スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ZTE BLADE V8の開封レビュー!デュアルカメラや高画素インカメラ搭載!


ZTEから「デュアルカメラ」を搭載したDSDS機能搭載SIMフリースマホ「BLADE V8」が登場しました。特徴はなんと言っても「デュアルカメラ」ですが、何気にインカメラが1300万画素だったり、DSDSに対応していたりと他の部分でも期待が持てる端末です。
先日発売されたフロンティアのFR7101AKと似通った部分が多いのでそちらとの比較も注目ですが、とりあえずは当サイトでも購入したので写真をメインに開封レビューしていきます!
BLADE V8の購入を検討している方は是非ご参考ください!

早速開封!カラーはミッドナイトグレー!

▲箱はオシャレでコンパクトに収まっております

▲端末は保護シートが貼られた状態で入っていました

▲裏側にも貼られていました

▲メタリックボディとのことでなかなか上品な仕上がり

▲背面上部には特徴的なデュアルカメラが配置

▲下部はこんな感じです。ピンボケすいません後日撮り直します^^;

▲上側にはイヤホンジャックが配置

▲正面右側にはボリュームボタンと電源ボタンが配置

▲正面左側にはSIMトレイが配置

▲底面にはスピーカーとmicroUSBポートが配置

ディスプレイは5.2インチFHD搭載

▲ディスプレイは程よい5.2インチサイズ

▲インカメラは13MPとかなりの高画素カメラを搭載

▲下部の物理ボタンは指紋認証センサーにもなっております

▲画面解像度はFHDで高解像度

▲同価格帯の競合端末FR7101AKと比べるとこんな感じ

BLADE V8のオマケ紹介!

▲端末以外に3箱が同梱されていました

▲1箱目には保証書と取説とSIMピン

▲取説には名称やアイコンの説明等がシンプルに記載されています

▲2箱目には充電アダプター

▲出力は1アンペアです

▲3箱目にはUSBケーブル

▲端子はTypeCではなくmicroUSBが採用されています

BLADE V8で写真撮影してみました

▲オートで適当に撮影してみました

▲デュアルカメラでの「ボケ効果」や「3D写真」は簡単にモードで選択することが出来ます。


▲特に確認もせず適当に撮影してみました。しっかりとピントを合わせればかなり上手く撮影出来そうです。ちなみにリフォーカス機能で撮影後にピント位置やボケ効果を調整できるとのことで公式サイトでは料理写真やポートレイト撮影時に活用出来るとの記載があります。

BLADE V8のAntutuベンチマークスコア

BLADE V8ではクアルコムのスナドラ435オクタコアプロセッサが採用されております。ベンチマークスコアでは上記のような結果に。
競合端末になるFR7101AKのスコアが43070だったので、ほとんど同じスコアに。
FR7101AKでも言えることですが、やはりデュアルカメラの採用にコストがある程度かかっていることもあって動作面ではコストカットされている印象です。
実際に同価格帯のnovaやMoto G5 Plusとは単純なベンチマークスコアの差では雲泥の差があります。

BLADE V8を開封してみて

先立って発売されたフロンティアのデュアルカメラ搭載端末FR7101AKのレビュー記事にてベンチマークスコアが微妙だったと記載しました。
今回のBLADE V8でも価格がそれなりに高いので、FR7101AKよりも性能が良い事を期待してレビューしていましたが、残念ながらBLADE V8でもベンチマークスコアは微妙な結果に。
「デュアルカメラ」や「DSDS」対応と言う特徴的な機能を搭載しているものの、やはり価格を考えると動作面でも価格相応の性能がほしいところです。

その辺りもふまえると「デュアルカメラ」に興味の無い方には全くオススメ出来る端末ではありませんね。理由は何度も言うように「デュアルカメラ」以外の部分(動作スペックなど)が価格に見合った性能を有していないからです。

デュアルカメラに興味がない方でSIMフリースマホを探している方は当サイトで使い用途に合わせてSIMフリースマホの選び方を紹介しているので、そちらの記事をご参考ください。
【2017年版】比較で選ぶ!おすすめSIMフリースマホ

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
BLADE V8(31,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~12月5日の期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!