スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Au2015年夏モデルURBANO V02と前作URBANO V01を比較してみました

Pocket

Auから2015年夏モデルとしてURBANO V02が発売されます。
発売予定は2015年7月で、製造メーカーは京セラです。
防水、防塵、耐久性に特化したスマートフォンで、前作のV02の耐久性に加えて、
耐振動、温度耐久に対応したスマートフォンとなっております。
代わりに全体的なスペックがむしろ下がっているので、
スペックを落とし価格を下げ、その分耐久に特化したスマートフォンで、
求める人に需要が出そうなスマートフォンですね。
今回はそんなURBANO V02と前作のURBANO V01を比較してみました。

関連記事
URBANO V02のスペック詳細情報
Au by KDDIのURBANO V02のスペック詳細を記載。
URBANO V01のスペック詳細情報
Au by KDDIのURBANO V01のスペック詳細を記載。


URBANO V02とURBANO V01のスペック比較表

URBANO V02 URBANO V01
画像
OS Android 5.0 Android 4.4
CPU 1.4GHz クアッドコア 2.3GHzクアッドコア
液晶サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
解像度 1920×1200ドット
FHD
1920×1200ドット
FHD
RAM 2 GB 2 GB
ROM 16GB 16GB
カメラ画素数 1300万画素 1300万画素
バッテリー 2200mAh 3000 mAh
縦幅 146 mm 141 mm
横幅 72 mm 70 mm
厚み 8.2 mm 10.6 mm
機種重量 約?? g 約155 g
スポンサーリンク

URBANO V02と前作 URBANO V01の違いを比較!「CPU」

廉価版との噂もある所以がココです。
前作URBANO V01の「2.3GHzクアッドコア」に対して、
今作URBANO V02は「1.4GHzクアッドコア」になります。
CPU性能は確実に前作よりも劣ります。

URBANO V02と前作URBANO V01の違いを比較!「バッテリー」

バッテリー容量も大幅に減少しました。
前作URBANO V01の「3000 mAh」に対して、
今作URBANO V02は「2200 mAh」になります。
バッテリー容量の数値がそのままバッテリー持ちの良さかと言うとそうではありませんが、
これだけ差があると前作のV01方が駆動時間は長いでしょう。

URBANO V02と前作URBANO V01の違いを比較!「機種サイズ」

スペックが下がったにも関わらず、機種サイズは上昇しました。
おそらく理由としては新たに耐振動、温度耐久に対応したからではないでしょうか。
縦幅と横幅は上昇しましたが、厚みは薄くなりました。

URBANO V02と前作URBANO V01の比較・まとめ

URBANO V02と前作URBANO V01の比較のまとめですが、URBANO V02はV01の廉価版です。
そして耐久性はかなり上昇していますので、
耐久性に特化した端末をお探しの方には良い端末になりそうです。
最も重要なポイントとしては価格ですね。
価格が高ければ微妙な端末なので、発表される価格に期待しましょう。
下記の記事にてAu2015年夏モデルの比較を行っておりますので興味ある方はご参考下さい。
Au2015年夏モデル比較・まとめ

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

【当サイト推し】結局これからは「格安SIM」を活用するしかない【楽天モバイル】

大手キャリアの利用者にとって、意外と敷居が高いのが「格安SIM」への乗り換えですよね。
いろいろと調べるのが面倒だし、出来れば事を荒立てずに料金だけ安くなればいいのに。そんな感じじゃないですか?
しかし、結局スマホの月額料金を下げるにはこれからの時代「格安SIM」を上手く利用するしかありません。

参考までに私はワイモバの最も安い通話プラン(確か3000円ちょっと)と【楽天モバイル】楽天モバイルの900円で合計4,000円ちょっとで運用しております。サブ機を利用しての2台持ちで、データ通信は1GBと3.1GBの合計4.1GBで4,000円ちょっとなら十分安いですよね。
2台持ちかよ!って思った方もいるかもしれませんが、最近では「DSDS」と言う機能に対応したSIMフリースマホが続々と登場しているので、例えばドコモのカケホーダイのみ(2,700円だったかな?)と【楽天モバイル】楽天モバイルの3.1GBプラン900円で契約すれば月額3000円台+端末本体代1台分で済みます。

しかもこの「DSDS」に対応したSIMフリースマホ、キャリアスマホと比べても遜色ないほど出来が良いのに価格は高いモデルでも40000円程度で手に入ります。コスパに優れたミドルクラスだと2万円もあれば生活に支障のないどころか、快適な動作が期待出来る端末もちらほら出始めてますよ。

結局面倒なのは「端末選び」と「格安SIMの回線選び」です。
そんな方に向けた「セット販売」のサービスが格安SIMでは採用されております。
【楽天モバイル】楽天モバイルでは「セット販売」にかなり力が入っており、常に何らかのキャンペーンが実施されております。
タイミングさえ合えば物凄くお得に乗り換えることが出来るので、大手キャリアを未だに使っている方は是非是非一度のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly