スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Google Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較してみました

Pocket

Nexus 6とNexus 5の比較

2014年10月に米国でGoogle Nexus 6の発売が発表されました。
国内での発売も予定しているとの事で、
ドコモ・ソフトバンク・Auは参戦せずに、
最近話題の「ワイモバイル」からのみ発売が決定しています。
NexusシリーズはイーモバイルやSIMフリーで何気に人気の端末で、
今回のNexus 6の発売をきっかけにワイモバイルに乗り換える方や、
元々イーモバイルやSIMフリーの端末でNexusを愛用していた方など、
Nexus 6の発売に注目が集まっています。
今回はそんな注目のモトローラ製Nexus 6と前作のLG製Nexus 5の違いを比較してみました。


関連記事

Nexus 6の比較情報
ワイモバイルから発売予定のNexus 6のスペック詳細を記載。
Nexus 5のスペック詳細情報(編集中)
イーモバイルから発売されたNexus 5のスペック詳細を記載。


Nexus 6とNexus 5の違いを比較

Nexus 6と前作Nexus 5のスペック比較表
Nexus 6 Nexus 5
OS Android 5.0 Android 4.4
CPU スナドラ805 クアッドコア2.7GHz スナドラ800 クアッドコア2.26GHz
液晶サイズ 約6インチ 約5インチ
解像度 1440×2560ピクセル QHD 1080×1920ピクセル FHD
RAM 3 GB 2 GB
ROM 32GB / 64GB 16GB / 32GB
カメラ画素数 メイン:1300万画素
サブ:200万画素
メイン:800万画素
サブ:130万画素
バッテリー容量 3220 mAh 2300 mAh
機種サイズ 約159.26mm×約82.98mm×約10.06mm 約137.84mm×約69.17mm×約8.59mm
機種重量 約184 g 約130 g

Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較!「CPU」

単純な数値からも大幅に上昇しました。
前作Nexus 5の「2.26GHzクアッドコア」に対して、
今作Nexus 6の「2.7GHzクアッドコア」となっております。
様々な部分でパフォーマンスが上昇している事でしょう。

Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較!「液晶サイズ」

液晶サイズも変更されました。
前作Nexus 5の「約6インチ」に対して、
今作Nexus 6の「約5インチ」となっております。
個人的には思い切った判断だと思います。
と言うのも最近のスマホ事情ですと、5インチ前後のスマホが主流だからです。
大きすぎるスマホを嫌がってコンパクトモデルやiPhoneに人気が出たりしている中、
6インチはファブレットのサイズです。
前作のNexus 5が5インチのスマホサイズだったので、
Nexus 5や普通サイズのスマホからNexus 6へ乗り換える方は、
大きくてかなり操作がしずらい可能性があります。
ファブレットとして利用するのであれば問題ないでしょうけど。

Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較!「解像度」

こちらも大きな変更点の一つです。
前作Nexus 5の「1080×1920ピクセル FHD」に対して、
今作Nexus 6の「1440×2560ピクセル QHD」となっております。
フルハイビジョンからクアッドハイビジョンへと性能アップ。
ドット数もより細かくなり画面はかなり鮮明に映るでしょう。
ドコモの冬春モデルの一部端末も同仕様となっており、
1440×2560ピクセル QHDがしばらく主流となりそうですね。

Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較!「バッテリー」

バッテリー容量もアップしました。
前作Nexus 5の「2300mAh」に対して、
今作Nexus 6の「3220mAh」となっております。
ちなみにFHDはHDと比べるとバッテリー消耗が激しかったのですが、
同じ原理で恐らくQHDの方がバッテリー消耗が激しいのかと思われます。
実際の稼動時間を調べてみたのですが、
最大待ち受け時間は両機種ほぼ同じ時間で、
連続通話時間が若干Nexus 6の方が上でした。

Nexus 6と前作Nexus 5の違いを比較!「サイズ」

様々な面でスペック上昇しているNexus 6ですが、
唯一意見が分かれそうな点です。
前作Nexus 5の「約159.26mm×約82.98mm×約10.06mm」に対して、
今作Nexus 6の「約137.84mm×約69.17mm×約8.59mm」となっております。
液晶サイズやバッテリーのサイズアップもしてますし、
当然機種サイズはコンパクトとはいきませんね。
Nexus 5と比べると高さも幅も厚みも増えています。
ちなみに重量も約54グラムも重くなっておりますので、
重量級の端末が苦手な人やコンパクト端末を求めている方には向いていませんね。

Nexus 6と前作Nexus 5の違いのまとめ

スペックは様々な面で上昇しております。
記載してませんが、ストレージも内部メモリーも上昇してますし、防水にも対応しています。
全ての面において最新のものが投入されている良端末と言えるでしょう。
気にするべき点はやはり液晶サイズと本体サイズです。
サイズがファブレットサイズですので、一般の方なんかにしたら非常に大きく感じるでしょう。
それ以外の点は何も問題無さそうなので、
実際に販売されてから不具合の報告などを調べて再度記載します。
また3大キャリアから発売されないので、ワイモバイルに乗り換える必要があります。

SIMフリー端末として利用

まだ分かりませんがその内SIMフリーとして端末本体も流通すると思われますので、
その場合はMVNOを利用して自身でプランを契約する方法があります。
詳細はこちらから。
SIMフリー端末でスマホ料金を格安運用


スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly