スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

楽天モバイルMate9とZenFone3 Maxはどちらが良いのか違いを比較!


楽天モバイルで採用されているハイスペックファブレット「Mate9」と同じく楽天モバイルで採用されている大容量バッテリーモデル「ZenFone 3 Max」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました。
楽天モバイルで端末選びに迷っている方は是非ご参考ください!

Mate 9とZenFone3 Maxの比較

スペック比較表
名称 Mate 9 ZenFone3 Max
ZC520TL
画像
メーカー Huawei ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2016年12月 2017年1月
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Kirin 960
オクタコア
4×2.4GHz
4×1.8GHz
MT6737M
クアッドコア
1.25GHz
RAM 4GB 2GB
ROM 64GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大32GB
画面サイズ 5.9 インチ 5.2 インチ
画面解像度 FHD
1920×1080
HD
1280×720
背面カメラ 1200万画素
2000万画素
1300万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 4000mAh 4100mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS 対応 未対応
指紋認証 対応 対応
ジャイロ 対応 未対応
USB Type C microUSB
機種サイズ
(縦幅)
156.9 mm 149.5 mm
機種サイズ
(横幅)
78.9 mm 73.7 mm
機種サイズ
(厚み)
7.9 mm 8.55 mm
機種重量 190 g 160 g
カラー シャンパンゴールド
ムーンライトシルバー
シルバー
ゴールド
グレー
参考価格 60,800円 19,800円
スポンサーリンク

Mate9とZenFone3 Maxの価格比較

ハイスペック仕様なMate9と比べてZenFone3 Maxはエントリー~ミドルクラスのスマホなのでそれなりの安さで入手が可能。キャンペーンも絡めばもっと安く入手する事が出来ます。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「OS」

搭載されているOSのバージョンにも違いがあります。

Mate9の「 Android 7.0 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 Android 6.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンではありますが、Android7.0は上記の画像のようにマルチウィンドウ機能に対応しております。同時期に二つのタスクを実行できるので非常に便利です。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「CPU」

搭載されているCPUにも違いがあります。

Mate9の「 Kirin 960 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 MT6737M 」になります。

搭載されているCPU自体はかなりの違いがあり、ハイスペックモデルのMate9の方が圧倒的に快適な動作に期待が出来るでしょう。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

Mate9の「 4GB 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 2GB 」になります。

RAMは内蔵メモリのことで、こちらもまた動作面に影響を与える箇所です。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「ROM」

搭載されているROMの容量にも違いがあります。

Mate9の「 64GB 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことになります。スマホでファイルを管理する方には重要な部分。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

Mate9の「 256GB 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 32GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量になります。Mate9では256GBとかなりの容量まで対応しているのでオススメです。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「画面」

まず画面サイズにも大きな違いがあります。

Mate9の「 5.9インチ 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 5.2インチ 」になります。

Mate9は5.9インチとかなり大画面なので人によってはかなり操作がしにくいかと思われます。

そして画面解像度にも違いがあります。

Mate9の「 FHD 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 HD 」になります。

画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面を表示します。もちろん点の数が多い程細かいところまで色を再現出来ます。
ZenFone3 Maxでは画面サイズの都合や価格の都合もあってHDが採用されておりますが、Mate9ではFHDが採用されております。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「カメラ」

Mate9ではライカと共同開発のデュアルレンズが採用されております。
素早いフォーカスに加えて、メインカメラやサブカメラ共に画素数でもZenFone3 Maxよりも上回っております。

メイン画素数は、
Mate9の「 1200万画素+2000万画素 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 1300万画素 」になります。

そしてサブ画素数が、
Mate9の「 800万画素 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 500万画素 」になります。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にもわずかに差があります。

Mate9の「 4000mAh 」に対して、
ZenFone3 Maxは「 4100mAh 」になります。

サイズや画面解像度等を考えるとMate9の方が消費電力は多いかと思われます。一方のZenFone3 Maxはバッテリー持ちを売りにしているだけあって5.2インチながらに4000mAhと大容量バッテリーを搭載。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「Wi-Fi」

Mate9ではWi-Fiの5GHz帯に対応しております。
ZenFone3 Maxでは2.4GHz帯のみの対応となっているので注意。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「DSDS」

Mate9ではDSDSに対応しております。
ZenFone3 Maxでは未対応となっているので注意。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「ジャイロ」

Mate9ではジャイロセンサーを搭載しております。
ZenFone3 Maxでは非搭載となっているので注意。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「USBポート」

Mate9ではUSBポートにType Cが採用されております。
上下どちら向きでも接続出来るので便利です。2017年代に突入してからは続々とUSB TypeCを搭載した端末が増えております。

Mate9とZenFone3 Maxの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって端末サイズ自体は圧倒的にZenFone3 Maxの方がコンパクトかつ軽量です。厚みのみMate9の方が薄型となっております。

まとめると

圧倒的にスペックではMate9の方が秀でており、価格差を埋めるメリットも十二分にあります。
重い3D系のアプリをプレイする方は間違いなくMate9の方がオススメです。画面サイズが5.9インチとかなり大きいので、そこに違和感がある方はZenFone3 Maxを選びましょう。

端末をお探しの方は

どちらもネットモールや量販店での購入が可能です。

Amazon「Mate 9」で検索する
楽天市場「Mate 9」で検索する
Yahoo!ショッピング「Mate 9」で検索する

Amazon「ZenFone3 Max」で検索する
楽天市場「ZenFone3 Max」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone3 Max」で検索する

新キャンペーン情報
2017年9月より【楽天モバイル】楽天モバイルにて
新料金プラン「スーパーホーダイ」が開始!
Mate 9も対象端末なので3年契約で40,800円~にて購入可能!

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中にMate9(49,800円)を「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。


新キャンペーン情報
2017年9月より【楽天モバイル】楽天モバイルにて
新料金プラン「スーパーホーダイ」が開始!
ZenFone 3 Maxも対象端末なので3年契約で0円~にて購入可能!

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中に「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!