スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

HTC10とGalaxy S7 edgeはどちらが良いのか違いを比較

htc10-s7edge
Pocket

皆さんはDxOMarkをご存知でしょうか。カメラセンサーやレンズの性能をスコアとして数値で表してくれるサイトなのですが、私のようにカメラやレンズに詳しくない人にはとても便利なサイトです。よりカメラやレンズに詳しい人にとってその信頼性は賛否が分かれるみたいですが、とりあえずは素人目にも分かりやすく製品を比較出来るので私は活用させてもらっています。
さて本題なのですが、最近そのDxOMarkのモバイル部門で首位のスコアを獲得している端末が2機種あります。それがまさにタイトルの2機種2016年夏モデルの「Galaxy S7 edge」と「HTC 10」なんです。
今回はそんなDxOMarkでカメラ性能が高く評価されている両端末は購入する場合はどちらが良いのか違いを比較してみました。
※HTC10は国内ではAuが取り扱っているので、Galaxy S7 edgeも例としてAu版のSCV33を取り上げます。

関連記事
HTC 10 HTV32のスペック情報
2016年夏モデルのHTC 10 HTV32の詳細情報を記載
Galaxy S7 edge SCV33のスペック情報
2016年夏モデルのGalaxy S7 edge SCV33の詳細情報を記載

HTC 10とGalaxy S7 edgeの違いを比較

スペック比較表
名称 HTC 10 HTV32 Galaxy S7 edge
画像
メーカー HTC サムスン
キャリア Au by KDDI Au by KDDI
NTT DOCOMO
発売時期 2016年6月 2016年5月
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU MSM8996
クアッドコア
2.2GHz
MSM8996
クアッドコア
2.2GHz
RAM 4 GB 4 GB
ROM 32 GB 32 GB
外部ストレージ microSDXC
最大200GB
microSDXC
最大200GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2560×1440
WQHD
2560×1440
WQHD
背面カメラ 1200万画素 1220万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 3600mAh
連続待受時間 約390時間 約530時間
連続通話時間 約1590分 約1480分
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
Wifi 802.11 b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
縦幅 146 mm 151 mm
横幅 72 mm 73 mm
厚み 9.2 mm 7.7 mm
重量 161 g 158 g
防水
スポンサーリンク

HTC10とGalaxy S7 edgeの違いを比較「カメラ」

単純なカメラ画素数にわずかながら差があります。
HTC 10の「 1200万画素 」に対して、
Galaxy S7 edgeは「 1220万画素 」になります。

ちなみにDxOMarkでは静止画のスコアが同じ数値ですが、動画のスコアがGalaxy S7 edgeの方がわずかに高くなっています。

HTC10とGalaxy S7 edgeの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。
HTC 10の「 5.2インチ 」に対して、
Galaxy S7 edgeは「 5.5インチ 」になります。

人によっては画面サイズはかなり重要なポイントです。

HTC10とGalaxy S7 edgeの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量に大きな違いがあります。
HTC 10の「 3000mAh 」に対して、
Galaxy S7 edgeは「 3600mAh 」になります。

何気に大きな違いとしてバッテリー持ちの差があります。Auの発表値では実に140時間もの差があります。

HTC10とGalaxy S7 edgeの違いを比較「サイズ」

機種サイズ及び重量にも差があります。横幅縦幅はHTC10の方がコンパクトですが、厚みはGalaxy S7 edgeの方が薄型となっており、重量も軽量です。

HTC10とGalaxy S7 edgeの違いを比較「オーディオ」

よくネットで言われているのがHTC10の「オーディオ」の評価の高さです。Galaxy S7 edgeと比較して勝っているポイントの一つと言えるのではないでしょうか。海外サイトで特に高い評価を得ています。

まとめ「その他機能と価格に大きな違いあり」

HTC10は防水やお財布ケータイ、フルセグなどのその他機能が未対応になっています。
これまでのHTCシリーズではグローバルモデルからAu向け端末として改良して販売されていますが、今回は実質0円に規制が入ったこともあり、HTC 10のようなハイエンド端末の販売が難しいとされています。
そんな中での苦肉の策が今回のような国内向けとしての改良を行わずしての販売方法です。これにより、おサイフケータイやフルセグ、ワンセグなどの機能を失ってしまいますが、価格を抑えたまま販売することが可能に。

一方でGalaxy S7 edgeはそれら全てに対応しているので、大きな違いと言う意味ではまずこの「その他機能」になります。
しかしHTC10は上記の理由によりハイエンド端末ながらに価格が抑えられています。
Au公式での販売価格はGalaxy S7 edgeの98,280円に対してHTC10は78,840円と20,000円もの差があります。

スペックを見れば分かる通り、MSM8996、4GBRAM、WQHD、高性能なカメラ搭載と両端末かなりのハイスペック仕様です。
迷っている方にとって重要な比較ポイントとしては、防水やおサイフケータイなどの「その他機能」と「価格」がとても大きな違いになります。
まず「その他機能」についてですが、スペックも同レベルで防水やお財布ケータイに対応しているのであれば明らかにGalaxy S7 edgeの方が良いのでは?と思われがちですが、まさにその通りです。もしそれら機能を使っていなくても有りと無しなら有りを選ぶ場合がほとんどです。しかしココでもうひとつの比較ポイント「価格」が重要になってくるわけですね。

現在国内で発売されているハイエンドモデルは価格がとても高いです!Galaxy S7 edgeの価格もスペックを考えれば当然のレベルです。そうなってくると同レベルのスペックを有したHTC10が「コスパの高い端末」と言えますね。
この様に、価格を取るのか、防水やお財布ケータイ等の機能を取るのかがHTC10とGalaxy S7 edgeの比較では重要なポイントになります。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly