スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

写真で見るHUAWEI novaの開封レビュー!ベンチマーク64000超えのコンパクトスマホ!

Pocket

HUAWEIから2017年冬春モデルとしてはド本命となるHuawei novaHuawei nova liteが登場しました。SimSellerからの激安販売によってnova liteの方が何かと話題に取り上げられていますが、スタンダードタイプのnovaにも是非注目して頂きたいです。

HUAWEI novaではそれなりのスペックとDSDS対応+指紋認証+コンパクトモデルと言う個人的にはドストライクな仕様です。人によるかもしれませんが、これらの機能を求めている方も多いのではないでしょうか。問題はnova liteが安い割に性能が良いので、価格を考えてnova liteを選ぶ人が増えるかもしれないというところです。

nova liteも予約してあるので、実際に使い比べてみて扱いやすさやコスト面での評価を独断で決めていこうと思います。気になる方は是非後日にでもまた訪問して下さい。とりあえず今回は先に手元に届いたスタンダートタイプのHUAWEI novaを写真で紹介していこうと思います。

端末自体はまだそこまで使用していないので使用感についてのレビューと言うよりは、外観レビューと言った感じになります。それではどうぞ!

関連記事もチェック!
Huaweiから「HUAWEI nova」が登場!スペックや価格・発売日情報
HUAWEI novaのおすすめカバー・ケース・フィルム特集

早速開封!今回はチタニウムグレーを購入!

nova1

nova2

nova3

箱自体もコンパクトで、中には端末と更に2つの箱に分かれています。Huaweiはオマケが多いので中身に期待出来そうです!

デザイン性も高くかなりコンパクト

nova4デザイン性はかなり高いです。後日届くnova liteと早く比べてみたいですね。

nova5照明を当てるとこんな感じです。美しい!

nova6上側。イヤホンはやや左寄りに配置されています。

nova7左側。SIMトレイが配置されています。

nova8右側。電源と音量ボタンが配置。電源は分かりやすく赤線が入っています。電源と音量ボタンは端末によって上下が逆の場合もあるので色が付いているのは個人的には有難い。

nova9下側。スピーカーとTypeCのUSBが配置されています。

指紋認証はお馴染みの配置

nova10指紋認証センサーは背面上部に配置されており、カメラはやや左寄りに配置されております。定番と言えば定番ですね。

さすがHUAWEI!オマケ品にも満足♪

nova11

nova122つの箱には色々と入っていました。

nova13まずは充電器です。出力は2アンペアとのこと。

nova14そしてケーブルです。TypeCなので注意。

nova15SIMピンです。この辺りまでは当然の同梱品です。

nova16オマケで格好良いイヤホンが付いていました。

nova17更にオマケでクリアハードケース!これは有難い。

nova18早速装着!指紋認証も問題なく行えました。SIMトレイ部分だけ埋まるので注意ですね。

スポンサーリンク

他の端末と比較してコンパクトさを確認!

nova195.0インチで70ミリ以下のコンパクトさが特徴的!折角なので2017年代に登場したSIMフリースマホと比較してみます。

nova20まずは5.2インチのASUS製ZenFone3 Maxと比較。

nova21お次は同じ5.0インチのフリーテル製Priori4と比較。

nova22最後は5.5インチのフリーテル製RAIJINと比較。

nova23と言ったようにかなりコンパクトさが目立っており、デザイン性も高いので外観への満足度は高いです!

HUAWEI novaのAntutuベンチマークスコア

nova1-1 002バージョンは6.2.7です。6万台を超えており個人的には満足なスコアですが、nova liteも恐らくある程度のスコアを叩き出すはずなのでやはりコスパと言う意味ではnova liteには勝てないかもしれませんね。

HUAWEI novaをレビューしてみて

nova24

今回写真をメインにHUAWEI novaを紹介しましたが、記事中にも何度か登場してきたnova liteとの比較が皆さん気になるところなのでは無いでしょうか。nova liteの価格があまりに安いので、コスパと言う意味ではnova liteを選ぶ方が多くなるでしょう。

しかしながら、指紋認証やDSDS対応など機能面での便利さやベンチマーク60000超えのスペックと言うことでnova liteよりも間違いなく扱いやすい端末ではあるはずです。ある程度お金に余裕がある方や、指紋認証やDSDS対応の端末を探している方にはnovaの方が良いでしょう。
※nova liteも指紋認証には対応。ジャイロセンサーが未対応。

そしてnova liteが格安SIMとのセット専売端末なのに対して、novaは端末単体購入が可能になります。これもnova liteが安い理由の一つですね。

楽天市場で探す方はこちらから

ちなみに専売nova liteは沢山の格安SIMで可能です。2017年2月24日の時点ではgoo SimSellergooSimSellerの14,800円が最安値かと思われます。novaよりもnova liteが良いと言う方や、ついでに格安SIMデビューしたいなんて方にオススメです。
※先ほど確認したところ品切れだらけでした^^;他のセット販売で言うとNifMoIIJmio【楽天モバイル】楽天モバイルで購入が可能。

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてHUAWEI novaがウキウキ特価キャンペーンで34,500円~購入可能!
2017年6月8日(木)10:00~2017年7月13日(木)9:59までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてサプライサマーセールが開催中!
HUAWEI nova(34,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年6月6日(火)14:00~7月31日(月)23:59までの期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!