スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較してみました

galaxys7edge-s6edge-hikaku
Pocket

サムスンから2016年夏モデルスマホとして「Galaxy S7 edge」が登場しました。
国内キャリアではDocomoとAuが採用しており、デュアルエッジスクリーンやスナドラ820や4GBRAMなど注目すべきポイントが多い端末で、
2016年夏モデルスマホの中ではXperia X performanceと並んで人気筆頭候補です。
今回はそんな注目度の高いGalaxy S7 edgeは前作にあたるGalaxy S6 edgeからどの様な進化を遂げたのか違いを比較してみました。
例としてドコモ版のSC-02HとSC-04Gを取り上げます。

関連記事
Galaxy S7 edgeのスペック情報
2016年5月に登場したGalaxy S7 edgeの詳細情報を記載
Galaxy S6 edgeのスペック情報
2015年4月に登場したGalaxy S6 edgeの詳細情報を記載

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較

Galaxy S7 edgeとGalaxy S6 edgeのスペック比較表
名称 Galaxy S7 edge Galaxy S6 edge
画像
メーカー サムスン
キャリア NTT Docomo
Au by KDDI
発売時期 2016年5月 2015年4月
OS Android 6.0 Android 5.0
CPU MSM8996
クアッドコア
2.2GHz
Exynos 7420
オクタコア
2.1GHz
RAM 4 GB 3 GB
ROM 32 GB 64 GB
外部ストレージ microSDXC
最大200GB
非対応
画面サイズ 5.5 インチ 5.1 インチ
画面解像度 2560×1440
WQHD
2560×1440
WQHD
カメラ 背面:1220万画素
前面:500万画素
背面:1600万画素
前面:500万画素
バッテリー 3600mAh 2600mAh
連続待受時間 LTE:約530時間 LTE:約400時間
連続通話時間 VoLTE:約1480分 VoLTE:約950分
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.1
Wifi 802.11 b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
機種サイズ
(縦幅)
151 mm 142 mm
機種サイズ
(横幅)
73 mm 70 mm
機種サイズ
(厚み)
7.7 mm 7.0 mm
機種重量 158 g 129 g
スポンサーリンク

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSに違いがあります。
前作Galaxy S6 edgeの「 Android 5.0 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 Android 6.0 」になります。

OSはアップデート配信もあるのでそこまで大きな違いにはなりませんがとりあえず紹介。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「CPU」

CPUには大きな変更が入りました。
前作Galaxy S6 edgeの「 2.1GHzオクタコア 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 2.2GHzクアッドコア 」になります。

今作Galaxy S7 edgeにて採用されたQualcommのスナドラ820は一世代前のスナドラ810に比べてパフォーマンスと電力効率が大幅に向上したとの発表がありました。コア数は半減したもののパフォーマンスは向上しているので間違いなく進化と呼べるでしょう。実際のベンチマークのスコアも1.5倍近く差があります。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「RAM」

RAMの数値にも違いがあります。
前作Galaxy S6 edgeの「 3 GB 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 4 GB 」になります。

RAM4GB搭載モデルは国内ではASUSの2端末のみなので、キャリアスマホの中では初めてです。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「ROM」

ROMの数値は単純に下がりました。
前作Galaxy S6 edgeの「 64 GB 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 32 GB 」になります。

ROMとは内部ストレージのことでようするに容量になります。容量は下がりましたがS6 edgeでは対応していなかったSDカードに対応したので安心です。しかも200GBまで対応しているので外部SDカードを含めた場合は今作Galaxy S7 edgeの方が圧倒的に大容量と言うことになります。SDカードの購入に費用がかかってしまいますが、最近ではかなり安くて優秀なものも沢山発売しています。お探しの方はこちらをご参考下さい。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。
前作Galaxy S6 edgeの「 5.1インチ 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 5.5インチ 」になります。

かなりのインチアップに加えてサイズアップしてしまいましたがバッテリーも大容量化しているがポイントです。
ちなみに画面解像度は両端末2560×1440と高解像度です。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「カメラ」

単純なカメラ画素数はダウンしました。
前作Galaxy S6 edgeの「 1600万画素 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 1220万画素 」になります。

画素数は落ちたもののGalaxy S7 edgeではデュアルピクセル技術によりすべてのピクセルでピント合わせを行う超高速オートフォーカスを実現しています。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量は大幅に大容量化しました。
前作Galaxy S6 edgeの「 2600 mAh 」に対して、
今作Galaxy S7 edgeは「 3600 mAh 」になります。

機種サイズも大幅にアップしてしまいましたがバッテリー容量も大容量化。連続使用時間も今作Galaxy S7 edgeの方が上です。

Galaxy S7 edgeと前作Galaxy S6 edgeの違いを比較「機種サイズ」

液晶サイズに伴い機種サイズも大型化しました。特に重量は30グラム近くも重くなってしまいました。機種サイズに関しても縦横厚みすべて前作の方がコンパクトになっております。

Galaxy S7 edgeの進化まとめ

Galaxy S7 edgeは2016年夏モデルの中でもかなり注目度の高い端末で、理由としてはやはりクアルコムの最新シリーズ「スナドラ820」の搭載、「デュアルエッジスクリーン」の搭載、「デュアルピクセル」の搭載、「4GBRAM」の搭載、大容量バッテリーの搭載、WQHDの搭載、と一つでも嬉しい機能が沢山搭載しているところです。

また前作からの進化と言う意味では外部ストレージに対応したのも大きいです。最大200GBまで対応とのことで、さすがにそこまでの容量を使わないにせよ32GBから128GB辺りは欲しいところです。

前作から賛否両論がありそうな点としては、やはり機種サイズ、液晶サイズの変更でしょう。基本的にはコンパクトなモデルの方が好まれますが、今作Galaxy S7 edgeは5.5インチとかなり大きめのモデルなので、これまでに大きめのスマホを使ったことの無い人でGalaxy S7 edgeを購入する予定の方は一度店舗で実際に手に取ってみることをオススメします。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly