スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Docomoのスマートフォン料金プラン比較-最安値はおいくら?

docomo
Pocket

はじめてスマートフォンを利用する方や、
ドコモへの乗換えを予定している方にとって、
最も気になるポイントはプランの月額料金です。
特にスマートフォンを初めて利用する方には、
スマートフォンは月額料金が高いと言う噂を聞いた事があるのではないでしょうか。
今回は全く分からない方に向けた内容となっており、
ドコモの料金プランの一覧と内容、また選び方や料金の違い等について、
詳しいところまで分かりやすく記載したつもりなので、
ドコモでスマホデビューする方や乗換える予定の方は是非ご参考下さい。




NTTドコモの料金プランの基本チェック

まずはドコモで実際にスマートフォンを利用する場合に、
どの様なプランでどの様な内容の料金が発生するのかを、確認しましょう。
ドコモの料金プランの基本的な組み合わせは以下のようになります。
①基本料金(+音声通話プラン)
②パケットパック
③接続料金
④端末代金
⑤割引

①から③が最初に選ぶプランで、そのまま月額料金の基本になります。
それでは一つずつ軽く触れておきましょう。

基本料金(+音声通話プラン)

現在のドコモの料金プランでは、
基本料金と通話料金が一体となって基本料金と言う事になります。
通話料金は、かけ放題プランのみとなっており、
・カケホーダイ
・カケホーダイライト

の2種類になります。詳しい内容は順を追って記載していきます。

パケットパック

パケットパックとは、一ヶ月辺りのインターネットの通信量の上限別のパックのことで、
インターネットの通信量とは例えば、
ネットサーフィン(ウェブサイトやブログ、ニュースの閲覧)や、動画(インターネット上で再生する場合)の視聴、アプリの利用など、
インターネット回線を少しでも利用する動作全てに通信量があり、
それの合計数がこのパケットパックの各上限値まで利用する事が出来ます。
このパケットパックの部分が、2GBから30GBまで全部で7つのプランに分かれており、
料金も3,780円~24,300円と大きく振り幅があるので、
どのパケットパックを選ぶかが重要になってきます。
こちらも順を追って詳しいプラン内容を記載していきます。

接続料金

接続料金は特に気にする必要はありません。
ドコモの場合はSPモードに接続する際に必要な料金で、
一律で月額324円になります。

端末代金

ドコモに乗り換えたり、ドコモで新規契約する場合、
スマホ初心者の方はほとんどの場合がドコモのスマホを購入することになります。
この端末代金が意外とスマホの料金を安くするには重要なポイントで、
欲張ってとても良い物を購入したら分割で支払う場合に、
月額料金に多額の支払額が加わってしまいます。
スマホを選ぶ上で重要なことは、自身の使い用途に合った端末を選ぶことです。

割引

割引やキャンペーンは、
各キャリアがずっと行っているものもあれば、期間限定で行っているものもあります。
「この端末を購入すれば割引」や「他社から乗り換えてこの端末を購入すれば割引」など、
端末に依存するキャンペーンが多いので、
乗り換えや新規契約のタイミングはキャンペーン次第になる人もいます。

ドコモの【基本料金】を比較

カケホーダイ 2,916円 国内の通話が全て無料
カケホーダイライト 1,836円 国内の通話が5分以内無料
5分以降の通話料金:21.6円/30秒
※データSパックを選べない

基本料金(音声通話プラン)は、上記の2つから選ぶことが出来ます。
全ての通話がかけ放題のカケホーダイと、
5分以内と言う制限のあるカケホーダイライトです。
注意点としてカケホーダイライトは、
後ほど登場するデータSパックを選ぶことが出来ません

ドコモの【パケットパック】を比較

データSパック 2GB 3,780円
データMパック 5GB 5,400円
データLパック 8GB 7,236円
シェアパック10 10GB 10,260円
シェアパック15 15GB 13,500円
シェアパック20 20GB 17,280円
シェアパック30 30GB 24,300円

データパックの3つは個人用のプランとなっており、
大体の人はこの3つのプランから選ぶことになります。
カケホーダイライトを選んだ方は、データSパックが選べないので、
データMパックかデータLパックを選ぶ必要があります。
そしてシェアパックについてですが、
シェアパックは家族内で回線を分け合えるプランのことで、
家族4人がドコモの場合に、
データMパックが5,400円で、4人で21,600円になります。
しかし、シェアパック20を利用する事によって17280円で済みます。
家族みんながドコモ回線を利用している場合にお得なパックが、
このシェアパックになります。

端末代金と割引を省いた合計金額

ここまでがほとんどの人が選ぶ必要があるプランの内容になります。
後は購入する端末や時期による割引、キャンペーンで上下してきます。
これまでの金額を安い順に並べてみます。(シェアパック除く)

カケホーダイ+データS+SPモード7,020円
カケホーダイライト(通話が全て5分以内の場合)+データM+SPモード7,560円
カケホーダイ+データM+SPモード8,640円
カケホーダイライト(通話が全て5分以内の場合)+データL+SPモード9,396円
カケホーダイ+データL+SPモード10,476円

この様になっており、それぞれのプランで自身に合ったものを選ぶ必要があります。
家族内にドコモ利用者が多い場合は当然シェアパックを活用する機会が出てきます。

ずっとドコモ割の適用

ドコモの料金割引で、必ず付与する割引があります。
ドコモの利用期間が長い方にのみ適用される割引なので、
ドコモのガラケーをずっと利用していて、
これからドコモのスマホを購入する方にはかなり有難い割引サービスです。
難点があるとすれば、個人用のデータパック(S/M/L)への適用は、
ドコモ回線を10年以上利用していることが必須の、かなり厳しい条件です。
シェアパックへの適用は5年以上で適用されるので、シェアパック利用予定の方には丁度良いですね。
ずっと割の詳細はドコモの公式サイトにて公開されているので、こちらをご参考下さい。
ドコモ公式サイト

またU25応援割も開催されているので、
25歳以下の方は月に500円の割引が適用されます。

ドコモの料金プラン比較まとめ

ドコモだけに限らず、現在の大手キャリアの料金プランは大体がこの程度の月額料金になります。
ワイモバイルのみ多少は月額料金を安くする事が出来ますが、それでも最新の端末を購入した場合に、端末代金を含めるととても高くなってしまいます。
ドコモを利用してスマホ料金を安くしたい方は、
シェアパックの利用が必要になります。シェアパックを生かせるためには、家族でドコモを利用している必要があります。
かなり条件は厳しいですが、こんな方にはドコモのスマートフォンをオススメします。
ドコモの利用期間が長い
家族みんなドコモを利用している
よっぽどお得な期間限定キャンペーンがあった
ドコモ端末でどうしても使いたいスマホがある
ドコモが大好き!

ここまで記載してきた通りがドコモのスマホ料金になります。
割引や乗換え、キャンペーンでまだまだ安くなる可能性もありますが、
基本的にはこの7000円~がドコモユーザーの皆さんがお支払いしている金額だと思われます。
かなり料金としては高いですね。
ドコモに限らずスマホ料金自体は安くする方法が多数あります。

白ロムスマホ+格安SIMを利用する
SIMフリースマホ+格安SIMを利用する
格安SIMのセット販売を利用する
Wimaxを利用する

これらの方法は、初心者~中級者向けのものになります。
この中で初心者でも最も分かりやすいのが、
格安SIMのセット販売を利用するです。
イオン、ゲオ、ビックカメラ、ヤマダ電機などがスマートフォンを販売しているのを知っていますか?
これらのサービスは全てMVNOサービスと呼ばれる格安SIMを利用しています。
安いスマートフォン+安いMVNOサービスを上手く利用することによって、
ドコモのスマホ料金なんかよりも圧倒的に安くする事が可能です。
オススメは、
DMM mobile【楽天モバイル】です。
これら2つのサービスは、運営会社が有名な上に、
格安SIMとのセット販売しているスマートフォンの数が多いので、
自身にあった端末と安い料金プランを実現する事が出来ます!
興味のある方は是非利用してみて下さいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly