スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

UQmobileのDIGNO VとAQUOS L2はどちらが良いのか違いを比較!


UQモバイルの国産スマホ「DIGNO V」「AQUOS L2」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
UQモバイルでどちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご閲覧下さい!

DIGNO VとAQUOS L2の比較

スペック比較表
名称 DIGNO V AQUOS L2
画像
メーカー 京セラ シャープ
キャリア UQ mobileUQmobile
発売時期 2017年7月 2017年6月
OS Android 7.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1280×720
HD
背面カメラ 1300万画素 1310万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2600mAh 2700mAh
連続待受時間 約650時間 約950時間
連続通話時間 約1300分 約1440分
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
機種サイズ
(縦幅)
146 mm 143 mm
機種サイズ
(横幅)
73 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 8.3 mm
機種重量 139 g 138 g
カラー ホワイト
ネイビー
ラベンダー
ホワイト
ブラック
スポンサーリンク

DIGNO VとAQUOS L2の価格比較

UQ mobileUQmobileで購入する場合の一括購入価格は、

DIGNO Vの「 33,804円 」に対して、
AQUOS L2は「 31,212円 」になります。

価格はほとんど同じなので、スペック面での比較が重要になりますね。

DIGNO VとAQUOS L2の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

DIGNO Vの「 Android 7.1 」に対して、
AQUOS L2は「 Android 7.0 」になります。

DIGNO VではAndroid 7.1がプリインストールされており「アプリショートカット」や「スマートストレージ」等の新機能も搭載されております。
またAQUOS L2でも7.0には対応しているので「マルチウィンドウ」機能が利用出来ます。
画像のように2つのタスクを同時に利用出来るので非常に便利な機能です。

DIGNO VとAQUOS L2の違いを比較「バッテリー」

またバッテリー容量にも違いがあります。

DIGNO Vの「 2600mAh 」に対して、
AQUOS L2は「 2700mAh 」になります。

わずかではありますがAQUOS L2の方が容量が上です。
またメーカー発表値では連続使用時間にかなりの差があり、AQUOS L2の方がバッテリー面は優秀なようです。

DIGNO VとAQUOS L2の違いを比較「Wi-Fi」

DIGNO VではWi-Fi5GHz帯に対応しております。
2.4GHz帯のみの場合は他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。

DIGNO VとAQUOS L2の違いを比較「サイズ」

画面サイズは同じですが、端末サイズ自体はAQUOS L2の方がコンパクトかつ薄型となっております。

まとめると

どちらも国産モデルと言うことで比較してみましたが、スペックでの大きな差はありませんでした。
「CPU」「RAM」「ROM」などの動作面、「画面サイズ」「画面解像度」などのディスプレイ関係、カメラの画素数や機能などなど。
様々な部分が類似している上に価格差もありませんでした。

両端末の違いとして記事中には記載していない端末の特徴をそれぞれ記載していきます。

まずAQUOS L2ではシャープお馴染みのの「IGZO」液晶が採用されているところやこれまたシャープ端末で採用が多い「エモパー」機能も搭載。
「エモパー」はAQUOSのAIで、気になる天気や急上昇している検索ワード等をタイミングよくシーンに合わせて話しかけてきます。他にもヘルスケアや学習機能などの応用して利用出来る便利な機能が盛りだくさんです。

そしてDIGNO Vではなんと言っても「耐久性」に特徴があります。
AQUOS L2でも防水防塵には対応しておりますが、DIGNO Vでは米国国防総省のMIL規格6項目に準拠した耐久テストも通過しています。

どちらも国産モデルとなっておりますが、2017年モデルの割にはスペックは低めのミドルクラスの端末となっております。
重い3D系のゲームをプレイするのであれば確実にスペック不足になるでしょう。
その場合はUQモバイルの端末で言えばZenFone3やnova辺り以上が必要になるかと思われます。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!