スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

HUAWEI P10 liteは前作P9 liteからどこが進化したのか違いを比較!


2016年代のコスパ良端末と言えばHUAWEI製の「P9 lite」です。2017年の6月にP9 liteの後続モデルとして「P10 lite」が登場しました。
今回はそんな最新モデルP10 liteはその前作にあたるP9 liteからどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました。
P10 liteの購入を検討している方はもちろん、型落ちのP9 liteも安くで探している方も是非最後までご参考下さい!

P10 liteとP9 liteの比較

スペック比較表
名称 P10 lite P9 lite
画像
メーカー HUAWEI
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年6月 2016年6月
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Kirin 658
オクタコア
2.1GHz
1.7GHz
Kirin 650
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1200万画素 1300万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
デュアルSIM 対応 対応
DSDS
指紋認証 背面上部 背面上部
USB microUSB microUSB
機種サイズ
(縦幅)
146.5 mm 146.8 mm
機種サイズ
(横幅)
72 mm 72.6 mm
機種サイズ
(厚み)
7.2 mm 7.5 mm
機種重量 146 g 147 g
カラー サファイアブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
プラチナゴールド
サクラピンク(UQモバイル専売)
ゴールド
ホワイト
ブラック
価格 29,980円 22,800円
スポンサーリンク

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作P9 liteの「 Android 6.0 」に対して、
今作P10 liteは「 Android 7.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンではありますが一応紹介。
P10 liteではAndroid7.0に対応しているのでマルチウィンドウ機能が利用出来ます。画像のように画面を分割して各々のタスクを実行する事が出来るので非常に便利な機能です。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「CPU」

搭載されているCPUにも違いがあります。

前作P9 liteの「 Kirin 650 」に対して、
今作P10 liteは「 Kirin 658 」になります。

前作と同様に自社開発のKirinシリーズが採用されておりますが、今作ではマイナーアップグレードモデルが搭載されております。わずかではありますが性能が向上しています。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

前作P9 liteの「 2GB 」に対して、
今作P10 liteは「 3GB 」になります。

RAMもCPUに次ぐ動作面に影響を与える重要な部分です。特に同時動作に影響を与えると言われており、Android 7.0以降ではマルチウィンドウ機能などもあって同時動作に影響を与えるRAMの数値は非常に重要になっております。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「ROM」

搭載されているROMの容量にも違いがあります。

前作P9 liteの「 16GB 」に対して、
今作P10 liteは「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。前作のP9 liteでは16GBとかなり容量が少なかった所、今作では32GBまで増設されているのは良い進化ポイントですね。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「Wi-Fi」

今作P10 liteではWi-Fi5GHz帯に対応しております。
2.4GHz帯のみの対応だと他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「サイズ」

画面サイズは同じ「 5.2インチ 」なので、端末サイズ自体もほとんど同じサイズです。
今作P10 liteの方がわずかながらにコンパクト化しております。

P10 liteと前作P9 liteの違いを比較「デザイン」

どちらもデザイン性はとても高いですが、限定色も含めればP10 liteの方がカラーバリエーションはかなり豊富です。
当サイトでも人気色であるサファイアブルーを購入しましたが、非常に美しい色合いとフォルムでお気に入りです♪

HUAWEI P10 liteの開封レビュー!スペック良し・デザイン良し・価格安しの三拍子!

まとめると

今作のP10 liteでは「CPU」「RAM」「ROM」が全てわずかながらに強化されているのが印象的です。
その他の面ではほとんど変更点はありませんが、「Wi-Fi5GHz帯対応」や「カラバリ」等にも違いがあるので人によっては重要になるかもしれませんね。

価格自体は現行にあたるP10 liteの方が高くなっておりますが、どちらの端末も多くの格安SIMで採用されている人気の端末なので何らかのキャンペーンと絡めば安く入手できることもあるでしょう。

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。
Amazon「P10 lite」で検索する
楽天市場「P10 lite」で検索する
Yahoo!ショッピング「P10 lite」で検索する

Amazon「P9 lite」で検索する
楽天市場「P9 lite」で検索する
Yahoo!ショッピング「P9 lite」で検索する

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
P10 Lite(26,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~12月5日の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
DMMモバイルにてP10シリーズ大特化キャンペーン開催中!
P10 liteが期間限定で26,800円にて購入可能!
2017年8月31日(木)~2017年12月20日(水)の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中に「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年12月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。


[p9lite-camp]

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!