スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

KIWAMI (極) 2は前作モデルからどこが進化したのか違いを比較

Pocket

FREETELからフラグシップモデルとしてSAMRUAI KIWAMI (極) 2が登場しました。FREETELでは2016年12月の時点で最もハイスペックな端末として注目を浴びております。
また割引が開始した前作モデルSAMRUAI KIWAMI (極) も価格が安くなっているので、人によっては前作の方が安く済むかもしれません。
今回はそんなSAMRUAI KIWAMI (極) 2は前作からどの様な進化を遂げたのか違いを比較してみます。

関連記事
SAMRUAI KIWAMI (極) のスペック情報
前作モデルSAMRUAI KIWAMI (極) の詳細情報を記載
SAMRUAI KIWAMI (極) 2のスペック情報
SAMRUAI KIWAMI (極) 2の詳細情報を記載

SAMRUAI KIWAMI (極) 2と前作モデルの比較

スペック比較表
名称 SAMRUAI KIWAMI (極) 2 SAMRUAI KIWAMI (極)
画像
メーカー プラスワン・マーケティング
(FREETEL)
キャリア SIMフリー
発売時期 2016年12月 2015年11月
OS Android 6.0
(7.0にアップデート予定)
Android 5.1
(6.0にアップデート予定)
CPU MT6797
10コア
2.3GHz×2
2.0GHz×4
1.4GHz×4
MT6795
8コア
2.0GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 未対応 128GB
画面サイズ 5.7 インチ 6.0 インチ
画面解像度 WQHD
1440×2560
WQHD
1440×2560
背面カメラ 1600万画素 2100万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3400mAh 3400mAh
連続通話時間 約1260分 約990分
連続待受時間 不明 約300時間
SIM nano×2
デュアルスタンバイ
nano / micro
nanoスロットはSD併用
通信(3G) Band 1
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
Band 1
Band 6
Band 8
Band 19
通信(4G) Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 15

Band 19
Band 1
Band 3
Band 7
Band 8
Band 19
機種サイズ
(縦幅)
157.2 mm 159.5 mm
機種サイズ
(横幅)
77.5 mm 82.9 mm
機種サイズ
(厚み)
7.2 mm 8.9 mm
機種重量 168 g 182 g
カラー メタルシルバー

和柄
スポンサーリンク

KiwamiとKiwami2の違いを比較「OS」

まずはプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作Kiwamiの「 Android 5.1 」に対して、
今作Kiwami2は「 Android 6.0 」になります。

時期は分かりませんが、Kiwami2は既にAndroid 7.0へのアップデートが予定されているとのこと。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「CPU」

CPUも前作から変更されております。

前作Kiwamiの「 MT6795 」に対して、
今作Kiwami2は「 MT6797 」になります。

Kiwami2ではMediaTekの10コアCPU Helio X20 MT6795を搭載。10コア駆動だけあってかなりのハイスペック仕様で、スナドラやKirinシリーズとの比較に注目です。まだ情報がそこまで出回っておりませんが、MediaTek製と言うこともありコスパに期待出来ます。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「RAM」

RAMも増設されております。

前作Kiwamiの「 3GB 」に対して、
今作Kiwami2は「 4GB 」になります。

RAMもCPU同様に動作面で重要な部分です。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「ROM」

ROMも増設されております。

前作Kiwamiの「 32GB 」に対して、
今作Kiwami2は「 64GB 」になります。

ROMは内部容量のことで、ファイルを保存出来る容量のことです。音楽やマンガ、画像や動画をスマホによく保存する方には大容量がオススメです。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「外部ストレージ」

前作からの唯一のマイナス点が外部ストレージです。

前作Kiwamiの「 128GB 」に対して、
今作Kiwami2は「 未対応 」になります。

デュアルSIMのDSDSの関係もあってかKiwami2ではmicroSDカードスロットが未搭載とのことです。外部ストレージはSDカードによって追加で増設出来る容量のことで、人によっては必須のアイテムです。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「画面」

画面サイズやディスプレイ種類も変更されております。

前作Kiwamiの「 6.0インチ 」に対して、
今作Kiwami2は「 5.7インチ 」になります。

画面サイズはややコンパクトになっており、何とか片手操作が出来るサイズに。

またディスプレイ種類もIPSから有機ELに変更されております。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「カメラ」

単純なカメラ画素数は下がっております。

前作Kiwamiの「 2100万画素 」に対して、
今作Kiwami2は「 1600万画素 」になります。

詳細は不明ですが、単純な画素数は下がっているので注意。実用性や機能面など発売後のレビューに期待です。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量は前作同様に3400mAhですが、実際の連続使用時間には違いがあります。
まだ通話時間しか発表されておりませんが、それなりに質は向上していることでしょう。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、機種サイズは前作よりもコンパクト化されております。
また重量についても約14グラムも軽量化されております。ほとんどの人にとって嬉しいポイントでしょう。

KiwamiとKiwami2の違いを比較「デュアルスタンバイ」

機能面で言えばデュアルスタンバイ対応は非常に大きな進化ポイントです。
デュアルスタンバイとはデュアルSIMを利用して3G・4Gの同時待受けが可能な機能で、例えば3Gの通話SIMと4Gの格安データSIMを同時にスタンバイ出来ます。
これまでは切り替えが必要だったので4G通信中の3G通信が出来なかったわけですが、デュアルスタンバイではそれが可能に。
Zenfone3やMoto G4 Plusを皮切りに国内で続々とデュアルスタンバイ対応の端末が増えているので、注目の機能です。

まとめると

まず重要な価格についですが、Kiwami2は4万9,800円(税別)とそのハイスペックな仕様の割には価格がとても安いですね。
前作からの進化と言う意味ではこの記事で紹介した部分を見れば分かるように多くの箇所が変更されており、microSDカードスロットと引き換えにデュアルスタンバイと言う重要な機能も搭載。
前作からコンパクト化したものの、5.7インチとかなり大画面なので人は選ぶかもしれませんね。

また前作のKiwamiも割引が開始しているので、Kiwami2の性能が手に余ると言う方にはコスパが良いのでオススメ。

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly