スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

iPhone7は前作iPhone6sからどこが進化したのか違いを比較

Pocket

2016年モデルのiPhone7は前作にあたる2015年モデルのiPhone6からどの様な進化を遂げたのか、スペック・機能面で違いを比較してみました。

関連記事
iPhone 7のスペック情報
iPhone 7の詳細情報を記載
iPhone 6sのスペック情報
iPhone 6sの詳細情報を記載

iPhone 7とiPhone 6sの違いを比較

スペック比較表
名称 iPhone 7 iPhone 6s
画像
メーカー アップル
キャリア 3キャリア
発売時期 2016年9月 2015年9月
OS iOS 10 iOS 9
CPU A10 Fusion A9
RAM 2GB 2GB
ROM 32GB
128GB
256GB
32GB
128GB
外部ストレージ
画面サイズ 4.7 インチ 4.7 インチ
画面解像度 1334×750 1334×750
背面カメラ 1200万画素 1200万画素
前面カメラ 700万画素 500万画素
連続通話時間(3G) 14時間 14時間
連続待受時間(3G) 10日間 10日間
機種サイズ
(縦幅)
138.3 mm 138.3 mm
機種サイズ
(横幅)
67.1 mm 67.1 mm
機種サイズ
(厚み)
7.1 mm 7.1 mm
機種重量 138 g 143 g
カラー シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ブラック
ジェットブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
スペースグレイ
価格(32GB) 72,800円 61,800円
価格(128GB) 83,800円 72,800円
価格(256GB) 94,800円
スポンサーリンク

スペック面よりも機能面が進化

まず第一に目に付くのがCPUのバージョンアップです。これにより性能はもちろんバッテリーの駆動時間も長くなっているとのこと。
スペックで言うと後はOSのバージョンアップやROMの256モデルの登場などでしょうか。どちらにせよCPUほどのインパクトは無いので性能面ではとりあえずCPUの進化が一番の進化と言えるでしょう。

一方で機能面ではいくつか大きな変更点があります。
まずは防水防塵対応です。これまで一切対応していなかった防水防塵にiPhoneシリーズ初対応となりました。
2つ目にFelica対応です。Android端末を選ぶ選択肢の一つであったFelica対応に関してもシリーズ初の対応となりました。これによってSuicaやおサイフケータイを扱う事が出来ます。

そして次に日本での通信バンドが11と21に対応。ドコモやAuの通信をより快適に行える可能性も。一部エリアで対応しているキャリアアグリゲーションにも期待されています。

最後はイヤホンジャックの廃止です。最も賛否両論分かれるであろう項目ですが、個人的には反対です。なぜかと言うと優先でイヤホンを利用する場合に同時に充電が出来ないからです。ワイヤレスのイヤホンを使えば問題ありませんが、個人的には少し扱いずらいので。

このように今回は短い比較記事となってしましたが、要点や個人的に言いたいことは記載出来たので良しとしましょう。
前作からの進化と言う意味では機能面が大幅に向上しているので、「どのタイミングでiPhone買い換えよう…」なんて方には頃合なのでは?
ちなみにサイズが大きくなっても良いのなら個人的にはiPhone 7 Plusの方をオススメします。比較記事はこちらから。
iPhone7と7 Plusはどっちが良いのか違いを比較

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly