スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

「docomo with」のMONO MO-01KとAQUOS senseはどちらが良いのか違いを比較!


NTTドコモから2017-2018年冬春モデルスマートフォンが発表されました!
そして2017年夏から実施されている新キャンペーン「docomo with」の対象端末として「MONO MO-01K」「AQUOS sense」が登場します。
今回はそんな格安モデルの2端末はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^

MONO MO-01KとAQUOS sense SH-01Kのスペック比較

スペック比較表
名称 MONO MO-01K AQUOS sense SH-01K
画像
メーカー ZTE シャープ
キャリア NTTドコモ
発売時期 2017年12月 2017年11月
OS Android 7.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 435
オクタコア
Snapdragon 430
オクタコア
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1320万画素 1310万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2800mAh 2700mAh
Wi-Fi b/g/n b/g/n
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応
生体認証 指紋
機種サイズ
(縦幅)
142 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
69 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 8.6 mm
機種重量 153 g 148 g
カラー ホワイト
グレイブラック
シャンパーニュゴールド
シルキーホワイト
フロストラベンダー
ベルベットブラック
スポンサーリンク

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

MONO MO-01Kの「 Snapdragon 435 」に対して、
AQUOS sense SH-01Kは「 Snapdragon 430 」になります。

どちらもクアルコム社のスナドラ4xxシリーズが採用されています。4xxシリーズは安いモデルに向けたチップセットで、435が後続モデルとなっています。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「画面解像度」

画面サイズはどちらも「 5.0インチ 」ですが、画面解像度に違いがあります。

MONO MO-01Kの「 1280×720(HD) 」に対して、
AQUOS sense SH-01Kは「 1920×1080(FHD) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「おサイフケータイ」

AQUOS senseではおサイフケータイに対応しております。
SIMフリースマホには未対応の端末が多く、キャリアスマホの特権的な機能ですが、MONO MO-01Kも未対応なので注意。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「ハイレゾ」

MONO MO-01Kではハイレゾに対応しております。
ハイレゾは音楽用CDを超える音質の音楽データの総称で、臨場感の溢れる高音質を実現してくれます。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「生体認証」

AQUOS senseでは指紋認証センサーが搭載されています。
センサーに指をなぞるだけで認証できるセキュリティ機能で、非常に扱いやすくてオススメです。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「ストラップホール」

MONO MO-01Kではストラップホールが搭載されています。
最近の端末ではめずらしい機能で、落下防止系のストラップを利用する方には重要です。

MONO MO-01KとAQUOS senseの違いを比較「サイズ」

画面サイズが同じなので、端末サイズ自体もほとんど同じとなっております。

まとめると

まずどちらも「docomo with」の対象端末だけあって、非常に安く入手出来ます。
発表されている端末代金を参考にすると、MONO MO-01Kが25,272円で、AQUOS senseが30,456円(2017年10月時点)となっております。

格安ながらにどちらも実用性に長けた端末となっており、MONOはハイレゾやストラップホールが対応、AQUOS senseではおサイフケータイや指紋認証と機能面にそれぞれ違いがあります。
性能面での違いで言えばやはり画面解像度の違いが大きいですね。だいぶと昔の話ですがXperia Zの時代にFHD搭載端末が増え始めましたが、HD→FHDではかなりの違いがあると評判でした。
CPUは価格相応でそこまで良いものではないのであくまで普段使いの方が対象の端末となりそうですね。

NTTドコモの2017-2018年冬春モデルの比較記事も合わせて是非!
ドコモ2017-2018年冬春モデルスマホ徹底比較・ランキング紹介!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!