スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Galaxy S8とS8+はどちらが良いのか違いを比較!


2017年夏モデルとしてサムスンから「Galaxy S8」とその大画面モデル「Galaxy S8+」が登場しました。
どちらもハイスペック大画面モデルとして早くも人気の製品となっております。キャリアではドコモとAuが採用しており、今後もしばらくはメイン端末となるでしょう。
今回はそんなGalaxy S8とGalaxy S8+の違いを比較してみました。

Galaxy S8とGalaxy S8+の比較

スペック比較表
名称 Galaxy S8 Galaxy S8+
画像
メーカー サムスン
キャリア NTTドコモ
Au by KDDI
発売時期 2017年6月 2017年6月
OS Android 7.0 Android 7.0
CPU MSM8998
オクタコア
2.35GHz
1.9GHz
MSM8998
オクタコア
2.35GHz
1.9GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.8 インチ 6.2 インチ
画面解像度 1440×2960
QHD+
1440×2960
QHD+
背面カメラ 1220万画素 1220万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3500mAh
連続待受時間 LTE:約340時間
3G:約310時間
LTE:約390時間
3G:約370時間
連続通話時間 LTE:約1250分
3G:約1070分
LTE:約1430分
3G:約1260分
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
USB Type-C Type-C
機種サイズ
(縦幅)
149 mm 160 mm
機種サイズ
(横幅)
68 mm 73 mm
機種サイズ
(厚み)
8.2 mm 8.3 mm
機種重量 150 g 173 g
カラー Midnight Black
Orchid Gray
Coral Blue
Midnight Black
Arctic Silver
スポンサーリンク

Galaxy S8とS8+の違いを比較「画面」

まずは画面サイズに違いがあります。

Galaxy S8の「 5.8インチ 」に対して、
Galaxy S8+は「 6.2インチ 」になります。

名前通りにS8+はS8よりも大画面のディスプレイが搭載されており、6.2インチのファブレットサイズとなっております。

画面解像度はどちらの端末も「 1440×2960 」とのことで、かなりの高解像度ディスプレイが搭載されております。

Galaxy S8とS8+の違いを比較「バッテリー」

またバッテリー容量にも違いがあります。

Galaxy S8の「 3000mAh 」に対して、
Galaxy S8+は「 3500mAh 」になります。

単純なバッテリー容量に加えて連続使用時間にも違いがありますね。

Galaxy S8とS8+の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって端末サイズはGalaxy S8の方が圧倒的にコンパクトかつ薄型軽量となっております。

まとめると

ドコモやAuに採用されている両端末ですが、決定的な違いはかなり少なく動作面に関してはほとんど違いがありませんでした。
唯一の違いが「画面サイズ」と「バッテリー」となっております。画面サイズの違いによって端末サイズ自体にも違いがあります。
サイズに関しては人によって好みが分かれますし、そもそもS8ですら5.8インチとかなり大画面ディスプレイが搭載されているのが特徴の端末です。

一方の「バッテリー」は比較としてはそれなりの違いとなるかもしれません。
500mAhの差ですが、実際の連続使用時間に差があるのでバッテリー持ちもS8+の方が良いと言うことになります。

どちらの端末も性能が高く、Type-Cの採用やWi-Fi5GHz帯の対応などなど機能面も充実しています。間違いなく2017年夏モデルの中ではハイスペックモデルとしてそこそこの需要があります。
個人的にはサムスンの端末はあまり好みませんが、性能など仕様をみる限りは非常に優秀なのでハイスペックモデルや大画面モデルを探している方にはオススメです!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!