スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Moto G5S Plusは前作からドコが進化したのか変更点を紹介!


モトローラから「Moto G5 Plus」の後続モデルとして「Moto G5S Plus」が登場しました。
マイナーアップグレードモデルと言われていますが、そこそこ良い進化をしている印象です。今回はそんなMoto G5S Plusは前作Moto G5 Plusからどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの比較

スペック比較表
名称 Moto G5S Plus Moto G5 Plus
画像
メーカー モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年10月 2017年4月
OS Android 7.1.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1300万画素
1300万画素
1200万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n a/b/g/n
通信(LTE) Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band18
Band19
Band20
Band26
Band28
Band38
Band40
Band41
Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band19
Band20
Band28
Band38
Band40
Band41
通信(3G) Band1
Band2
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band2
Band5
Band6
Band8
Band19
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応 対応
ジャイロ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
USB microUSB microUSB
機種サイズ
(縦幅)
153.5 mm 150.2 mm
機種サイズ
(横幅)
76.2 mm 74 mm
機種サイズ
(厚み)
8.04 mm 7.7 mm
機種重量 170 g 149 g
カラー ルナグレー
ブラッシュゴールド
ニンバスブルー
ルナグレー
ファインゴールド
価格 38,800円 35,800円
スポンサーリンク

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの価格比較

Moto G5 Plusのアップグレードモデルと言うことで様々な部分が強化されていますが、定価自体はそこまで上がっていません。
恐らくこれから前作のMoto G5 Plusが値下がりするのではないでしょうか。

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作Moto G5 Plusの「 Android 7.0 」に対して、
今作Moto G5S Plusは「 Android 7.1 」になります。

7.0以降では画像のように画面を分割出来る「マルチウィンドウ」機能を利用することが出来ます。
そしてMoto G5S Plusでは7.1がプリインストールされているので「アプリショートカット」や「スマートストレージ」等の新機能も搭載されております。

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「画面」

※画像は前作Moto G5 Plus

画面サイズにも違いがあります。

前作Moto G5 Plusの「 5.2インチ 」に対して、
今作Moto G5S Plusは「 5.5インチ 」になります。

解像度は変わらず「 FHD 」が採用されていますが、
画面サイズ自体は0.3インチアップしました。

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「カメラ」

※画像は前作Moto G5 Plus

カメラ性能に大きな違いがあります。まず単純な画素数は、

前作Moto G5 Plusの「 1200万画素 」に対して、
今作Moto G5S Plusは「 1300万画素 」になります。

そしてMoto G5S Plusでは加えて1300万画素のサブレンズが搭載されたデュアルカメラ仕様となっております。
「セレクティブフォーカスモード」と呼ばれるモードが追加されており、

背景をぼかして被写体をさらに際立たせます。 クラシックなモノクロ写真に色を少し入れて、一味違った写真にしたり。 友人の写真を撮り、背景をまったく別のものに差し替えて楽しむこともできます

公式サイトによると上記のような効果を期待出来るとのこと。

そしてインカメラの画素数も向上しました。

前作Moto G5 Plusの「 500万画素 」に対して、
今作Moto G5S Plusは「 800万画素 」になります。

海外サイトによると、前作のF2.2からF2.0へ変更されており「LED flash」が新たに搭載されています。

800万画素の広角フロントカメラで、背景のパノラマを撮影したり、LED フラッシュ搭載で昼夜を問わず明るく自撮りしたりできます。

公式サイトによると上記のような効果を期待出来るとのこと。

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「通信」

またLTE Band18/26の対応とのことなのでau VoLTEに対応します。元々通信網の広さには定評がありましたが、これで国内キャリアの全ての通信に対応(2017年10月現在)しました。

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「デザイン」

モトローラジャパンにお問い合わせしたところ、今作のMoto G5S Plusのデザイン面に関して色々と教えて頂きました。
前作Moto G5 Plusでも採用されていたメタルボディですが、高級アルミニウム素材によるメタルユニボディーとなったことにより電池持ちが良くなったとのこと。
話によるとメタルユニボディの採用で冷却性が上がったために電池持ちの向上につながったとのことでした。

また、個人的には新色「ニンバスブルー」がどの様な色合いなのか気になっています。
レビューするのであれば端末を購入するのですが、今回は残念ながら見送りです;;

Moto G5S Plusと前作Moto G5 Plusの違いを比較「サイズ」

画面サイズが大きくなったこともあって、サイズ自体は前作の方が圧倒的にコンパクトかつ薄型で軽量となっております。

排他利用に注意!

※2017年10月24日追記
Moto G5 PlusではデュアルSIM+SDカードの運用が可能でしたが、Moto G5S PlusではSIM2がSDカードと排他利用とのことです。
モトローラ端末の特徴ともなっていたスリーカードスタイルがまさかの廃止です。利用を前提に購入を検討している方は注意しましょう!

まとめると

大掛かりな変更は無いとのことですが、個人的には価格がそれなりに安いので現時点ではかなり良端末なのではないかと思っています。

良い端末だと思う理由としてはこの価格帯の「デュアルカメラ」を搭載したモデルが微妙だからです。価格を上げればZenFone4やP10/P10 Plusと言った良端末があるのでかなり厳しいですが、この価格帯で言えばBLADE V8やFR7101AKと言ったカメラ機能に重きを置いた端末が競合機となるので、動作面ではMoto G5S Plusの方が優秀です。
スペックもしっかりしていて、デュアルカメラが欲しい!なんて方にオススメになりそうです。

そして大まかな変更点としては「デュアルカメラ」「画面サイズ」「通信バンド」「デザイン」「サイズ・重量」になります。
「デザイン」では記事中に記載した「メタルユニボディーによる電池持ちの向上」が実際にどの程度の進化なのかは今のところ分かりませんが、期待したいところです。

現時点の情報では期待は十分に出来る端末です。後は発売後のレビューや評判を参考に!

 
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!