スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

AQUOS ZETA SH-01Gと前作AQUOS ZETA SH-04Fの違いを比較してみました

Pocket

ドコモから2014-2015冬春モデルとしてAQUOS ZETA SH-01Gが発売されます。
発売予定は11月中旬で、
何気にファンの多いAQUOS ZETAの新作と言う事で早くも注目が集まっています。
今回はそんなAQUOS ZETA SH-01Gと、
その前作にあたるAQUOS ZETA SH-04Fの違いを比較してみました。

関連記事
AQUOS ZETA SH-01Gのスペック詳細情報
NTTドコモのAQUOS ZETA SH-01Gのスペック詳細を記載。
AQUOS ZETA SH-04Fのスペック詳細情報
NTTドコモのAQUOS ZETA SH-04Fのスペック詳細を記載。


AQUOS ZETA SH-01GとAQUOS ZETA SH-04Fのスペック比較表

AQUOS ZETA SH-01G AQUOS ZETA SH-04F
画像
OS Android 4.4 Android 4.4
CPU MSM8974AB
クアッドコア
2.3GHz
MSM8974AB
クアッドコア
2.3GHz
液晶サイズ 5.5 インチ 5.4 インチ
解像度 1920×1200ドット
FHD
1920×1200ドット
FHD
RAM 2 GB 2 GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ microSDXC microSDXC
カメラ画素数 1310万画素 1310画素
バッテリー 3300mAh 3300 mAh
縦幅 141 mm 140 mm
横幅 76 mm 74 mm
厚み 9.5 mm 9.3 mm
機種重量 約- g 約154 g
スポンサーリンク

AQUOS ZETA SH-01Gと前作SH-04Fの違いを比較!「液晶」

解像度に変化は無いものの液晶サイズは0.1インチアップしました。
AQUOS ZETAの特徴として、「EDGEST」と言う画面のフレームを細くする技術で、
大画面スマホの割りに機種サイズをコンパクトに抑えているのですが、
今回のAQUOS ZETA SH-01Gも「EDGEST」により5.5インチの液晶を搭載しているものの、
比較的ボディサイズはコンパクトに押さえられています。

AQUOS ZETA SH-01Gと前作SH-04Fの違いを比較!「カメラ」

前作のAQUOS ZETA SH-04Fは、カメラ性能面の手ブレ補正に対応していませんでしたが、
今作のAQUOS ZETA SH-01Gは、レンズの位置制御により手ブレを抑える「光学式手ブレ補正」を採用し、手ブレ補正に対応しました。

AQUOS ZETA SH-04Fからココが進化!①

スペック面を見ると大した変化は無く見えますが、
その他機能面では様々な新機能を搭載しています。
例えば、Wi-FiとLTEへの同時接続に対応しており、
大きいファイルのダウンロードなどを高速に行う事が出来る上に、
Wifiの電波が悪い場合に、LTEに切り替わる機能なども搭載しています。

AQUOS ZETA SH-04Fからココが進化!②

ワンハンドアシストと言う新機能により、片手操作をサポートしてくれます。
一般的に4インチ~4.6インチ辺りをコンパクトモデル、5インチ以上を大画面モデル、5.5インチ~6.5インチ程度の物をファブレットと呼びますが、
AQUOS ZETA SH-01Gは今回ファブレットサイズの大画面スマホです。
片手操作をサポートしてくれるワンハンドアシスト機能は非常に重宝されそうですね。

AQUOS ZETA SH-01Gと前作SH-04Fの違いのまとめ

スペック面に大きな違いは無く、
特徴としてはAQUOS ZETAの「大画面スマホ」と言う分野をそのまま引継ぎ、
インチ数がわずかながらアップしています。
大画面スマホのデメリットとして「片手操作」が厳しいことが挙がりますが、
今回のAQUOS ZETA SH-01Gは「ワンハンドアシスト」と言う新機能を搭載しておりますし、
前作よりも使い勝手は間違いなく良くなっていることでしょう。
何気に白ロム端末としてAQUOS ZETAは人気が高いので、
今作のAQUOS ZETA SH-01Gも発売後の白ロム価格が気になるところですね。
また大きな変化と言う意味ではカラーバリエーションも大幅に変わりました。
前作SH-04Fのブラック・ホワイト・オレンジに対して、
今作SH-01Gはインディゴ、ホワイト、シアン、コラルの4色展開。
私は個人的に前作のオレンジがかなり好みだったのですが、
今作のシアンの様な明るめのデザインを好む方もいますので、
選択肢が単純に拡がったと捕らえて良いでしょう。

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

【当サイト推し】結局これからは「格安SIM」を活用するしかない【楽天モバイル】

大手キャリアの利用者にとって、意外と敷居が高いのが「格安SIM」への乗り換えですよね。
いろいろと調べるのが面倒だし、出来れば事を荒立てずに料金だけ安くなればいいのに。そんな感じじゃないですか?
しかし、結局スマホの月額料金を下げるにはこれからの時代「格安SIM」を上手く利用するしかありません。

参考までに私はワイモバの最も安い通話プラン(確か3000円ちょっと)と【楽天モバイル】楽天モバイルの900円で合計4,000円ちょっとで運用しております。サブ機を利用しての2台持ちで、データ通信は1GBと3.1GBの合計4.1GBで4,000円ちょっとなら十分安いですよね。
2台持ちかよ!って思った方もいるかもしれませんが、最近では「DSDS」と言う機能に対応したSIMフリースマホが続々と登場しているので、例えばドコモのカケホーダイのみ(2,700円だったかな?)と【楽天モバイル】楽天モバイルの3.1GBプラン900円で契約すれば月額3000円台+端末本体代1台分で済みます。

しかもこの「DSDS」に対応したSIMフリースマホ、キャリアスマホと比べても遜色ないほど出来が良いのに価格は高いモデルでも40000円程度で手に入ります。コスパに優れたミドルクラスだと2万円もあれば生活に支障のないどころか、快適な動作が期待出来る端末もちらほら出始めてますよ。

結局面倒なのは「端末選び」と「格安SIMの回線選び」です。
そんな方に向けた「セット販売」のサービスが格安SIMでは採用されております。
【楽天モバイル】楽天モバイルでは「セット販売」にかなり力が入っており、常に何らかのキャンペーンが実施されております。
タイミングさえ合えば物凄くお得に乗り換えることが出来るので、大手キャリアを未だに使っている方は是非是非一度のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly