スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

FR7101AKとMoto G5 Plusはどちらが良いのか違いを比較!


FRONTIERからデュアルカメラ搭載のDSDS端末「FR7101AK」が登場しました。同価格帯のDSDS対応端末としてモトローラ製「Moto G5 Plus」があります。
今回はそんなDSDS機能を搭載した2017年代のSIMフリースマホとして両端末を比較してみました。
どちらの端末を購入するか検討している方は是非ご参考ください!

FR7101AKとMoto G5 Plusの比較

スペック比較表
名称 FR7101AK Moto G5 Plus
画像
メーカー FRONTIER モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年5月 2017年4月
OS Android 7.0 Android 7.0
CPU MTK6750T
オクタコア
1.5GHz
1.0GHz
Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大64GB 最大128GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1080×1920 1080×1920
背面カメラ 1300万画素
500万画素
デュアル
1200万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2000mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n a/b/g/n
通信(4G) Band1
Band3
Band8
Band19
Band28
Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band19
Band20
Band28
Band38
Band40
Band41
通信(3G) Band1
Band6
Band8
Band1
Band2
Band5
Band6
Band8
Band19
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応 対応
指紋認証 対応
前面下部
対応
前面下部
USB Type C micro USB
機種サイズ
(縦幅)
154 mm 150.2 mm
機種サイズ
(横幅)
76.4 mm 74 mm
機種サイズ
(厚み)
8.2 mm 7.7 mm
機種重量 165 g 155 g
カラー ブラック ルナグレー
ファインゴールド
価格 39,800円 35,800円
スポンサーリンク

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

FR7101AKの「 MTK6750T 」に対して、
Moto G5 Plusは「 Snapdragon 625 」になります。

FR7101AKではコスパに定評のあるMediaTek社のチップセットが採用されておりますが、Moto G5 Plusではキャリアスマホでも多く採用されている安定感のあるクアルコム社のチップセットとなっております。

FR7101AK Moto G5 Plus

Antutuベンチマークスコア(6.2.7)は上記のように。ベンチマークスコアは性能を数値化してくれるツールでそれなりの目安にはなります。スコアを見れば分かるように動作面では圧倒的にMoto G5 Plusの方が優秀と言うことになります。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「ROM」

搭載されているROMの容量にも違いがあります。

FR7101AKの「 32GB 」に対して、
Moto G5 Plusは「 64GB 」になります。

ROMとは内部ストレージのことで、端末本体の容量になります。
後ほど紹介しますが、SIMスロットとSDカードが排他利用のFR7101AKとは異なり、Moto G5 PlusではデュアルSIM+SDカードを利用する事が出来ます。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

FR7101AKの「 最大64GB 」に対して、
Moto G5 Plusは「 最大128GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことで、それぞれの端末で対応数が異なっています。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。

FR7101AKの「 5.5インチ 」に対して、
Moto G5 Plusは「 5.2インチ 」になります。

ちなみに解像度はどちらも「 FHD 」となっております。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「カメラ」

カメラに違いがあります。まずメインの画素数が、

FR7101AKの「 1300万画素+500万画素 」に対して、
Moto G5 Plusは「 1200万画素 」になります。

FR7101AKでは「デュアルカメラ」と言う特徴的なカメラが搭載されています。

FR7101AK Moto G5 Plus

全てオートで何枚か適当に撮影してみました。今回は遠近感などもなく単純な比較として撮影したのでデュアルカメラとしての参考にはならないかと思います。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「USB」

USBポートのタイプに違いがあります。

FR7101AKの「 USB Type-C 」に対して、
Moto G5 Plusは「 microUSB 」になります。

FR7101AKでは最近の端末によく採用されているTypeCが採用されています。microUSBとは異なり上下どちらでも接続出来るので扱いやすくてオススメです。

指紋認証は前面に配置

どちらも「 前面下部の物理ボタン 」に配置されています。

Moto G5 Plusでは3カードスタイルが可能

2016年、2017年と「DSDS」機能を搭載した端末が続々と登場しておりますが、モトローラの端末の大きなメリットと言えば3カードスタイルを取れることです。
いわゆるデュアルSIM+SDカードを接続する事が出来るスタイルのことです。他の端末だとSIM2スロットとSDカードが排他利用と言うパターンが凄く多いので、DSDSとSDカードを同時に利用したい方には是非モトローラの端末をオススメしたいです。

FR7101AKとMoto G5 Plusの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって端末サイズはMoto G5 Plusの方がコンパクトかつ軽量です。

まとめると

個人的な意見ですが、FR7101AKの特徴と言えば「デュアルカメラ」で、Moto G5 Plusの特徴と言えば「3カードスタイル」だと思います。
どちらも「DSDS」対応端末としてこれからもしばらく使用者が多いかと思われますが、今回比較してみてこれら2つの特徴意外にも「ベンチマークスコア」や「バッテリー」の違いにも注目しておいたほうが良いと思いました。

まず「ベンチマークスコア」は言うまでもなく圧倒的にMoto G5 Plusの方が優秀なので、ある程度スペックが必要な方はFR7101AKでは満足いかない可能性があります。
そして「バッテリー」もまたFR7101AKのデメリットとなっており、5.5インチFHDの割にかなり容量が少ないので注意が必要です。

価格差は少しありますが、「デュアルカメラ」に興味が無いのであればMoto G5 Plusの方が圧倒的にオススメです!

デザインに関しては人によって好みが異なると思うので今回は割愛していますが、当サイトでレビュー記事があるのでそちらで紹介している画像を参考にしてみて下さい!
FR7101AKの開封レビュー!ダブルカメラが特徴的なDSDS搭載モデル!
Moto G5 Plusの開封レビュー!デザイン・カメラ・機能に加えて動作も快適!

端末をお探しの方は

SIMフリースマホなので量販店やネットモールにて購入可能です。
Amazon「FR7101AK」で検索する
楽天市場「FR7101AK」で検索する
Yahoo!ショッピング「FR7101AK」で検索する
FRONTIERダイレクトで検索する

Amazon「Moto G5 Plus」で検索する
楽天市場「Moto G5 Plus」で検索する
Yahoo!ショッピング「Moto G5 Plus」で検索する

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてサプライサマーセールが開催中!
Moto G5 Plus(32,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2017年9月4日までの期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!