スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

BLADE V8とnova liteはどちらが良いのか違いを比較!


2017年5月にZTEから「デュアルカメラ」「DSDS」搭載のSIMフリースマホ「BLADE V8」が登場しました。価格は34,800円なのでSIMフリースマホとしてはそれなりに高い端末となっております。

今回はそんな特徴的な端末とコスパが高くて人気のHUAWEI製「nova lite」とスペックの違いを比較してみました。
価格も安い上に性能も良いnova liteを選ばずにBLADE V8を選ぶメリットはどこにあるのか、購入を検討している方は是非最後までご閲覧下さい^^

BLADE V8とnova liteの比較

スペック比較表
名称 BLADE V8 nova lite
画像
メーカー ZTE HUAWEI
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年5月 2017年2月
OS Android 7.0 Android 7.0
CPU Snapdragon 435
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
Kirin655
オクタコア
2.1GHz
1.7GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1300万画素
200万画素
デュアル
1200万画素
前面カメラ 1300万画素 800万画素
バッテリー 2730mAh 3000mAh
Wi-Fi b/g/n b/g/n
通信(4G) Band1
Band3
Band8
Band19
Band26
Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band19
Band28
Band40
通信(3G) Band1
Band6
Band8
Band19
Band1
Band5
Band6
Band8
Band19
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応
指紋認証 対応
前面下部
対応
背面上部
USB micro USB micro USB
機種サイズ
(縦幅)
148.4 mm 147.2 mm
機種サイズ
(横幅)
71.5 mm 72.94 mm
機種サイズ
(厚み)
7.9 mm 7.6 mm
機種重量 141.6 g 147 g
カラー シャンパンゴールド
ミッドナイトグレー
ホワイト
ブラック
ゴールド
価格 34,800円 20,000円前後
(MVNO専売)
スポンサーリンク

BLADE V8とnova liteの違いを比較「CPU」

BLADE V8 nova lite

まず搭載されているCPUに違いがあります。

BLADE V8の「 Snapdragon 435 」に対して、
nova liteは「 Kirin655 」になります。

BLADE V8はキャリアスマホでも多く採用されている安定感に定評のあるクアルコム社のチップセットが採用されております。一方のnova liteはHUAWEI自社開発のKirin655が採用されており、Kirinシリーズではコスパの高さに定評があります。
Antutuベンチマークスコア(6.2.7)の結果が上記のようになっているので、
動作面では価格の安いnova liteの方が圧倒的に優秀と言う結果に。

BLADE V8とnova liteの違いを比較「ROM」

搭載されているROMの容量にも違いがあります。

BLADE V8の「 32GB 」に対して、
nova liteは「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことになります。

BLADE V8では「デュアルカメラ」採用

カメラ性能にも違いがあります。まず単純な画素数は、

BLADE V8の「 1300万画素+200万画素 デュアル 」に対して、
nova liteは「 1200万画素 」になります。

BLADE V8の最大の特徴とも言えるデュアルカメラです。とりあえずはノーマル撮影で適当に撮ってきたので比較してみます。

BLADE V8 nova lite
▲どちらの端末も画素数自体はSIMフリースマホの中でも良い方です。
▲BLADE V8はデュアルカメラによる「ぼかし効果」や「3D効果」が可能で、「リフォーカス機能」も搭載されてます。これによって一眼レフのような写真を撮影する事が出来ます。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

BLADE V8の「 1300万画素 」に対して、
nova liteは「 800万画素 」になります。

BLADE V8の1300万画素はキャリアスマホを除いた国内のSIMフリーモデルではトップクラスの画素数です。

BLADE V8とnova liteの違いを比較「バッテリー」

単純なバッテリー容量にも違いがあります。

BLADE V8の「 2730mAh 」に対して、
nova liteは「 3000mAh 」になります。

nova liteは某レビューサイトでもバッテリー持ちの良さにかなり高評価が多く、私も実際に自宅のサブ機として使用しておりますが非常に満足のいく結果となっております。

nova liteはDSDS未対応なので注意

2017年代のSIMフリースマホで注目されている機能の一つが「DSDS」機能です。DSDSはデュアルSIMのデュアルスタンバイのことで、3G+4Gの同時待受が可能になる機能のことです。
nova liteはデュアルSIMには対応しているもののDSDSには未対応なので注意。
一方のBLADE V8はデュアルSIMに加えてこの注目機能であるDSDS機能にも対応しているのでアドバンテージになります。ひとつ注意点として、microSDカードが排他利用なのでデュアルSIM+SDカードの同時利用はどちらの端末も不可能なのでそちらにも注意しましょう。

指紋認証センサー位置の違い

どちらも指紋認証に対応しておりますが、センサー位置に違いがあります。

BLADE V8の「 前面下部(物理キー) 」に対して、
nova liteは「 背面上部 」になります。

nova liteの定番の背面上部に対して、BLADE V8では前面下部の物理キーが指紋認証センサーとしても利用されます。Moto Gシリーズでも定番となっていた前面下部の配置を今回はBLADE V8でも採用されました。

両端末microUSBが採用

最近の端末でたまに採用されているのがUSB Type-Cです。上下どちら向きでも接続出来て非常に便利な規格ですが、今回の両端末では採用が見送られており従来のmicroUSBが採用されております。

サイズ感の違いについて

どちらもサイズ感や画面はかなり似ております。

画面サイズはどちらも5.2インチディスプレイ。

また画面解像度はどちらもFHDが採用されております。

まとめると

まず大前提である価格がBLADE V8の方が15000円近く高いので注意。
そしてBLADE V8のnova liteに対するアドバンテージと言えば「デュアルカメラ」と「DSDS」になります。これらに15000円以上の魅力を感じるかどうかが重要になります。
逆にnova liteは15000円も安いのにスペック面にアドバンテージがあるのでコスパと言う意味では圧倒的に優秀です。

もしデュアルカメラやDSDSに魅力を感じなければnova liteを選んでおけば間違いないです!

端末をお探しの方は

nova liteは元々格安SIMの専売モデルとして登場したので、価格設定が非常に安かったです。それなりに経っているので端末単体でも販売されはじめています。また専売だけあってセット販売によるキャンペーンが多数行われているのでそちらもチェックしましょう。

楽天市場「nova lite 」で検索する

Yahoo!ショッピング「nova lite」で検索する

期間限定キャンペーン情報
現在キャンペーン無し
2017年6月1日からみおふぉんで取り扱い
IIJmioにてBLADE V8の販売が開始予定!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!