スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

FLEAZ QueとPIXI4はどちらが良いのか違いを比較!


Coviaの格安エントリーモデル「FLEAZ Que」とTCL製の格安スマホ「PIXI 4」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみます!
どちらの端末も格安モデルなので動作面に不安があります。サブ機として運用を予定している方がメインの層となりますが、メイン機として運用を検討している方も是非今回の両端末の比較をご参考下さい!

FLEAZ QueとPIXI 4の比較

スペック比較表
名称 FLEAZ Que PIXI 4
画像
メーカー Covia TCL
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年4月 2017年3月
OS Android 6.0
7.0アップデート予定
Android 6.0
CPU MT6735A
クアッドコア
1.3GHz
MTK6735M
クアッドコア
1.0GHz
RAM 2GB 1GB
ROM 16GB 8GB
画面サイズ 4.5 インチ 5.0 インチ
画面解像度 854×480 854×480
背面カメラ 500万画素 800万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2200mAh 2000mAh
Wi-Fi a/b/g/n b/g/n
通信(4G) Band1
Band3
Band19
Band1
Band3
Band19
Band38
Band40
通信(3G) Band1
Band6
Band1
Band5
Band6
Band8
Band19
デュアルSIM 対応
DSDS
指紋認証
USB micro USB micro USB
機種サイズ
(縦幅)
132.4 mm 140.7 mm
機種サイズ
(横幅)
66.5 mm 72.5 mm
機種サイズ
(厚み)
10.35 mm 9.5 mm
機種重量 125 g 169 g
カラー ブラック ダークグレー
メタリックシルバー
価格 9,800円 10,000円
スポンサーリンク

FLEAZ QueとPIXI4の価格比較

価格自体はどちらも10000円前後の格安モデル。スペック表を見る限りはFLEAZ Queの方が優秀そうに感じます。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「OS」

両端末プリインストールされているOSバージョンは「 Android 6.0 」となっております。
ちなみにFLEAZ QueではAndroid 7.0へのアップデートを予定しています。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「CPU」

搭載されているCPUに違いがあります。

FLEAZ Queの「 MT6735A 」に対して、
PIXI 4は「 MTK6735M 」になります。

Antutuベンチマークスコア(6.2.7)では、FLEAZ Queが33000程度なのに対して、PIXI4では22000程度とのことなので、基本性能はFLEAZ Queの方がかなりマシだと思われます。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

FLEAZ Queの「 2GB 」に対して、
PIXI 4は「 1GB 」になります。

正直PIXI 4の1GBは2017年代の格安スマホとしてはいくらなんでも厳しすぎる数値。出来れば2GBほしかったところです。
RAMも動作面に大きく影響を与えるので、1GBの端末だとかなり使い用途が限られてしまいます。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「ROM」

搭載されているROMの容量にも違いがあります。

FLEAZ Queの「 16GB 」に対して、
PIXI 4は「 8GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量になります。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。

FLEAZ Queの「 4.5インチ 」に対して、
PIXI 4は「 5.0インチ 」になります。

どちらもそれなりにコンパクトなモデルとなっておりますが、FLEAZ Queは4.5インチとかなりのコンパクトモデル。
ちなみに画面解像度はどちらも854×480と低解像度となっております。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「カメラ」

メインカメラの画素数にも違いがあります。

FLEAZ Queの「 500万画素 」に対して、
PIXI 4は「 800万画素 」になります。

ほとんどの部分でFLEAZ Queの方が優秀に感じますが、単純なカメラ画素数はPIXI4の方が高いです。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「Wi-Fi」

FLEAZ QueではWi-Fi5GHz帯に対応しております。
Wi-Fiは2.4GHz帯のみの場合に他家電との混線があるので個人的には5GHz帯の対応はありがたい機能です。
特にFLEAZ QueやPIXI4はサブ機として購入する人も多いと思われますので、そういう意味でも5GHz帯の対応は大きな比較ポイントと言えます。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「デュアルSIM」

PIXI4ではデュアルSIMに対応しております。
デュアルスタンバイには対応しておりませんが、とりあえず2枚刺しは出来るのでPIXI4側のメリットです。

FLEAZ QueとPIXI4の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって端末サイズ自体はFLEAZ Queの方がコンパクトかつ軽量モデルです。厚みのみPIXI4の方が薄型。

まとめると

PIXI4では1GBRAMやAntutuベンチマークスコアの低さもあって、動作面はかなり厳しいものがあります。
一方のFLEAZ Queも褒めれるほどではありませんが、1万円でAntutuベンチマークスコアが3万超えなら一昔で考えれば十分合格点です。
当サイトとしてはPIXI4を買うぐらいならまだFLEAZ Queの方がオススメです!

端末をお探しの方は

どちらもネットモールや量販店での購入が可能です。

Amazon「FLEAZ Que」で検索する
楽天市場「FLEAZ Que」で検索する
Yahoo!ショッピング「FLEAZ Que」で検索する

Amazon「PIXI 4」で検索する
楽天市場「PIXI 4 」で検索する
Yahoo!ショッピング「PIXI 4」で検索する

[fleazque-camp]

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!