スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Xperia XZ1は前作XZsからドコが進化したのか違いを比較!


3大キャリアから2017-2018年冬春モデルのソニー製スマホ「Xperia XZ1」が登場しました。
Xperiaのスタンダードシリーズは国内でも長く人気のシリーズとなっており、最新モデルの登場に注目が集まっています。
今回はそんなXperiaシリーズの前作にあたる「Xperia XZs」からどの様な部分が進化したのかスペックの違いを比較してみました。
※当記事では例としてドコモ版を取り上げます

Xperia XZ1とXperia XZsの比較

スペック比較表
名称 Xperia XZ1 Xperia XZs
画像
メーカー ソニー
キャリア Au
Softbank
Docomo
発売時期 2017年11月 2017年6月
OS Android 8.0 Android 7.1
CPU Snapdoragon 835
MSM8998
オクタコア
Snapdoragon 820
MSM8996
クアッドコア
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1920×1080
FHD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1920万画素 1920万画素
前面カメラ 1320万画素 1320万画素
バッテリー 2700mAh 2900mAh
連続待受時間 LTE:約420時間
3G:約460時間
LTE:約590時間
3G:約650時間
連続通話時間 約1170分 約1220分
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
生体認証 指紋 指紋
ハイレゾ 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
148 mm 146 mm
機種サイズ
(横幅)
73 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
7.4 mm 8.1 mm
機種重量 156 g 161 g
カラー ムーンリットブルー
ウォームシルバー
ブラック
ヴィーナスピンク
ブラック
ウォームシルバー
アイスブルー
シトラス
スポンサーリンク

Xperia XZ1と前作XZsの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作Xperia XZsの「 Android 7.1 」に対して、
今作Xperia XZ1は「 Android 8.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

Xperia XZ1と前作XZsの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

前作Xperia XZsの「 Snapdoragon 820 」に対して、
今作Xperia XZ1は「 Snapdoragon 835 」になります。

今回もクアルコム社のハイスペック向けプロセッサのスナドラ8xxシリーズが採用されています。Xperia XZ1では前作のスナドラ820からアップグレードしたスナドラ835が搭載されています。
これによってパフォーマンスは前作よりも向上しているかと思われます。

Xperia XZ1と前作XZsの違いを比較「ROM」

ROMの容量にも違いがあります。

前作Xperia XZsの「 32GB 」に対して、
今作Xperia XZ1は「 64GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで、端末本体のファイルを保存できる容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理している方には大容量が必要になります。

Xperia XZ1と前作XZsの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

前作Xperia XZsの「 2900mAh 」に対して、
今作Xperia XZ1は「 2700mAh 」になります。

バッテリーに関しては、容量も連続使用時間も前作より劣っています。

Xperia XZ1と前作XZsの違いを比較「サイズ」

端末サイズはわずかながらに変更されており、縦横少しずつ大型化しています。そして厚みは7mm薄型化に成功しており、重量も5g軽量化されています。

まとめると

大きく進化したポイントとしてはやはりプロセッサのアップグレードでしょうか。
XZ1に搭載されているスナドラ835は2017-2018年冬春の時点では間違いなく国内最上位のパフォーマンスを誇ります。

後はストレージの容量が増えたところや、背面側面が一枚板(凹型?バスタブ型?)で設計されたことによる強度の向上、またそれに伴った厚みの薄型化に成功しています。
カメラは前作から引き続き「Motion Eye」機能が搭載されており、先読み撮影などが可能となっております。追加機能として「3Dクリエイター」撮影も可能に。

バッテリー性能は微妙に思えたのでレビュー評価を色々と拝見してみましたが、思ったよりも評判が良かったです。価格.comでのレビュー評価もかなり高かったので安心です。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!