スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

iPhone7 Plusは前作iPhone6s Plusからどこが進化したのか違いを比較

Pocket

2016年モデルのiPhone7 Plusは前作にあたる2015年モデルのiPhone6s Plusからどの様な進化を遂げたのか、スペック・機能面で違いを比較してみました。

関連記事
iPhone 7 Plusのスペック情報
iPhone 7 Plusの詳細情報を記載
iPhone 6s Plusのスペック情報
iPhone 6s Plusの詳細情報を記載

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較

スペック比較表
名称 iPhone 7 Plus iPhone 6s Plus
画像
メーカー アップル
キャリア 3キャリア
発売時期 2016年9月 2015年9月
OS iOS 10 iOS 9
CPU A10 Fusion A9
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB
128GB
256GB
32GB
128GB
外部ストレージ
画面サイズ 5.5 インチ 5.5 インチ
画面解像度 1920 x 1080 1920 x 1080
背面カメラ 1200万画素
10倍デジタルズーム
広角・望遠デュアル
2倍光学ズーム
1200万画素
5倍デジタルズーム
前面カメラ 700万画素 500万画素
連続通話時間(3G) 21時間 24時間
連続待受時間(3G) 13日間 12日間
機種サイズ
(縦幅)
158.2 mm 158.2 mm
機種サイズ
(横幅)
77.9 mm 77.9 mm
機種サイズ
(厚み)
7.3 mm 7.3 mm
機種重量 188 g 192 g
カラー シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ブラック
ジェットブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
スペースグレイ
価格(32GB) 85,800円 72,800円
価格(128GB) 96,800円 83,800円
価格(256GB) 107,800円
スポンサーリンク

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較「CPU」

性能面ではまずCPUに違いがあります。
前作iPhone 6s Plusの「 Apple A9 M9モーションコプロセッサ 」に対して、
今作iPhone 7 Plusは「 Apple A10 Fusion M10モーションコプロセッサ 」になります。

バージョンアップにより性能はもちろんバッテリー面でも活躍。A10 Fusionは2016年9月の時点では全機種の中で最速と言われています。
今回登場するiPhone7やiPhone7 Plusではスペック面も強化されているのでより一層注目度が高いですね。

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較「RAM」

またRAMの数値にも違いがあります。
前作iPhone 6s Plusの「 2GB 」に対して、
今作iPhone 7 Plusは「 3GB 」になります。

CPUの強化に加えてiPhone7 PlusではRAMも増設されております。これはiPhone 7が2GBなのでiPhone 7との違いとしても重要なポイントです。
RAMはCPUに次ぐ性能面の重要なパーツで、特に同時動作に関わっているので様々な動作で活躍する部分です。

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較「ROM」

ROMはこれまでの128GBモデルより更に高い256GBモデルも登場しております。
外部ストレージ非対応なので、iPhoneにおいてROMの高いモデルは人によっては重要ですね。

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較「カメラ」

単純な画素数ではサブカメラに違いがあります。
前作iPhone 6s Plusの「 500万画素 」に対して、
今作iPhone 7 Plusは「 700万画素 」になります。

サブカメラの画素数に違いはありますが、前作からの進化と言う意味ではやはりメインカメラの機能面でしょう。
今回のiPhone 7 Plusでは広角と望遠のデュアルレンズ仕様となっており、光学ズームも付いております。
これまでの端末に加えて、iPhone7との違いでもよく取り上げられる重要ポイント。iPhone 7 Plusの最大の特徴と言っても過言ではありません。
カメラ性能を求めているのであれば今回のiPhone 7 Plusはかなり良い仕様に変更されましたね。

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの違いを比較「サイズ」

サイズは同じですが重量がやや軽くなっています。
前作iPhone 6s Plusの「 192g 」に対して、
今作iPhone 7 Plusは「 188g 」になります。

わずかな差ではありますが一応変更されていたので紹介しておきます。

iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusの価格比較

当然これだけのスペックアップで価格が同じと言う訳でにもいきません。

ROM32GBモデル・128GBモデル共に13,000円高くなりました。
スペックアップだけでなく、この後紹介しますが機能面で大きく変更されているので価格差はそこまで大きいとは思えなくなるでしょう。

防水防塵対応

これまで一切対応していなかった防水防塵にiPhoneシリーズ初対応となりました。
iPhoneシリーズで採用されたということはやはり防水にこだわる人が増えているということでしょう。
実際に当サイトでもよくスマホグッズの紹介記事を作成しておりますが、ネット市場でも防水ケースの需要がある程度上がっているように感じます。
電子書籍で漫画や雑誌が読めるので、お風呂場で利用する方などが増えているのでしょうか。一応注意点として温度次第で熱湯には表向きは非対応なので注意。

Felica対応

Suicaやおサイフケータイでお馴染みのFelicaに対応しました。こちらもシリーズ初と言うことになります。
これまでFelicaの非対応を理由にAndroidを選択しているユーザーは沢山いたので、今回大幅な変更点の一つと言えるでしょう。

通信バンドが11と21に対応

日本での通信バンドが11と21に対応。ドコモやAuの通信をより快適に行える可能性も。一部エリアで対応しているキャリアアグリゲーションにも期待されています。

イヤホンジャックの廃止

最も賛否両論分かれるであろう項目ですが、個人的には反対です。なぜかと言うと優先でイヤホンを利用する場合に同時に充電が出来ないからです。ワイヤレスのイヤホンを使えば問題ありませんが、個人的には少し扱いずらいので。

まとめると

これまでiPhoneにそこまで興味の無かったユーザーも、今回のスペックアップ+機能面の充実を見たら少し気になってしまいますね。
実際にAndroidユーザーの私も今回のiPhone7 Plusに関しては若干心が揺れています^^;
カラーバリエーションも変更されてジェットブラックと言う個人的に好みのカラーも出ていますしもしかすると在庫次第では購入するかもしれません。そうなればレビュー記事も作成予定ですがとりあえずはまだ分からないので保留です。

iPhone7との比較記事はこちらから。
iPhone7と7 Plusはどっちが良いのか違いを比較

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly