スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

HUAWEI P10 liteの開封レビュー!スペック良し・デザイン良し・価格安しの三拍子!


HuaweiからP9 liteの後続機として「P10 lite」が登場しました!
P10シリーズではリアデュアルカメラ+フロントカメラにライカレンズが採用されている「P10」と「P10 Plus」のライトモデルとして登場しており、P9 liteがコスパの高さから人気端末であったこともあり、今回のP10 liteは早くも注目が集まっております。
今回はそんなP10 liteの中でも一際目立つカラー「サファイアブルー」が届いたので、写真をメインに開封レビューしていきます!

早速開封!サファイアブルーは人気色!

▲箱はnovaやnova liteのように長方形でした

▲中身はコンパクトに収まっております

▲端末と同梱品に2箱が収納

▲「両面を2.5D曲面ガラスで覆い、ダイヤモンドカット加工メタルフレームを採用」と公式サイトに記載されています

goo SimSellergooSimSellerが安かったのでそちらで購入する予定でしたがサファイアブルーが売り切れていたので別で購入^^;

▲正直デザイン性はめちゃくちゃ高いです。反射が凄くて撮影が大変でした

▲正面右面はボリュームと電源ボタンが配置

▲正面左面はSIMトレイが配置

▲上面はイヤホンジャックが配置

▲底面はUSBポート(microUSB)とスピーカーが配置。

ディスプレイは5.2インチと程よいサイズ!

▲5.2インチFHD搭載と言うことで、程よいサイズで扱いやすさ重視

指紋認証センサーは従来配置

▲P10とP10 Plusでは前面下部配置とのことでしたが、P10 liteでは従来通り背面上部辺りに配置

DSDSには未対応なので注意

▲デュアルSIMには対応しているものの、国内DSDSは未対応

▲その辺りも踏まえると競合端末はやはりnova liteになるかもしれませんね

P10 liteで写真撮ってみました

▲P10 liteでは背面1200万画素と前面800万画素のカメラが採用

実際に何枚か適当にオートで撮影してみたので載せておきますね。

P10 lite
(クリックで拡大 3968px × 2976px)

カメラのインターフェイスはHuaweiお馴染みの仕様です。

P10 liteのカメラインターフェイス

P10 liteのオマケ紹介!

▲まずはACアダプター。出力は2アンペアで急速充電に対応

▲お次はmicroUSBケーブル

▲SIMピンはいつもよりも少し安っぽくなってしまいました

▲そしてHuaweiではお馴染みのイヤホンもセット!

▲何よりもありがたいのがこちら!クリアケースまでも

▲こちらは取説です

▲名称など最低限のことが記載されています

▲クリアケースはハード素材で良い感じですが、滑り止めに軽いドット柄のようなものがついています。端末本体のデザイン性が高いだけに、この辺りは折角のデザイン性の高さを損なう可能性があるので要注意。

P10 liteのベンチマークスコアは?

折角なのでAntutuとGeekのベンチマークスコアを測定してみました。

P10 liteのベンチマークスコア

ちなみに競合端末になりそうなnova liteとMoto G5のAntutuと比較してみるとこんな感じになります。

nova lite Moto G5

ベンチマークスコア自体は価格を考えればコスパの良い部類に入ります。
格安SIM専売モデルとして登場したnova liteと比べると多少劣るものの、デザイン性の高さやバッテリー性能を考えれば十分P10 liteを選ぶメリットがあります。

P10 liteを開封してみて

※反射の都合で端末が黒っぽく写っちゃいました^^;笑

今回P10 liteを開封してみて一番印象的だったのが「デザイン性の高さ」でした。
当サイトでは無難なカラーばかり購入してきましたが、今回明らかに異色を放っていたサファイアブルーを購入してみて個人的には大正解でした!
少し性能は下がってしまいますが現在サブ機として使用しているnovaの代わりに暫く使用してみる予定なので、今後も何か不具合やバグがあれば取り上げていこうと思います。

そしてスペック面で言えばP9 liteが圧倒的なコストパフォーマンスを誇っていただけに後続機として登場した今回のP10 liteもそのコスパ力に期待度が高まっていました。
実際にベンチマークスコアを測定してみたところ、間違いなくコスパは良いスマホの部類に入ります。
「コスパ良スマホ」で取り上げるとすればやはり最近の端末ではトップクラスの「nova lite」が存在するので、端末を探している方はそちらとの比較も大事です。
※後日比較記事作成してみました!
HUAWEI P10 liteとnova liteはどちらが良いのか違いを比較!

結論を言うと、「コスパ」と「デザイン性」の良さを両立したミドルクラスと言えるので、
「低価格」「コストパフォーマンス」「デザイン性」「扱いやすさ」「セット販売で安く入手」などの理由で端末を探している方にはかなり有力な候補になるでしょう。

P10 liteのグッズ特集記事もあるので端末を購入した方は合わせてご参考下さい!
HUAWEI P10 liteのおすすめカバー・ケース・フィルム特集

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
P10 Lite(26,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
DMMモバイルにてP10シリーズ大特化キャンペーン開催中!
P10 liteが期間限定で26,800円にて購入可能!
2017年8月31日(木)~2017年12月20日(水)の期間限定なのでお早めに。

新キャンペーン情報
2017年9月より【楽天モバイル】楽天モバイルにて
新料金プラン「スーパーホーダイ」が開始!
P10 liteも対象端末なので3年契約で9,980円~にて購入可能!

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中に「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!