スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

買って良かったSIMフリースマホ【2017年夏モデル版】


当サイトでは気になったSIMフリースマホをレビュー用にたまに購入します。レビュー記事作成後もしばらくはサブ機として扱う事が多くて、バッテリー持ちやタッチパネルの反応や不具合次第では勿論その後も私用として使います。
今回は購入したSIMフリースマホの中でも2017年夏モデルをメインに実際に私が今でも使用している端末を紹介します。
様々な端末を触って実際に扱いやすい物が手元に残った感じなのでまさに精鋭達です!
基本的にはコスパの優れたミドル~ミドルハイクラスを購入する事が多いのでタイプはかなり偏っており、またあくまで個人的に実機を扱った感想がメインになっております。
とりあえずは新し目のSIMフリーモデルを探している方に少しでも参考になれば嬉しく思います。

まずはド安定のコスパ良スマホ「HUAWEI P10 lite」

まずは「コスパ」に定評のあるP9 liteの後続モデル「P10 lite」を紹介。
前作同様に価格に見合わない性能で、大満足の端末です!
今でもサブ機として利用しており、そこそこ重いアプリをプレイしておりますがカクつくことなく安定です。
スペック・価格はもちろん満足の端末なのですが、個人的にはデザイン性の高さにも高評価をつけたいところです。サファイアブルーはとても美しくて圧巻です!
今のところバッテリー・指紋認証共に良好で、不具合も全く無いので文句無し。

スタンダードモデルのP10や更に上位モデルのP10 Plusではデュアルカメラが採用されているので、価格はかなり上がってしますがカメラ性能にこだわりたい方はそちらを選ぶのも有りかと。
DSDSが未対応なので、購入を検討している方は注意。

開封レビュー記事も合わせてどうぞ!
HUAWEI P10 liteの開封レビュー!スペック良し・デザイン良し・価格安しの三拍子!

2017年6月発売/Huawei製/29,980円(税抜)

格安SIM専売モデル「HUAWEI nova lite」

そんなP10 liteより先立って登場したHUAWEI製のもう一つのコスパ良スマホが「nova lite」です。
当初は格安スマホ専売モデルとして登場したこともあって、これまた価格に見合わない性能でコストパフォーマンスに優れているとすぐに人気端末に。
P10 liteの競合端末として共通する部分が非常に多いです。明確な違いを知りたい方は比較記事があるのでそちらをご参考下さい。
HUAWEI P10 liteとnova liteはどちらが良いのか違いを比較!

P10 liteと比べてほんのわずかに性能は劣ります(※ベンチマークスコアはほとんど同じ)が、その分価格も下がっているのでコスパで言うとどちらが上なのか難しいところです。
どちらも同価格帯、同性能の他端末と比べると飛びぬけてコスパが良いのでどちらもオススメです。

開封レビュー記事も合わせてどうぞ!
HUAWEI nova liteの開封レビュー!コスパが良すぎるSIMフリースマホの登場!

2017年2月発売/Huawei製/20,000円前後

ミドルハイクラスでイチオシ「HUAWEI nova」

そしてそのnova liteの上位モデルが「HUAWEI nova」です。
これまで紹介してきたP10 liteとnova liteは5.2インチですが、今回のnovaでは5.0インチディスプレイが採用されています。
スペックはよりグレードアップしており、コンパクトモデルで扱いやすくてオススメ。全体的にバランスも良くてサブ機の中で一番長く使っている端末です。
価格こそ少し上がりますが、もし予算に余裕があればこれまで紹介した2モデルよりも更にオススメです!
先ほどのnova liteもそうですが夏モデルと言うより冬春モデルなので少し古いですが、現役よりも現役な性能です!
こちらはDSDSにも対応しているのでより汎用性が高くて便利です。

開封レビュー記事も合わせてどうぞ!
写真で見るHUAWEI novaの開封レビュー!ベンチマーク64000超えのコンパクトスマホ!

2017年2月発売/Huawei製/37,980円(税抜)

ARVR体験が出来るスマートフォン「ZenFone AR ZS571KL」

「Tango」と「Daydream」に対応した世界初のモデルが「ZenFone AR ZS571KL」です。
CPUのSnapdragon 821や8GB(6GB)RAMの搭載などこれまで紹介した端末より段違いにハイスペックな仕様です。
動作面だけでなくVRAR機能などに伴った深度カメラの搭載やWQHDの採用など様々な面でハイクオリティな端末で、価格が非常に高いです!
ARVR体験に興味のある方はもちろんですが、単純にハイスペックなSIMフリーモデルを探している方にもオススメです。
何度も言いますが価格はかなり高いので、余裕のある方は是非^^;

開封レビュー記事も合わせてどうぞ!
ZenFone ARの開封レビュー!5.7型WQHDや8GBRAMに期待のファブレット!

2017年6月発売/ASUS製/99,800円(税抜) 82,800円(税抜)

まとめると

端末名 Antutu Geek4 価格
ZenFone AR 155452 1768
4253
99,800円
nova 64633 868
4142
37,980円
P10 lite 56576 813
3258
29,980円
nova lite 57458 819
3420
20,000円

上記はAntutuとGeekBench4のスコアです。購入した日に一発測定した数値になります。
ZenFone ARは圧倒的なスコアですがその分価格も高いのが分かります。
他の端末は非常にコスパが優れた端末ですが、こうやって表にしてみるとnova liteが少し有利な気がします。

今回は私が普段から使っている端末を紹介しました!
ZenFone ARは記事中に何度も言ったように価格が高いので微妙ですが、他の3端末はコスパが良くてとてもオススメです!
個人的な感想が強いですが、価格.comの満足度ランキングでも上位の端末ですし間違いはないと思います。
これからも入れ替わったらオススメの端末としてまた紹介しようと思います^^

期間限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてP10 lite割引キャンペーンが開催中!
P10 Lite(29,980円)をキャンペーン期間中にセット契約した場合、2,100円割引が適用!
2017年12月27日までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてウィンターセールが開催中!
P10 Lite(26,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年12月6日~2018年2月6日までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
DMMモバイルにてP10シリーズ大特化キャンペーン開催中!
P10 liteが期間限定で26,800円にて購入可能!
2017年8月31日(木)~2017年12月20日(水)の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて冬のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中に「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2018年1月9日までの期間限定なのでお早めに。


期間限定キャンペーン情報
DMMモバイルにて3,000円値下げキャンペーン開催中!
HUAWEI nova(34,800円)が台数限定で31,800円にて購入可能!

 
期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてウィンターセールが開催中!
nova lite(19,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年12月6日~2018年2月6日までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!