スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

最近よく聞く「ガラホ」とは?auやdocomoで出来る事が違うので注意!

galapho
Pocket

最近「ガラホ」と言う単語を聞いたことありませんか?
この「ガラホ」とはいったい何なのかと言うと、スマホとガラケーの中間の端末のことです。

って言っても見た事の無い方には分かりにくいと思うので、
今回はこの「ガラホ」についての基本的な情報と最近登場した端末と運用法について紹介してみます。

ガラホとは?

実際に「スマホ」と「ガラケー」の中間の端末と言っても実際にどういうことかと言うと、
AndroidOSを搭載した折りたたみ式ケータイ(ガラケー)と言った感じでしょうか。
Androidを搭載していることにより、ガラケーの見た目や操作感をそのままにスマホの最新サービスを利用する事が出来ます。
そしてスマホと比較して決定的なデメリットとしては「タッチパネル」を搭載していないので、ゲーム系のアプリはほとんど利用できません!
ならば一体何が出来るのか?ガラホとガラケーの違いは?と言うところが気になるところです。順を追って説明していきます。

ガラケーとの違い「ガラホで出来ること」とは

主にガラケーには出来ないけどスマホには出来るようなことが一部ガラホでは対応しているといった印象です。とりあえずその一部対応している箇所を紹介します。

LINEが使える

ガラケーに出来なないけどスマホには出来ることとして「アプリ」がありますが、ガラホではLINEアプリに対応しています。ひとつのアプリではありますが「LINE」とはもはや「メール」と同じぐらい重要な機能で、「LINEが出来るガラケー」であるガラホはそれだけで十二分に需要があることでしょう。

スマホ向けブラウザの搭載

ガラケーには無い重要なポイントがWEBブラウザの違いです。
ガラホはAndroidを搭載しているので、WEBブラウザもスマホ向けブラウザに対応しています。最近ではネットで情報を得るという手段が当たり前ですし、情報サイトの作りもパソコン向け・スマホ向けに制作されています。ガラケー用のページではフォントが上手く調整されていないので文字も小さくて見にくい場合が多いです。そもそも最近ではガラケー向けのウェブページが廃止されているので、スマホ向けブラウザに対応しているガラホは大きなメリットになります。

SNSが使える

LINEだけでなくツイッター等のSNSも利用することが出来ます。LINEほど重要ではありませんが、これも人によっては大きなメリットになります。

Wifi対応(※一部端末のみ)

Auのガラホの場合はWifiにも対応しているのでパケット量を節約出来ます。最近ではWifiがとても重要で、若い世代ではほとんどの方が利用しているのではないでしょうか。

スマホと比べてガラホのメリットやデメリットは?

ここまで見て分かる通り、ゲーム系のアプリが出来ない大きなデメリットがあるにも関わらず今のところ今回の記事中に出てきたガラホの特徴は「折りたたみ式」である点ぐらいです。具体的なガラホのメリットやデメリットを記載しておこうと思います。
・「物理キー」の搭載
まずガラケーと言えばポチポチと物理キーを押す印象が強いですね。ガラホでも当然物理キーが採用されているのでタッチパネル入力よりも好みの方はいるはずです。

・バッテリー持ちがとても良い
ガラケーの特徴とも言えるバッテリー持ちの良さ、ガラホではAndroid搭載なので少なからずスマホ寄りなのでは?と思われがちですが全くそんな事はありません。ガラケーと遜色のないバッテリー持ちの良さです。

・料金プランが安い場合が多い
キャリアのガラホを選ぶ場合に最も大きなメリットが「料金プラン」です。ほとんどの場合スマホの料金よりも安くなります。

・アプリが非対応
何度か記事中にも記載していますが、一部アプリ以外は対応していません。一応はネットで検索すれば非公式なやり方ではありますが対応しているアプリもいくつかあるとのこと。

・Docomoガラホは出来ない事が多い
AuガラホとDocomoガラホでは出来る事に大きな違いがあります。Docomoガラホでは「Wifi」「おサイフケータイ」等の重要な機能に対応していないので注意。

ガラホを利用すべき人

ここまで記載してきたガラホの特徴やメリット・デメリットを踏まえると、ガラホ自体沢山のユーザーに向いている端末ではありません。本当に一部のユーザーではオススメ出来る端末となりそうです。その一部のユーザーはと言うと、

・ガラケーを使いたいけどLINEは利用したい
・ガラケーを使いたいけどスマホ向けブラウザを利用したい

かなり幅が狭く感じますが意外と上記の二つはスマホに踏み切れていないガラケーユーザーに多い意見なのではないでしょうか。

「ガラホ」と言うよりは「ガラスマ」を活用!

今回はガラホについての基本的な情報ばかりを記載したのでそれぞれの料金プランの具体的な金額には一切触れませんでしたが、実際にはスマホよりも安いもののそれなりの料金なのも事実です。
なので当サイトとしては「ガラホ」を上手く運用する方法と言うよりは「ガラスマ」として少し前に話題となった「FREETEL」の「MUSASHI」を激しくオススメします!

MUSASHIはいわゆる「ガラホ」と言うよりは「ガラケー的な機能を搭載したスマホ」です。
具体的にガラホとの違いは「タッチパネル」に対応しているところと「アプリの利用が可能」なところです。

またMUSASHIは2ディスプレイを上手く活用しており、
折りたたみ式のガラケー形態(見開きディスプレイ+物理キー操作)としても利用出来て、スマホ形態(折りたたんでディスプレイ+タッチパネル操作)としても使う事が出来る「二刀流」です。

FREETEL SIMと組み合わせてとても安い料金プランを実現することが出来ます。

「ガラホ事情」をざっくりまとめると

まだまだ「ガラホ」は発売から間もないので一般的な知名度も少なく不便な部分はありますが、ネットでの注目度もかなり高くてこれからに期待されている端末です。
最後に「ガラホ」について箇条書きでまとめておくので購入を検討している方はご参考ください。
・物理キー搭載
・バッテリー持ちが良い
・料金プランが安め
・LINEが出来る
・SNSが出来る
・スマホ向けブラウザが使える
・Auガラホは「Wifi」「おサイフケータイ」対応
・「GooglePlay」未対応
・Docomoガラホは出来ない事も多い

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly