スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Moto X PlayとMoto G(3rd)の違いを比較してみました。

motoxplay-motog-hikaku
Pocket

2016年3月中旬よりモトローラからSIMフリースマホ「Moto X Play」が発売します。
モトローラ製スマホと言えばNexus 6の開発に携わったことで有名ですが、国内発売モデルで言うとgooSimsellerにて先行販売された「Moto G」の第3世代モデルがあります。
今回はそんなモトローラの最新モデル「Moto X Play」と国内の前作モデル「Moto G」の違いを比較してみました。

関連記事
Moto X Playのスペック情報
2016年3月発売モデルMoto X Playのスペック詳細情報を記載
Moto G(第3世代)のスペック情報
2016年1月発売モデルMoto G(第3世代)のスペック詳細情報を記載

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較

スペック比較表
名称 Moto X Play Moto G
画像
発売時期 2016/03 2016/01
メーカー モトローラ
キャリア SIMフリー
OS Android 6.0 Android 5.1.1
CPU MSM8939
1.7GHz
オクタコア
MSM8916
1.4GHz
クアッドコア
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
外部メモリ microSDXC
最大128GB
microSDHC
最大32GB
画面サイズ 5.5インチ 5.0インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
720×1280
HD
背面カメラ 2100万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 3630mAh 2470mAh
通信(4G) B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41 B1/3/7/8/28/40
通信(3G) B1/2/5/6/8/9/19 B1/5/8/19
Wifi 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0 4.0
SIMサイズ nano-SIM micro-SIM
縦幅 148.0 mm 142.1 mm
横幅 75.0 mm 72.4 mm
厚み 10.9 mm 11.6 mm
重量 169 g 155 g
参考価格
(goo SimSeller)
44,200円 24,800円
参考価格
(Amazon)
57,800円 31,104円
スポンサーリンク

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSに違いがあります。

Moto Gの「 Android 5.1.1 」に対して、
Moto X Playは「 Android 6.0 」になります。

しかしこれはあくまでプリインストールされているバージョンで、
Moto GもAndroid 6.0アップデートに対応しているので同じバージョンにすることが出来ます。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「CPU」

CPUに最も大きな違いがあります。

Moto Gの「 1.4GHzクアッドコア 」に対して、
Moto X Playは「 1.7GHzオクタコア 」になります。

Moto GとMoto X Playに大きな価格差がある理由の一つがCPU性能です。
国内前作にあたるMoto Gは1.4GHzの4コアに対して、今回のMoto X Playは1.7GHzの8コアになります。
性能面で言うと間違いなくMoto X Playの方が上と言うことになります。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「外部メモリ」

ROMは両端末同様に 16GB となっておりますが、外部メモリの対応数に違いがあります。

Moto Gの「 32GB 」に対して、
Moto X Playは「 128GB 」になります。

外部メモリは外部ストレージのことで、MicroSDカードによる増設容量になります。
16GBの内部ストレージで容量が足らない方には重要なポイントです。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「画面」

画面サイズ及び画面解像度にも違いがあります。

Moto Gの「 5.0インチ 」に対して、
Moto X Playは「 5.5インチ 」になります。

5.0インチまでは片手操作が可能なサイズとも言えますが、
5.5インチディスプレイともなると大画面スマホの域と言えるでしょう。

また解像度についても、
Moto Gの「 720×1280/HD 」に対して、
Moto X Playは「 1080×1920/FHD 」になります。

解像度はカンタンに説明すると画面の縦横の点の数のことで、
このそれぞれの点に色を入れる事によって画面を映します。
当然縦横の点が多い程細かい所まで色を再現する事が出来るのでより画面はキレイに映ります。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「カメラ」

サブカメラに違いはありませんが、メインカメラ(背面)に違いがあります。

Moto Gの「 1300万画素 」に対して、
Moto X Playは「 2100万画素 」になります。

2100万画素はかなりの高画素といえるでしょう。現在国内で発売されているSIMフリースマホの中ではFREETELの「KIWAMI」と並んでトップの画素数になります。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

Moto Gの「 2470mAh 」に対して、
Moto X Playは「 3630mAh 」になります。

実際の連続使用時間の発表が無かったので実際値は分かりませんが、
とりあえず容量だけで言うと大きな差があります。

Moto X PlayとMoto Gの違いを比較「サイズ」

画面サイズやバッテリーサイズに違いがあるので、当然本体サイズに違いがあります。
厚み以外はMoto Gの方がコンパクトモデルとなっております。

Moto X PlayとMoto Gの価格比較

Amazonや楽天市場等の通販店での購入よりも、
goo SimSellerでの購入をおすすめします。
OCNモバイルONEの音声通話セットで通販店の単品価格よりも安く購入する事が出来ます。
また期間限定でキャンペーンを行っている場合があるので、購入を予定している方は事前にチェックしましょう。

ざっくりまとめると

Moto Gは「ある程度のスペックを有した低価格モデル」ながらに「防水対応」や「最新OS搭載」等その他機能も充実した端末で人気でした。
一方で今回のMoto X Playは「オクタコア」「5.5インチFHD」「2100万画素カメラ」「3630mAhバッテリー」とハイスペックな仕様の端末でそもそも両端末では全くタイプが違うことが分かりました。
しかしある意味で両端末共通していることは「コストパフォーマンス」が優れている点かと思われます。
低価格ながらにそれなりにスペックを有したコスパ端末Moto Gと、
ハイスペックながらにそれなりに価格を抑えたコスパ端末Moto Xです。
どちらを選ぶかは「スペック」と「価格」の2つのどちらに重きを置くかで変わってきますね。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly