スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ドコモスマホ2015年夏モデル比較・まとめ!おすすめ機種の選び方

docomo-2015-summer-top
Pocket

2015-2016冬春モデルの比較はこちらから

NTTドコモから2015年夏モデルスマートフォンの発表がありました。
今回の記事では、ディズニー、ガラケー、タブレットを除く5機種と、
先に発売されたGalaxy S6とS6 Edgeを加えた7機種を比較してまとめてみました。
それぞれ特徴があり、当然スペックやデザインも異なってきますので、
購入を検討している方はそれぞれの端末の特徴をとらえて、自身にあったものを選びましょう。



PREMIUM 4Gとは?
国内最速となる受信時最大225MbpsのLTE-Advanced「PREMIUM 4G」
PREMIUM 4G>LTE>3G回線といった感じで覚えておけばオッケーです。
VOLTEとは?
ドコモが提供するLTE回線を使用した音声通話。
従来の3G通話と比べるとよりクリアな音質で通話が出来ます。
ハイレゾとは?
人の耳では聞こえない程の高音の帯域まで再生が可能なオーディオ。
CDよりも更に高音質なので音への拘りがある方には必須な機能。
4k動画撮影とは?
高画質映像処理の一つで、
フルハイビジョンの1920×1080の4倍である4096×2160の画素数を持ち、
単純に考えるとフルハイビジョンの4倍の細かさを実現します。


Xperia Z4 SO-03G (ソニー)

CPU MSM8994
オクタコア
(2.0GHz+1.5GHz)
RAM 3 GB
ROM 32 GB
液晶サイズ 5.2 インチ
解像度 1920×1080
FHD
カメラ メイン:2070万画素
バッテリー容量 2930 mAh
機種重量 144 g
防水防塵
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G
4k動画撮影
カラー名称 White
Black
Copper
Aqua Green
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

美しく、なめらか。研ぎ澄まされたフラッグシップモデル。
スペックは非常に高く、これまでの人気やデザイン性の高さを考えると、
間違いなく人気筆頭機種となるかと思われます。
2015年夏モデルの中で何機種か搭載しているオクタコアMSM8994も搭載。
気になる点で言うとWQHD液晶ではなくFHD液晶である点です。
一応FHDの方が電力消費が少ないと言うメリットもありますが、
ここまでいろいろな面で高い性能を誇っていますので、是非搭載してほしかったところです。

Xperia A4 SO-04G (ソニー)

CPU MSM8974AC
クアッドコア
2.5GHz
RAM 2 GB
ROM 16 GB
液晶サイズ 4.6 インチ
解像度 720×1280
HD
カメラ メイン:2070万画素
バッテリー容量 2600 mAh
機種重量 129 g
防水防塵
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G ×
4k動画撮影
カラー名称 Blue
White
Gray
Pink
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

「今」を詰め込んだ、コンパクトスマートフォン。
前作で唯一のデメリットと言われていた解像度ですが、
今作でも変更なくHD液晶となりました。
スペックはコンパクトモデルの中では非常に高く、片手操作も可能なサイズ感。
個人的にはオススメです。PREMIUM 4G対応はしていないみたいですね。

Galaxy S6 SC-05G (サムスン)

CPU Exynos 7420
オクタコア
(2.1GHz+1.5GHz)
RAM 3 GB
ROM 32 GB
液晶サイズ 5.1 インチ
解像度 2560×1440
WQHD
カメラ メイン:1600万画素
バッテリー容量 2550 mAh
機種重量 138 g
防水防塵 ×
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G
4k動画撮影
カラー名称 Gold Platinum
Black Sapphire
White Pearl
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

薄さも、使いやすさも。
すべてにおいてハイスペックと言えるモデルです。
CPUもオクタコアで、解像度もWQHD液晶、メモリ3GB、ストレージ32GBと、
性能だけで言うと間違いなくトップレベルです。
しかし個人的に気になることはバッテリー。
WQHDでこの機種サイズで2550mAhは電池持ちが悪い可能性があります。

Galaxy S6 Edge SC-04G (サムスン)

CPU Exynos 7420
オクタコア
(2.1GHz+1.5GHz)
RAM 3 GB
ROM 64 GB
液晶サイズ 5.1 インチ
解像度 2560×1440
WQHD
カメラ メイン:1600万画素
バッテリー容量 2600 mAh
機種重量 132 g
防水防塵 ×
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G
4k動画撮影
カラー名称 Green Emerald
Gold Platinum
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

美しさが、時代を創る。
最大の特徴はデュアルエッジスクリーンと言う両サイドの湾曲ディスプレイですが、
性能面でも何気にかなりのハイスペックモデルです。
上記のGalaxy S6と同様、すべてにおいて高い性能を誇ります。

AQUOS ZETA SH-03G (シャープ)

CPU MSM8994
オクタコア
(2.0GHz+1.5GHz)
RAM 3 GB
ROM 32 GB
液晶サイズ 5.5 インチ
解像度 1920×1080
FHD
カメラ メイン:1310万画素
バッテリー容量 3000 mAh
機種重量 150 g
防水防塵
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G
4k動画撮影
カラー名称 Red
Black
White
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

美と知性、スタミナを備えたAQUOSの最高峰
こちらの端末も非常にスペックが高く、オクタコア搭載。
Xperia同様解像度がFHDである点が唯一の欠点と呼べるほど。
さらに公式でのタイトルもそうであるように、バッテリー関係には非常に期待出来ます。

AQUOS EVER SH-04G (シャープ)

CPU MSM8926
クアッドコア
1.2GHz
RAM 2 GB
ROM 16 GB
液晶サイズ 5.0 インチ
解像度 1280×720
HD
カメラ メイン:1310万画素
バッテリー容量 2450 mAh
機種重量 139 g
防水防塵
VOLTE
ハイレゾ ×
PREMIUM 4G ×
4k動画撮影 ×
カラー名称 Gold
Pink
White
Black
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

「ちょうどいい」が心地いい。私のベストチョイス。
公式のタイトル「ちょうどいい」を実現するAQUOS EVERシリーズの第一弾。
中途半端と言えば中途半端ですが、「ちょうどいい」と思える方にはオススメ。
何気に防水に対応していたりと、第一弾なので世間の評価に期待。

ARROWS NX F-04G (富士通)

CPU MSM8994
オクタコア
(2.0GHz+1.5GHz)
RAM 3 GB
ROM 32 GB
液晶サイズ 5.2 インチ
解像度 2560×1440
WQHD
カメラ メイン:2150万画素
バッテリー容量 3120 mAh
機種重量 155 g
防水防塵
VOLTE
ハイレゾ
PREMIUM 4G
4k動画撮影
カラー名称 Iris Green
Black
White
関連記事 製品の詳細スペックはこちら
製品のグッズ特集記事はこちら

すべてをスマートに、心地よく。世界初虹彩認証「Iris Passport」搭載。
当サイトでは白ロムスマホの購入にはARROWSシリーズをオススメしているのですが、
その理由がまさにコレです!すべての性能においてスペックが非常に高いんです。
にも関わらずXperiaやGalaxy等の人気シリーズのおかげで、
中古の価格が非常に安いです。今までのARROWSシリーズはそうなっていましたが、
今作での人気はどうなるか非常に期待しています。

大きな比較ポイントは3つ!

いつもながらドコモ夏モデルは全体的にスペックが非常に高い訳ですが、
今シリーズでの購入を考えている方にとって重要なポイントは3つあります。
まずひとつ目は「PREMIUM 4G」対応です。
AQUOS EVERとXperia A4以外は対応しています。
私はさほど気にはしていませんが、通信関係に趣きをおいている方には重要なポイント。
当然LTE回線よりも安定しており、通信速度も速いはずです。
そして次に「オクタコア」の登場です。
今までのスマートフォンのCPUは、
古いものからシングルコア(1コア)、デュアルコア(2コア)、クアッドコア(4コア)
となっておりましたが、少し前から国内で搭載しはじめているものがオクタコア(8コア)です。
CPUはスマホの処理関係に非常に大きく関わる部分なので、
性能が良ければ良いほど動作は快適に行えます。
そういう意味では非常に今シリーズの中では重要な比較ポイントになります。
そして最後に「WQHD液晶」の搭載です。
画面解像度のことなのですが、WQHDはフルハイビジョンよりも更に細かく画面を表示します。
スマホの画面が細かい点に色をつけて表示しているのですが、
フルハイビジョンの1080×1920(横縦)の点の数に対して、
WQHDは1440×2560の点の数で画面に表示します。
当然、フルハイビジョンよりも鮮明で細かい色の変化に対応出来ますので、
FHDとWQHD液晶ではかなりの差があると言っても過言ではないでしょう。
ちなみにHDで720×1280なので点の数が倍も違います。
動画の視聴やアプリを利用している方には是非気にすべきポイントとなります。

Docomo2015年夏モデル性能別ランキング

CPUの数値で比較
2.1GHz(Q)+1.5GHz(Q) Galaxy S6 SC-05G
2.1GHz(Q)+1.5GHz(Q) Galaxy S6 Edge SC-04G

2.0GHz(Q)+1.5GHz(Q) AQUOS ZETA SH-03G
2.0GHz(Q)+1.5GHz(Q) ARROWS NX F-04G
2.0GHz(Q)+1.5GHz(Q) Xperia Z4 SO-03G

2.5GHz(Q) Xperia A4 SO-04G
1.2GHz(Q) AQUOS EVER SH-04G

Xperia Z4のコンパクトモデルのXperia A4と、
ミッドレンジモデルAQUOS EVER以外はすべてがオクタコア搭載。
Galaxyと他3機種とではチップの種類が違うのでどちらが上とは言えませんが、
とりあえず数値ではGalaxyのEXYNOSの方が上だったのでこの様に。

液晶サイズで比較
5.5インチ AQUOS ZETA SH-03G
5.2インチ ARROWS NX F-04G
5.2インチ Xperia Z4 SO-03G
5.1インチ Galaxy S6 SC-05G
5.1インチ Galaxy S6 Edge SC-04G
5.0インチ AQUOS EVER SH-04G

4.6インチ Xperia A4 SO-04G

AQUOS ZETAがダントツトップで5.5インチ。
最近大型化し続けていたスマートフォンですが、
大体この辺りのサイズで一旦落ち着いた印象がありますね。
やはり片手操作を条件にスマホを選ぶ方もいますし、
大きすぎて操作が困難では携帯電話としては本末転倒な気がします。
こちらの比較では大きいから良いと言う訳ではなく、
自身にあったサイズの物を選ぶべきです。

バッテリー容量で比較
3120mAh ARROWS NX F-04G
3000mAh AQUOS ZETA SH-03G
2930mAh Xperia Z4 SO-03G

2600mAh Galaxy S6 Edge SC-04G
2600mAh Xperia A4 SO-04G

2550mAh Galaxy S6 SC-05G
2450mAh AQUOS EVER SH-04G

2014年夏モデルではARROWS NX F-02Gが3500mAhでトップでしたが、
今モデルでも同じくARROWS NXがトップに。
容量自体は少なくなりましたが、省エネの性能に期待です。
全体的にバッテリー容量だけで見ると非常に低く感じます。

カメラ画素数で比較
2150万画素 ARROWS NX F-04G
2070万画素 Xperia Z4 SO-03G
2070万画素 Xperia A4 SO-04G
1600万画素 Galaxy S6 SC-05G
1600万画素 Galaxy S6 Edge SC-04G

1310万画素 AQUOS ZETA SH-03G
1310万画素 AQUOS EVER SH-04G

画素数でみてもARROWS NXがトップに。
レンズによって様々な写し方があるので、画素数の高さが全てではありませんが、
全体的に非常に高い数値に感じます。

ドコモ2015年夏モデルスマホまとめ

これまで比較して分かる通り、
全体的にかなりスペックが高いです。
AQUOS EVERとXperia A4以外はPREMIUM 4Gにも対応しており、オクタコア搭載です。
サイズ感で選ぶのであればAQUOS EVERとXperia A4も選択肢に入りますが、
基本的にはそれ以外の5機種で考えても良いと思います。
個人的には全体的に非常にスペックの高いARROWS NXや、
デザインに定評のあるXperiaZシリーズのXperia Z4に注目しています。

ドコモの2015夏モデルスマホの比較記事

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

白ロムスマホを使えば月額料金が3000円以下に!?

乗り換えやキャンペーンを利用しても月額料金が高すぎる!
なんて感じている方や、当たり前のように支払っている方!
今となっては当たり前の「格安スマホ」や「SIMフリースマホ」等を聞いたことがありませんか?
イオンやビックカメラのSIMフリースマホの発売をきっかけに、
昔から存在していたのですが、最近では一般的にも耳にするようになりました。
当サイトでは兼ねてよりこのSIMフリースマホや白ロム(中古スマホ)を利用して、
スマートフォンの月額料金を安くする方法をオススメしています。
興味のある方は是非こちらをご参考下さい。
白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法 android iphone

白ロムスマホ本体をお探しの方は、
姉妹サイトの白ロムおすすめ情報をご参考ください。
各端末の価格情報を色々なショップ別にまとめてあります。
お求めの端末がある場合は、ページ右より検索してみてください!
※スマホ表示はページ最下部

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly