スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Xperia XZと前作Xperia X Performanceの違いを比較してみました


ソニーからXperia Xシリーズの上位モデルにあたるXperia XZが登場しました。国内での登場も予定されており、前作にあたるXperia X Performanceからどの様な進化を遂げたのか、今回両端末の違いについて比較してみます。
※例としてXPはドコモ版を取り上げます

関連記事
Xperia XZのスペック情報
Xperia XZの詳細情報を記載
Xperia X Performance SO-04Hのスペック情報
Xperia X Performance SO-04Hの詳細情報を記載

Xperia XZとXperia X Performanceの違いを比較

スペック比較表
名称 Xperia XZ Xperia X Performance
画像
メーカー ソニー
キャリア 不明
発売時期 2016年10月 2016年6月
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU MSM8996
クアッドコア
2.2GHz
MSM8996
クアッドコア
2.2GHz
RAM 3 GB 3 GB
ROM 32 GB
64 GB
32 GB
外部ストレージ microSDXC
最大256GB
microSDXC
最大200GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 2300万画素 2300万画素
前面カメラ 1300万画素 1320万画素
バッテリー 2900mAh 2570mAh
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
機種サイズ
(縦幅)
146 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
72 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
8.1 mm 8.6 mm
機種重量 161 g 165 g
カラー Forest Blue
Mineral Black
Platinum
ホワイト
グラファイトブラック
ライムゴールド
ローズゴールド
スポンサーリンク

Xperia XZの分かりやすい進化ポイント

Xシリーズの最上位モデルとして登場したXZですが、上記の比較表を見て分かる通りスペック表ではそこまで大きな変更点はありません。
まず分かりやすい変更点として、ROM64GBモデルが存在することと、画面サイズが5.2インチに変更されているところ、そしてバッテリーが大型化している所です。

特に目立つ変更点としては画面サイズとバッテリー容量ですね。バッテリー容量に関しては後ほど紹介しますが、機能面でも新機能が搭載されており、かなり期待出来ます。

Xperia XZのコンセプトとカメラ機能

最上位モデルと言うことで「Z」が付いたXperia XZですが、最大の進化ポイントと言えばやはりカメラ機能です。
まずはレーザーAFの採用により暗所でのフォーカス性能が向上とのこと。それに加えてRGBC-IRセンサーの搭載により赤外線を使いホワイトバランスの誤認識を改善したとのことです。そして最後に5軸手ブレ補正に対応した所も進化ポイントと言えるでしょう。

この様にXperia XZではXperia X PerformanceのISO 12800イメージセンサであったり先読みオートフォーカス等の便利な機能に加えてカメラ性能が大幅に向上していることが分かります。
最上位モデルと言う事で動作面への期待が高かったですが、最も大きな進化ポイントはカメラ性能の向上と言えるでしょう。

新機能「Battery Care」への期待

またXperia X Performanceからの進化と言う意味では目玉的な機能が一つあります。それが「Battery Care」です。
バッテリーを充電したまま放置するとバッテリーが劣化してしまうのは一部のユーザーには周知の事実で、放電と充電を繰り返すことが原因とも言われています。
今回の「Battery Care」は使用者の生活パターンを把握し、寝る前に充電した場合に起床時に充電が満タンになるように途中の充電速度を弱めてくれます。これによりバッテリーの劣化を防いで結果的にバッテリーの寿命の長さに繋がります。

まとめると

Xperia XZの特徴としては「カメラ」「バッテリー」の面が非常に大きく変更されているところです。それに加えて画面サイズやROM等の細かい部分の変更もあります。
また今回紹介しておりませんがカラーバリエーションも「フォレストブルー」と言う新カラーが登場。一部ユーザーで人気のパープルカラーは今回も見送られているものの、青系の新色に注目が集まっております。
国内で恐らくは3キャリアが採用すると思われますが、価格や発売後の評判にも期待です。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!