スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ドコモのおすすめの白ロムスマホの選び方

kakuyasu-logo
Pocket

イオンやヨドバシの格安スマホの販売によって、白ロムスマホが少し話題になりました。
当サイトでも昔から白ロム端末を利用してスマホの月額料金を安くする方法を公開しておりました。今回はそんな話題の白ロム端末の正しい選び方、おすすめの白ロム端末を説明します。



白ロムスマホの活用

白ロムスマホを活用する場合の大まかな流れですが、
「白ロム端末の購入」→「MVNOサービスを契約」と言う流れになります。
有名なドコモとかのキャリアだと月額の通信料金だけで5000円から6000円ほどかかりますが、
このMVNOサービスの利用すれば、制限はあるものの月額980円とかです。
安いものであれば500円以内でもあります。
またドコモのMVNOサービスを利用することと、
SIM解除の関係上、白ロムスマホはドコモを選ぶ方が多いです。
そういう点からドコモの白ロムスマホは少し価格が上がっている傾向にあります。
今回はドコモの白ロム端末の選び方と、いざ購入した後に契約するサービスを紹介します。
以下の記事にて詳細の解説があります。
白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法

白ロム購入時の注意点

「信頼出来る店で購入しよう」
いざ白ロムスマホを購入する際に注意すべき点がいくつかあります。
まず第一に、白ロムスマホは基本的に中古のスマートフォンです。
購入には細心の注意を払って信頼出来る場所から購入すべきです。
まだ支払いが終わっていない機種であったり、盗難品であったりと、
この手の不正製品を赤ロムと言います。
その赤ロム端末が格安で販売されていたりしますので、
絶対に注意しましょう。
購入方法は中古スマホ販売店での購入やオークションでの落札などがありますが、
当サイトとしては専門店での購入をオススメしてます。
オークションでの落札は安く購入出来るとは言え、
上記で説明した通り、赤ロムなんかを掴まされたら最悪です。
ドコモの端末であれば製造番号があれば一応ネットワークの利用制限が確認できます。
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト(外部リンク)
オススメの専門店は以下になります。
安心取引の中古スマホ(白ロム)の販売ショップ一覧

「SIMカードのサイズを事前にチェック」
白ロムスマホをMVNOサービスで活用する場合、
白ロムスマホを購入後にSIMカードを挿入して使用します。
SIMカードにはサイズがありますので、
購入する前に端末のSIMサイズと、購入後に利用するMVNOサービスのSIMサイズを確認しましょう。
SIMのサイズを変える道具がいくつか販売されておりますので、
どうしても納得のいかない場合はそれらを利用するのも手です。

「テザリングが出来ない」
出来ないわけではないのですが、
初心者には厳しい設定が必要です。
私もかつて試行錯誤して解決した問題ですので、
どうしてもテザリングを利用したい場合は、
「白ロム 端末名 テザリング」であったり、
「白ロム 端末名 APNの設定」など検索して調べましょう。
ですので、とりあえずはテザリングは出来ないと思っておきましょう。

白ロムスマホの選び方

白ロムスマホの選び方①「選ぶポイント」

白ロムを利用する場合の利点ですが、
・月額料金が正規キャリアに比べて格安
・日本で発売されていない端末を使用出来る
・解約違反が無いので、端末自体が気に入らなければすぐに買い替えれる

などなどがありますが、
やはり1番目の月額料金の安さに惹かれて興味をもった方が多いです。
と言うこともありますので、端末自体にあまり高いお金をかけないものとして進めます。
そして、スマートフォンである以上「スペック」が気になるところです。
折角安く端末を購入して、安い通信サービスを利用してもストレスが溜まっては元も子もありません。
なので白ロムスマホを選ぶ上で今回の記事で言いたい事は、
価格のは安く、最低限のスペックを有する白ロムスマホを選ぶと言うことです。

白ロムスマホの選び方②「スペック」

安い端末を選ぶ上で、
最新のスマートフォンのようなハイスペックモデルは期待出来ません。
個人的に白ロムスマホを安く購入する場合の最低限のスペックとしては、
CPUはクアッドコア、
バッテリー容量(機種によりますが)は2000mAh以上、
メモリは2GB(最悪1GB以上)
解像度はHD以上
この辺りは最低限ほしいです。
Wi-fiを利用して動画を視聴するのであれば液晶はFHDの方が良いですね。

いざ白ロムを選ぼう!

次々と最新モデルが発売されますが、
そんなハイスペックモデルはさておき、
一世代前に評判の良かった端末を狙っていきます。
あくまである程度のスペックと安い価格をメインに検討しましょう。
姉妹サイトの 白ロムおすすめ情報でも紹介しているオススメの端末をいくつか紹介します。

ARROWS NX F-06E


非常にバランスが良く、2013年6月に発売されたスマートフォンなのですが、
価格が3万円前後と安いです。
5.2インチのFHDに、CPUはクアッドコア、メモリは2GBのストレージ64GBです。
おまけにバッテリーも3020mAhと大容量で、おまけに防水対応!!
上記の最低限のスペックを大幅に上回っているオススメの白ロムスマホです。
もっと探す:ARROWS NX F-06Eの白ロム価格情報

AQUOS PHONE ZETA SH-06E


非常にバランスが良く、2013年6月に発売されたスマートフォンなのですが、
価格が3万円前後と安いです。
4.8インチのFHDに、CPUはクアッドコア、メモリは2GBのストレージ32GBです。
おまけにバッテリーも2600mAhと大容量で、こちらも防水対応!!
上記の最低限のスペックを大幅に上回っているオススメの白ロムスマホです。
ARROWS NX F-06Eと同じくバランスよく平均的にスペックが高いのでオススメです。
ホワイトは価格が高いので、ブルーやレッドの方が良いですね。
もっと探す:AQUOS ZETA SH-06Eの白ロム価格情報

Xperia Z3 Compact SO-02G


2014年10月に発売されたスマートフォンで、上記2つよりも新しい端末です。
一時ドコモ公式でキャンペーン対象商品だっただけに、
価格が一時は凄く下落していました。
少し価格が戻ってきているので、今のうちに購入するのが吉かもしれません。
性能としては、
4.6インチHD液晶、2.5GHzクアッドコアのメモリは2GBのストレージは16GBで、
コンパクトモデルながらにかなり高いスペックを誇り、
2014年の人気スマートフォンの代表格でした。
2015年台、白ロムスマホとして是非利用しちゃいましょう。

いざMVNOサービスを利用しよう!

ここまでこれば後はSIMパッケージを購入するだけです。
個人的におすすめのサービスのみ厳選して紹介します。

老舗で人気!王道のMVNOサービス
OCN モバイルONEOCNモバイルONE
月額料金:900円~
回線:NTT DOCOMO
音声通話プランあり

とりあえず迷ってる方はコチラがオススメです。
選べるプランのバリエーションが豊富で、通信制限もありません。
とても人気のサービスなので、間違いありません。
有名人のCMでお馴染み!最近話題のサービス
DMM mobileDMMmobile
月額料金:525円~
回線:NTT DOCOMO
音声通話プランあり

最近のサービスの中ではかなりの低価格を実現しています。
また楽天との連動により、ポイント関係に色々な特典もあります。
楽天ポイントサービスを利用している方にはかなりオススメ!
KDDIグループが運営!Au端末に欠かせないサービス
UQ mobileUQmobile
月額料金:980円~
回線:Au by KDDI
音声通話プランあり

数あるMVNOサービスの中で少数はのAu回線を利用したMVNOサービス。
MVNOサービスを利用する際の問題点である通信の品質にはとても良い意見が多く、Au端末利用者には是非おすすめしたいサービスです。
長く愛用者が多い!鉄板のMVNOサービス
IIJmio
月額料金:900円~
回線:NTT DOCOMO
音声通話プランあり

こちらも有名で人気のMVNOサービスです。高速通信のオンオフ機能や余ったデータの繰越等、
回線を節約して使うMVNOサービスには、
ありがたい機能が満載。
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly