スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

HUAWEI P9 liteと前作P8 liteの違いを比較してみました

Pocket

2016年7月時点で最もコスパの高い端末として脚光を浴びているHuaweiのミドルクラスSIMフリースマホ「P9 lite」ですが、当サイトでも一番推しているSIMフリースマホになります。当サイトのP9 liteの記事経由でP8 liteのクリックや購入が意外にも多いと言うデータもあって、今回は前作にあたるP8 liteとの比較記事になります。
同様にP8 liteもコスパの高い端末として2015年代で人気の端末でしたが、実際にどの様な部分が進化しているのか違いを比較してみましょう。

関連記事
HUAWEI P9 liteのスペック情報
2016年6月に登場したHUAWEI P9 liteの詳細情報を記載
HUAWEI P8 liteのスペック情報
2015年6月に登場したHUAWEI P8 liteの詳細情報を記載

P9 liteとP8 liteの違いを比較

スペック比較表
名称 P9 lite P8 lite
画像
メーカー Huawei
キャリア SIMフリー
発売時期 2016年6月 2015年6月
OS Android 6.0 Android 5.0
CPU Kirin 650
オクタコア
2.0GHz(4コア)
1.7GHz(4コア)
Kirin 620
オクタコア
1.2GHz(8コア)
RAM 2 GB 2 GB
ROM 16 GB 16 GB
外部ストレージ microSDXC
最大128GB
microSDHC
最大32GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1280×720
HD
背面カメラ 1300万画素 1300万画素
前面カメラ 800万画素
開口部 F2.0
500万画素
開口部 F2.4
バッテリー 3000mAh 2200mAh
連続待受 4G:約610時間
3G:約630時間
4G:約450時間
3G:約500時間
連続通話 3G:約1130分 3G:約780分
通信(LTE) Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 19
Band 28
Band 40
Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 19
Band 28
Band 40
通信(3G) Band 1
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
Band 1
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0
Wifi 802.11 b/g/n 802.11 b/g/n
機種サイズ
(縦幅)
146.8 mm 143 mm
機種サイズ
(横幅)
72.6 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
7.5 mm 7.7 mm
機種重量 147 g 131 g
カラー ゴールド
ホワイト
ブラック
ゴールド
ホワイト
ブラック
参考価格 32,378円 28,108円
スポンサーリンク

P9 liteと前作P8 liteの価格比較

発売時期が大よそ1年も違いがあるので、それなりに様々な箇所に違いがありますね。
発表価格こそ両端末3万円程度ですが、発売から年月が経っている分当然P8 liteの方が安くなっていきます。

この程度の価格差だという事を頭に残しておいて具体的な性能差を見ていきましょう。

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。
前作P8 liteの「 Android 5.0 」に対して、
今作P9 liteは「 Android 6.0 」になります。

※流石のHuaweiと言うことで現在ではP8 liteも6.0にアップデートされています

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「CPU」

CPUもバージョンアップしています。
前作P8 liteの「 Kirin 620 1.2GHz オクタコア 」に対して、
今作P9 liteは「 Kirin 650 2.0Ghz+1.7GHz オクタコア 」になります。

スペック差と言う意味では最も大きな違いはCPUの変更です。
キャリアスマホでも多数採用されているQualcomm製プロセッサではゲーム系(主に3D関係)グラフィック性能が非常に強力ですがコストがとても高いです。
一方でHuaweiが搭載しているHisilicon製プロセッサは省電力性能が高く単純なパフォーマンス性能も高い上にコストも安いです。Huaweiスマホのコスパの高さの理由の大部分がこのHisilicon製Kirinシリーズの搭載によるものです。

P8 liteの頃には既に情報が浸透しておりコスパの高さが存分に発揮されていましたが、今回P9 liteに搭載されているKirin650は価格の割にベンチマークスコアが非常に高くて注目を浴びています。当然Kirin 620からも大きく進化していています。

具体的なスペック差を示すと、AntutuのベンチマークスコアではP8 liteが大よそ35000ですが、P9 liteではなんと52000をマークしているのでKirinがいかに進化しているかが分かりますね。

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの最大数も進化しています。
前作P8 liteの「 32 GB 」に対して、
今作P9 liteは「 128 GB 」になります。

何らかの理由が無い限り大抵はROMの16GBで事足りますが、逆に言うと容量を沢山使う人は外部ストレージが32GBでも足らない場合が多いです。ようするには音楽ファイルや画像ファイル、動画ファイル等をスマホで管理する人ですね。特に動画のファイル容量は非常に重いので、人によっては128GBですらすぐに達してしまいます。
なので今回の外部ストレージの対応数の向上は、人によってはとても重要ですが人によってはどうでも良いと言った感じでしょうか。

スペック表にて対応規格がSDHCとSDXCに分かれていますが、その辺りは少しややこしいのでSDカードの購入を検討している方や興味のある方はこちらをご参考ください。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。
前作P8 liteの「 5.0インチ 」に対して、
今作P9 liteは「 5.2インチ 」になります。

画面サイズは0.2インチ程サイズアップ。重要なポイントとしては画面サイズよりも画面解像度です。
前作P8 liteの「 1280×720 (HD) 」に対して、
今作P9 liteは「 1080×1920(FHd) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数なので、点の数が多い程細かい所まで色を表現出来ます。肉眼で確認出来るレベルかと言われると賛否両論分かれておりますが、個人的にはHDとFHDは決定的な差があります。一度高解像度のディスプレイを味わってしまうと、低解像度ではかなりの違和感を感じることでしょう。

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「カメラ」

メインカメラの画素数は据え置きですが、サブカメラが強化されています。
前作P8 liteの「 500万画素 」に対して、
今作P9 liteは「 800万画素 」になります。

単純な画素数も向上しており、F値もより明るく2.0となっております。
最近の端末では本当にインカメラのみ強化と言うパターンが多いですね。それだけ需要があると言う事なのでしょう。

P9 liteと前作P8 liteの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量及び使用時間は大幅に向上。
前作P8 liteの「 2200mAh 」に対して、
今作P9 liteは「 3000mAh 」になります。

個人的にはこの「バッテリー」の差がとても大きく感じます。FHD搭載ながらに連続待受でこれほどに差が付いているのは大幅な進化ポイントと言えるでしょう。
実際の連続使用時間を見れば分かるように、P8 liteよりもP9 liteの方が圧倒的に優れています。

Bluetoothや指紋認証など機能面の進化

機能面の進化で言うとP9 liteでは「指紋認証」が新たに搭載されています。
様々な操作や認証で指紋認証を使うことが出来るので、便利さとセキュリティが向上したと言えます。
ちなみにP8 liteではmicroSIMとnanoSIMに対応していますが、P9 liteではnanoSIMのみの対応なので乗り換えを検討している方は注意。

結局P8 liteを選ぶユーザーはいるのか?

今回比較してみて分かったP9 liteの大きな進化ポイントは3つあります。

まずスペック面では CPU の変更が大きいです。
Antutuのベンチマークスコアで15000以上の差が出ているので、より快適な動作に期待出来ます。とは言ってもP8 liteも35000を記録しているので、P9 liteと同時期に発売されたSAMURAI REIが36000であることを考えると十分なスコア。
参考:SAMURAI REIとHUAWEI P9 liteの違いを比較してみました

そして2つ目は 画面解像度 の変更です。
HDとFHDの違いは記事中に軽く記載しましたが、人によっては違和感が尋常ではないです。進化ポイントと言う意味では間違いないでしょう。

最後は バッテリー性能 の大幅な向上です。
これは人によってはとかのレベルではなく間違いなく進化したポイントと言えます。そもそもP8 liteのレビューではバッテリー持ちの悪さへの不満がそれなりの数あったので、P9 liteで大幅に向上して一安心と言った感じです。

この3つのポイントに加えて指紋認証や機種サイズの違い、そして忘れてはいけないのが価格の違い、これらを加えてどちらを選ぶかを考えましょう。
個人的にはP9 liteをオススメします。理由としては上記にて記載した3つの進化ポイントが強烈な事と、指紋認証の搭載が大きいです。
実際のレビュー評価を参考しても、レスポンスとバッテリーへの高評価が本当に多いです。今回当サイトではP9 liteの方が圧倒的にお得だと言う判断をしましたが、実際にP8 liteを選ぶユーザーの意図はやはり価格なのでしょうか?

比較する前に思っていたのは、スマホを全く使わないライトユーザーにとってP9 lite程の性能は必要が無いので価格の安いP8 liteを選ぶのかと思っていましたが、実際に比較してみるとライトユーザーに人気の「バッテリー持ちの良さ」がP9 liteの方が圧倒的に上だったので、いよいよ分からなくなってしまいました!

とりあえず当サイトではP9 liteを推します!

楽天市場でP9 liteの価格を見てみる

P9 liteを取り扱っているサービスは沢山ありますが、【楽天モバイル】楽天モバイルBIGLOBE 格安SIM等のキャンペーンが多いサービスではより安く入手出来る場合があるのでチェックしてみて下さい。またセット販売に定評のあるgoo SimSellergooSimSellerでは期間限定のキャンペーンやオマケ付などのイベントがたまにあるので要チェック!

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてHUAWEI P9 liteが初夏の大特価キャンペーンで12,600円~購入可能!
2017年5月11日(木)10:00~2017年6月8日(木)9:59までの期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!