スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

AQUOS ZETA SH-01Hと前作AQUOS ZETA SH-03Gの違いを比較してみました


シャープのハイスペックスマホAQUOS ZETAシリーズから、
最新モデルAQUOS ZETA SH-01Hが登場しました。
ドコモ2015-2016冬春モデルの中では唯一、
PREMIUM 4G利用時の下り速度が最大300Mbpsに対応している端末で、
早くも大注目のスマートフォンです。
今回はそんなAQUOS ZETA SH-01Hと前作にあたるAQUOS ZETA SH-03Gを比較してみました。

関連記事
AQUOS ZETA SH-01Hのスペック詳細情報
NTTドコモのAQUOS ZETA SH-01Hのスペック詳細を記載。
AQUOS ZETA SH-03Gのスペック詳細情報
NTTドコモのAQUOS ZETA SH-03Gのスペック詳細を記載。


AQUOS ZETA SH-01HとAQUOS ZETA SH-03Gのスペック比較表

AQUOS ZETA SH-01H AQUOS ZETA SH-03G
画像
OS Android 5.1 Android 5.0
CPU MSM8992
ヘキサコア
1.8GHz+1.4GHz
MSM8994
オクタコア
2.0GHz+1.5GHz
液晶サイズ 5.3 インチ 5.5 インチ
解像度 1920×1080ドット
FHD
1920×1080ドット
FHD
RAM 3 GB 3 GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ microSDXC:200GB microSDXC:128GB
カメラ画素数 背面:1310万画素
前面:800万画素
背面:1310画素
前面:210万画素
バッテリー 3100mAh 3000 mAh
縦幅 139 mm 141 mm
横幅 74 mm 76 mm
厚み 7.9 mm 8.3 mm
機種重量 約151 g 約150 g
スポンサーリンク

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの違いを比較!「CPU」

CPUに変更が入りました。
前作AQUOS ZETA SH-03Gの「スナドラ810(MSM8994) オクタコア」に対して、
今作AQUOS ZETA SH-01Hは「スナドラ808(MSM8992) ヘキサコア」になります。
ARROWS NXシリーズと同じように、
スナドラ810シリーズからスナドラ808シリーズにグレードダウン。
しかし808シリーズはとても評判が良く、
CPU数値は下がったものの、安定感と言う意味ではむしろグレードアップ?
810シリーズは少し不具合の報告もあったので、個人的には良い変更かと思います。

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの違いを比較!「液晶サイズ」

液晶サイズも変更されました。
前作AQUOS ZETA SH-03Gの「5.5インチ」に対して、
今作AQUOS ZETA SH-01Hは「5.3インチ」になります。
液晶サイズの変更で重要なポイントは、
液晶サイズを小さくしたことによって、機種本体がコンパクトになった点と、
それによって小さくなったものの、画面解像度に変更点なく、バッテリーが大容量化した点です。
これは大きなメリットなので、液晶サイズは下がったのにむしろメリットになっています。

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの違いを比較!「バッテリー」

先ほど記載しましたがバッテリーも大容量化しています。
前作AQUOS ZETA SH-03Gの「3000mAh」に対して、
今作AQUOS ZETA SH-01Hは「3100mAh」になります。
機種サイズがコンパクト化したものの、バッテリー容量が増えたのは良い点ですね。
しかも、CPUがグレードダウンしたことによって、バッテリー持ちは間違いなく今作SH-01Hの方が上でしょう。

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの違いを比較!「カメラ」

メインカメラは変更なく、サブカメラの画素数は大幅に上がりました。
前作AQUOS ZETA SH-03Gの「210万画素」に対して、
今作AQUOS ZETA SH-01Hは「800万画素」になります。
最近の端末は、SIMフリースマホにしろキャリア発売にしろ、
とにかくインカメラの性能が上がりがちです。
理由としてはやはりSNS等の流行で自撮りが増えたからでしょう。
どちらにせよ大幅に画素数が上がったのは大きなメリットです。

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの違いを比較!「サイズ/重量」

機種サイズはコンパクト化に成功。
液晶サイズが大きく起因することですが、これまた良い変更点です。
最近のスマホは大画面~ファブレット(5.5~6.0辺り)のハイスペック仕様の端末が多いので、
今回のような通常サイズながらスペックがそこそこ伴っている端末が、
ユーザーにとっても使いやすく、購入しやすいのではないかと思います。
そういう意味ではコンパクト化は間違いなくキャリア発売のスマホとしては重要なポイントです。
重量は1グラム程度ですが、上がってしまいましたが。

AQUOS ZETA SH-01Hと前作SH-03Gの比較・まとめ

変更点としてはARROWS NXと似たような感じですね。
CPUは安定性を優先したグレードダウン、
自撮りを考慮しての前面カメラの性能向上、
バッテリー容量も増え、CPUの都合でバッテリー持ちも前作より良く、
液晶サイズが下がったことによって、コンパクト化にも成功、
それでいて画面解像度はFHDを維持しました。
他のシリーズとの比較ではないので、なんとも言えませんが、
とりあえず前作からは間違いなく進化したモデルと言えるでしょう。
白ロムスマホ(中古スマホ)でも価格やスペックの要素から人気が高いので、
今作も是非おすすめ出来る端末となっています。

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

格安SIMを活用してスマホを料金を安く!

大手キャリアの利用者にとって、意外と敷居が高いのが「格安SIM」への乗り換えですよね。
いろいろと調べるのが面倒だし、出来れば事を荒立てずに料金だけ安くなればいいのに。そんな感じじゃないですか?
しかし、結局スマホの月額料金を下げるにはこれからの時代「格安SIM」を上手く利用するしかありません。

参考までに私はワイモバの最も安い通話プラン(確か3000円ちょっと)と【楽天モバイル】楽天モバイルの900円で合計4,000円ちょっとで運用しております。サブ機を利用しての2台持ちで、データ通信は1GBと3.1GBの合計4.1GBで4,000円ちょっとなら十分安いですよね。
2台持ちかよ!って思った方もいるかもしれませんが、最近では「DSDS」と言う機能に対応したSIMフリースマホが続々と登場しているので、例えばドコモのカケホーダイのみ(2,700円だったかな?)と【楽天モバイル】楽天モバイルの3.1GBプラン900円で契約すれば月額3000円台+端末本体代1台分で済みます。

しかもこの「DSDS」に対応したSIMフリースマホ、キャリアスマホと比べても遜色ないほど出来が良いのに価格は高いモデルでも40000円程度で手に入ります。コスパに優れたミドルクラスだと2万円もあれば生活に支障のないどころか、快適な動作が期待出来る端末もちらほら出始めてますよ。

結局面倒なのは「端末選び」と「格安SIMの回線選び」です。
そんな方に向けた「セット販売」のサービスが格安SIMでは採用されております。
【楽天モバイル】楽天モバイルでは「セット販売」にかなり力が入っており、常に何らかのキャンペーンが実施されております。
タイミングさえ合えば物凄くお得に乗り換えることが出来るので、大手キャリアを未だに使っている方は是非是非一度のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

    • とおりすがり
    • 2017年 1月 10日

    1920×1200ドットFHD って!

      • SmartIttetsu
      • 2017年 1月 10日

      間違いのご指摘ありがとうございます。修正させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!