スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

honor 9の開封レビュー!デュアルカメラ・3Dオーディオ・ガラスボディと贅沢仕様!


HUAWEIからhonorシリーズの新型モデル「honor9」が登場しました!
海外では既に発売しており、日本国内での取り扱いは無いだろうと言われ続けてきましたが、なんとこのタイミングで登場!

これまでhonorシリーズは楽天モバイルが専売的に扱っていましたが、今回のhonor9からはその他MVNOでも取り扱いが決定しており、うまくキャンペーンを絡めれば安く入手出来るタイミングがあるかもしれません。

とりあえずのスペックや機能を見る限りは同メーカーの「P10」とかなり類似している印象ですが、honor9にはhonor9のメリットがいくつかあるようです。この辺りの比較記事は後日一気に更新します!

とりあえず今回はそんな注目のhonor9を実際に購入したので画像メインに開封レビューしていきます!
ぎりぎりまでどのカラーを選ぶか迷っていましたが楽天経由での購入ですし、折角なので限定色をチョイスしました。それではhonor9の購入を検討している方もそうでない方も是非最後までご閲覧下さい^^

早速開封!楽天モバイル限定色の「ミッドナイトブラック」

▲楽天限定色のミッドナイトブラックを選択しましたが、正直他の2カラーもとても興味深かったです。箱の中身は「端末本体」と「その他同梱品」に分かれており、まずは端末本体を見ていきましょう!

3D曲線ガラスを纏ったデザイン性の高さ!

▲デザイン性は大々的に売り出されているだけあって非常にレベルが高いです。単純に素材感もそうですが、うっすらと曲線になっている背面フォルムにも注目です。ケース選びは慎重に^^;

▲正面から見て右面には電源ボタンとボリュームボタンが配置

▲逆の側面にはSIMトレイが配置

▲底面にはイヤホンジャック、スピーカー、USBポート、マイクが配置されています。
ちなみにUSBポートは「 Type-C 」が採用されております

▲上面には赤外線発光部とマイクが配置されています

ディスプレイは5.15インチフルHD

▲画面には「 5.15インチディスプレイ 」が採用されています

▲前面のディスプレイ上には照度センサーや受話口、インカメラが配置されています

▲画面解像度は「 FHD(1080×1920) 」が採用されています

カラーセンサー+モノクロセンサーのデュアルカメラ

▲2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBカラーセンサーによるデュアルレンズ仕様となっているカメラ部分

honor9のカメラインターフェース
▲お馴染みのモード選択画面。「3Dパノラマ」や「モノクロ」「夜間撮影」などデュアルカメラならではのモードも搭載 ▲「プロ写真」モードでは詳細まで設定が可能。
▲上のアイコンタップで「ポートレート」撮影が可能。背景ぼかし効果などに期待出来ます。 ▲そして上のアイコンタップで「ワイドアパーチャ」モードも選択出来ます。
▲ダブルレンズハイブリッドズームにより細部までをしっかり取り込んだ鮮明な写真の撮影が可能。 ▲設定画面。高解像度の撮影も可能。
honor9で写真撮影( 5120 × 3840 )
▲オートで適当に撮影してみましたが、あいにくの悪天候…。いずれもっと明るい写真に差し替えておきます(ToT)

honor9の指紋認証センサー

▲honor9では指紋認証センサーが「 前面下部 」に配置されています

honor9はDSDS対応

honor9はnanoSIM×2のデュアルSIM仕様で3G+4Gの同時待受(DSDS)に対応しています

honor9の付属品やオマケを紹介!

▲ざっくりと「充電器」「ケーブル」「ケース」「取扱説明書」「SIMピン」です

▲USBケーブル。Type-Cなので上下どちら向きでも接続出来ます

▲充電器の出力は2アンペアに対応

▲こちらは取説。ちなみに保証書は無いので領収書を保存しておいて下さいとのこと

▲ケースはプラ素材のクリアハードケース。これは素直にありがたいですね

▲折角なので装着してみます

▲純正品だけあってフィット感に問題はありません。honor9は背面が曲面フォルムになっているのでこちらのような設計のしっかりしたケースが付属品で付いているのは非常に助かりますね

honor9のベンチマークスコアは?

折角なのでAntutuとGeekBench4のスコアを測定してみました。

honor9のベンチマークスコア

honor9ではCPUにHUAWEI自社開発の「 Kirin 960 」が搭載されています。P10/P10 Plus/Mate9とHuawei製品の中でもハイスペックな端末に搭載されているチップセットで、非常に高い性能を誇ります。
ちなみにこれはスナドラ660を搭載した端末(ZenFone4など)よりも高いスコアとなっており、性能が高いだけでなくコスパにも優れています。

まとめると

高いベンチマークスコア、高画素なデュアルレンズ、デザイン性の高いガラスボディと様々な面でスペックの高い端末となっております。
前作がニッチな層に人気が高くて隠れた名機感があっただけに、今作の注目度は非常に高いでしょう。国内での発売は恐らく無いと思っていたので個人的には嬉しかったですしそこそこの人気も出ると思います。
しかし一目見て思ったのが先立って発売されている同じくHUAWEI製の「P10」との競合です。
両端末では非常に似通った部分が多いです。詳しい比較は後日記事にするとして、単純に価格ではhonor9の方が安いので、こちらの方が選択しやすいのではないかと思います。

今回紹介出来なかったhonor9の特徴として「3D オーディオテクノロジー」があります。
公式サイトによると、

HUAWEI Histenの3Dオーディオテクノロジーは、ライブ会場のような経験をhonor 9で実感出来ます。革新的な超広域3D音域技術を使用し、近く、正面、広角の3つのモードで仮想イヤホンを楽しむことができます。従来のヘッドフォンやホームシアター、コンサートホールで音楽を聴くような効果を再現しています。いつでもどこでも音楽に浸る。

とのことなので、意外と軽視されがちなオーディオ関連にも力が注がれています。

楽天モバイルだけでなくその他格安SIMからも登場します!キャンペーン等に合わせて上手く購入出来れば非常にお得でオススメの端末です!

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
honor9(49,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
goo SimSellergooSimSellerにてhonor9(33,600円)が業界最安値で販売!(2017年10月13日時点)
スマホ代+音声通話SIMのらくらくセットでの適応となっているので注意。

新キャンペーン情報
2017年9月より【楽天モバイル】楽天モバイルにて
新料金プラン「スーパーホーダイ」が開始!
honor9(53,800円)も対象端末なので3年契約で33,800円~にて購入可能!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!