スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Softbankスマホで初心者におすすめのシリーズは?

Softbank
Pocket

ソフトバンクのスマートフォンと言えばiPhoneだった時代がありましたが、今ではAndroidの人気シリーズも加わってソフトバンクのスマホ選びにも様々な選択肢があります。
これからガラケーをスマートフォンに変えようと思っているいわゆるスマホ初心者の方にとって、ソフトバンクから回線を変える予定は無いけどスマホは欲しい!なんて方は多いと思います。
そんなスマホ初心者の方々に、
今回はソフトバンクから発売されているスマホのシリーズを紹介して、それぞれのシリーズのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。
あくまでスマホ初心者の方に向けた記事となります。

まずはその前に初心者用のスマホ用語とスマホの選び方

Softbankのスマホを解説する上で、
知っておきたい用語がいくつかありますので簡易的に記載しておきます。
「CPU」
スマホを解説する上で重要な用語です。
スマートフォンの動作を司る部分で、コアの数や数値で性能が変わります。
現在発売されているスマートフォンで言うと、
オクタコア(コア8つ)>クアッドコア(コア4つ)>デュアルコア(コア2つ)
「RAM/ROM」
RAMはメモリと呼ばれているもので、
普段パソコンを使っている方は分かりやすいかもしれません。
RAMもスマホの動作に関する部分なので、高ければ高い程良いです。
そしてROMはストレージのことです。カンタンに言うと容量ですね。
32GBと記載してあれば32GB分のデータを保存出来る、と言ったカンジです。
「画面解像度」
画面解像度もスマホを選ぶ上で非常に重要なポイントです。
スマホの液晶はドットと呼ばれる小さい点で表示するのですが、
この画面解像度と言うものはその点の縦横の数を記載したものです。
例えば、フルハイビジョン(FHD)と記載してあるものは、
1920×1080のドット数で表示する液晶のことになります。
現在のスマホで使われている液晶を簡易的に比較すると、
WQHD>FHD>HD と言う風になります。
「ハイスペック」
上記にて記載したような部分の性能が高いことを指します。
現在で言うと、オクタコア搭載、WQHD液晶搭載、その他機能も充実!
なんていうスマートフォンがあれば当然ハイスペックスマートフォンと呼ばれます。
よく見る単語で言うと「ハイスペックモデル」や「ハイスペックスマホ」などがあります。
これらは要するに高い性能を持つスマートフォンのことを指します。
この辺りの用語を軽く理解した上で、
あとはカメラ性能やバッテリー容量、防水対応、機種サイズ、デザイン、価格等を踏まえて、
自身にあったスマートフォンを選ぶ形になるでしょう。
例えば、
インターネットをよく使う予定があり、快適な動作が必須!って言う方は、
ハイスペックモデル」を選ぶべきですし、
アプリや動画の視聴をしまくるんだ!って言う方は、
画面解像度の高いモデル」を選ぶべきですし、
写真を撮ることが大好き!ペットのアルバムを作りたい!みたいな方は、
カメラ画素数が高く、レンズに好評のあるモデル」を選ぶべきですし、
スマホ自体そんなに使わないんだけど…って言う方は、
価格や機種サイズ、デザイン、バッテリー持ちの良い、等のポイントで選びましょう。
ようするにスマホ初心者でどのスマホを選ぶのかを考えている方に大事なポイントは、
「スマホにはそれぞれ特徴があり、自身の使い用途に合わせたものを選ぶ」ことです。

Softbankスマホのそれぞれのシリーズをかんたんに解説

現在Softbankから発売されているそれぞれのシリーズを解説していきます。
あまりに古い端末や現在では扱っていないシリーズなどは省きます。

Xperia シリーズ

ソニー製のスマートフォンで、
ドコモやAuでは古いシリーズから発売されていますが、
Z4シリーズではSoftbankからも発売されました。
特徴としてはスペックが高ハイスペックモデルが多いこととデザインに高評価が多いことです。
CPUの性能は最新モデルだと最新の物が搭載されていることが多く、
ハイスペックモデルと呼ばれる一つのポイントともなっています。
またカメラ性能も非常に高く、画素数だけで言うと発売されているスマホの中でもトップクラス。
気になる点としては画面解像度がFHDのスマホが多く、
WQHDを搭載しているモデルが少ないです。
そしてデザイン性の高さは言うまでもなくトップクラス!
(個人の偏見です…私がXperia大好きなので^^;)

Galaxyシリーズ

サムスン製のスマートフォンで、
こちらもドコモやAuでは昔から採用されていますが、
ソフトバンクでもS6 Edgeが採用されました。
これからも発売されていくのかは不明ですが、人気端末です。
特徴としては何よりもハイスペックモデルが多いことです。
デザインは賛否両論ながら、丸みを帯びたボディのデザインが好きな方にはオススメ。

AQUOS XXシリーズ

シャープ製のスマートフォンで、
ソフトバンクからのみ発売されているモデル。
大画面かつデザインに高評価が多い端末です。

AQUOS CRYSTALシリーズ

シャープ製のスマートフォンで、
デザイン性の高いフレームレス構造が最大の特徴で、
最近のモデルでは防水にも対応しています。

AQUOS XX miniシリーズ

シャープ製のスマートフォンで、
AQUOS XXのコンパクトモデルのスマホ。
最近のスマホはサイズが非常に大きいので、
「コンパクトモデル」と言うだけでも大きな特徴となり得ます。
かんたんに片手で操作がしたい!なんて方にはおすすめのシリーズかもしれません。
最近では最新モデルが発売されていないので、
これからも新製品が発売されていくのかは不明です。

Nexus シリーズ

Google製スマートフォンで、
Nexus 6が大人気の端末だっただけに後続機がソフトバンクから登場して驚き。
これからもシリーズとしてソフトバンクで登場するのかは分かりませんが、
現在発売しているNexus 6Pに関してはハイスペックの良スマホです。

シンプルスマホシリーズ

ガラケーで言うところのらくらくフォン的な立ち位置の端末。
とは言えスマートフォンだけあってそれなりにスペックは搭載。

iPhoneシリーズ

アップル製のスマートフォンで、
ソフトバンクの代表端末とも言える人気。
かなりの万能で、初心者からスマホ好きまで幅広くシェアされているスマホ。
ファンも多く、グッズや説明本なども多数販売されています。
特徴としては、やはりアップル製品と言う圧倒的ブランド力、
そしてスペック関連諸々すべてにおいて平均点が高く感じます。
大型化しているスマホ端末の中、そこまで機種サイズが大きくないのもメリット。

Softbankスマホを比較で選ぼう!

と言ったように、Softbankスマホにも様々なシリーズがあり、
どのスマホを選ぶか選択肢が多数ありますね。
それぞれの特徴を捉えた上で選択するわけですが、
当サイトで昔からずっと言っているスマホを選ぶ際の注意点としては、
「ショップで実機を触ってみる」です。
一部のエリアやオンラインで購入するSIMフリーモデルと違い、
ソフトバンクはショップに行けば端末に触ることが簡単に出来ます。
今回のような記事でお気に入りの端末を見つけて、
実際にショップで触って質感などを確認しましょう。
また、スマホデビューをした方やこれからする方に、
スマホ初心者向けの記事も記載しておりますので、
興味のある方はこちらをご参考ください。
スマホの選び方

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly