Android 5.1 」に対して、
今作BLADE E02は「 Android 7.0 」になります。

あくまでプリインストールされているバージョンです。
Android 7.0では「マルチウィンドウ」機能が搭載されているので画像のようにタスクを分割することが出来るので非常に便利です。
他にもデーターセーバー機能や画面表示サイズ切り替え機能など人によっては便利な機能も追加されています。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUに違いがあります。

前作BLADE E01の「 MT6735P 」に対して、
今作BLADE E02は「 Snapdragon 210 」になります。

CPUは動作面に影響を与える最も重要な部分です。前作ではMediaTek社のチップセットが採用されておりましたが、今作ではクアルコム社のチップセットが採用されています。
MediaTek社のチップセットがコスパに優れていることもあって、性能的にはほとんど変わらないです。しかしクアルコム社のチップセットはキャリアスマホでも多く採用されていて安定感があります。
実際にAntutuのベンチマークスコアもどちらの端末も22000~24000辺りとのことです。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値に違いがあります。

前作BLADE E01の「 1GB 」に対して、
今作BLADE E02は「 2GB 」になります。

RAMもまた動作面に影響を与えるパーツで、CPUに次ぐ重要な部分です。主に同時動作に影響を与えると言われており、分母が少ないだけに1GBの差も大きな差と言えるでしょう。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「ROM」

ROMの容量にも違いがあります。

前作BLADE E01の「 8GB 」に対して、
今作BLADE E02は「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。どちらも外部ストレージには対応しているので一応増設は可能です。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

前作BLADE E01の「 32GB 」に対して、
今作BLADE E02は「 128GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なっているので注意です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

前作BLADE E01の「 2200mAh 」に対して、
今作BLADE E02は「 2400mAh 」になります。

実際の連続使用時間は分かりませんが、バッテリー容量自体は200mAh増量しています。
また前作の一体型に対して、今作では着脱式のバッテリーが採用されています。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「ジャイロ」

前作では未対応であったが、今作BLADE E02ではジャイロセンサーが搭載されています。
格安スマホでは対応モデルが少ないので、ジャイロの対応はありがたいですね。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「通信バンド」

BLADE E02では前作に比べて、Band26/Band41に新たに対応しています。
Band26の対応によってau系のSIMにも対応出来ます。
また1/3/8/19とLTEの主要バンドを抑えつつ、3Gでも1/6/8/19に対応しているので国内で言えばほとんどの通信に対応出来るはずです。
この価格帯では非常に優秀です。

BLADE E02と前作BLADE E01の違いを比較「サイズ」

画面サイズに変更はありませんでしたが、端末サイズ自体は縦幅と厚みは少しサイズアップしてしまいました。
しかし重量はむしろ20グラムも軽くなっています。

まとめると

格安モデルとしてはかなり好印象です。ベンチマークスコアが前作からそこまで進化していないのが気になりますが、クアルコム社への変更に加えてRAMROMもしっかりと強化されています。
そして対応バンドが更に広がっていて、現状国内の通信キャリアだと全てに対応しています。また格安ながらにジャイロセンサーが搭載されたのも良い変更点です。
後は重量が軽くなっていたり、外部ストレージの対応数が増えたり、プリインストールされているOSのバージョンが新しかったりと色々進化しています。

2017年10月時点では【楽天モバイル】楽天モバイルでの販売のみとなっています。量販店やネットモールでの販売は今のところ分かりません。
ちなみに【楽天モバイル】楽天モバイルの3年縛りで購入した場合は、端末代は0円で購入することが出来て、更に追加でポイントがもらえます。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!