スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeはどちらが良いのか違いを比較

Pocket

2015年夏モデルとして「Xperia Z4」が発売します。
注目すべき点としては、ドコモ、ソフトバンク、Au、3キャリアの全てから発売されることです。
iOSのiPhoneでお馴染みのソフトバンクからも発売されることに注目が集まっています。
そして3キャリアから同時期に発売された「Galaxy S6 Edge」もまた、
3キャリアから発売されたスマホとして注目されました。
ソニーのXperiaZ最新作と、サムスンのGalaxyS最新作、
両シリーズ共に常に最新のスペックが投入されるハイスペックモデルが売りです。
今回はそんな3キャリアから発売されているハイスペックモデル2機種を比較し、
どちらを選ぶべきなのかを検討していきたいと思います。
(例としてドコモのXperia Z4 SO-03GとGalaxy S6 Edge SC-04Gを取り上げます)

関連記事
Xperia Z4 SO-03Gのスペック詳細情報
NTTドコモのXperia Z4のスペック詳細を記載。
Galaxy S6 Edge SC-04Gのスペック詳細情報
NTTドコモのGalaxy S6 Edgeのスペック詳細を記載。


Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeのスペック比較表

Xperia Z4 Galaxy S6 Edge
画像
OS Android 5.0 Android 5.0
CPU MSM8994
オクタコア
(2.0GHz+1.5GHz)
Exynos7420
オクタコア
2.1GHz+1.5GHz
液晶サイズ 5.2 インチ 5.1 インチ
解像度 1080×1920 FHD
424bpi
1440×2560 WQHD
577bpi
RAM 3 GB 3 GB
ROM 32 GB 64 GB(Auは32GBも可)
外部ストレージ microSDXC:200GB microSDXC:128GB
カメラ画素数 背面:2070万画素
前面:510万画素
背面:1600画素
前面:500万画素
バッテリー 2930mAh 2600 mAh
縦幅 146 mm 142 mm
横幅 72 mm 70 mm
厚み 6.9 mm 7.0 mm
機種重量 約144 g 約132 g
防水機能 ×
スポンサーリンク

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「CPU」

Xperia Z4 「Snapdragon 810 MSM8994」
2GHzクアッド+1.5GHzクアッドのオクタコアを搭載。
Galaxy S6 Edge 「Exynos7420」
2.1GHzクアッド+1.5GHzクアッドのオクタコアを搭載。

単純な数値としては、
CPU性能はGalaxy S6 edgeのほうが 5% 速いです。

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「カメラ」

Xperia Z4 「CMOSセンサーExmor RS+画像処理回路BIONZ・Gレンズ」
メインカメラは2070万画素、サブカメラは510万画素。
広角(焦点距離) 25mm / F値 2.0 / 手ぶれ補正 電子式
Galaxy S6 Edge 「F値1.9の明るいレンズに光学+電子手ブレ補正機能」
メインカメラは1600万画素、サブカメラは500万画素。
広角(焦点距離) 28mm / F値 1.9 / 手ぶれ補正 電子式+光学式

単純な画素数の数値としては、
Xperia Z4のほうが 23% 高いです。
前作のGalaxy S5は暗いところでの撮影に不評がありましたが、
今回のGalaxy S6 Edgeでは明るさ・画角ともにかなり良くなりました。
そしてXperia Z4は明るさがGalaxy S6 Edgeと比べると劣るものの、
非常にバランスが良く広角化もかなり頑張りました。
両機種ともに言えることは非常にバランスが良くて高性能だということです。

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「解像度」

Xperia Z4 「FHD」
1080×1920 FHD / 424dpi
Galaxy S6 Edge 「WQHD」
1440×2560 WQHD / 577dpi

決定的な違いと言っても過言では無いポイントです。
Xperia Z4のFHDに対して、Galaxy S6 EdgeはWQHDです。
解像度は画面の縦横のドットの数のことで、画像の精細さに違いが出ます。
実際に、画像の精細さを現すdpiではGalaxy S6 Edgeのほうが圧倒的上になります。

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「メモリ/ストレージ」

Xperia Z4 「3GB / 32GB」
Xperia Z4は3キャリア共にRAM3GBのROM32GBです。
Galaxy S6 Edge 「3GB / 64GB」
AuからのみROM32GBモデルを選ぶことが出来ます。
3キャリア共にRAM3GBのROM64GBのモデルが基本になります。

単純なROMの数値としては、
Galaxy S6 edgeのほうが 50% 多いです。
ROMは内部ストレージのことで、
ようするに画像や音楽などのファイルを保存できる容量のことです。
普通に扱っていればむしろ32GBまで行かないので、
こだわりがある方以外はスルーしても大丈夫かもしれません。
何らかの理由で大容量ストレージが必要な方には64GBのGalaxy S6 Edgeの方が良いです。

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「バッテリー」

Xperia Z4 「2930 mAh」
連続待受時間 480 時間 /連続待受時間4G 470 時間
Galaxy S6 Edge 「2600 mAh」
連続待受時間 440 時間 /連続待受時間4G 400 時間

単純なバッテリー容量の数値としては、
Xperia Z4 のほうが 11% 大きいです。
そして上記の最大待ち受け時間からも分かる通り、
バッテリー持ちの良さもXperia Z4の方が良いです。
理由としては各々の省電力の性能も関係してきますが、
画面解像度に理由があります。
Xperia Z4のFHDに対してGalaxy S6 EdgeはWQHDなので、
画面に映すドットの数が多いです。
これにより、少なからずバッテリー持ちの良さに繋がってしまいます。
WQHDは大きなメリットですが、このような所で意外にデメリットになったりもします。

Xperia Z4とGalaxy S6 Edgeの違いを比較!「機種サイズ」

Xperia Z4 「薄型コンパクトモデル」
縦幅:146.0 mm
横幅:72.0 mm
厚み:6.9 mm
重さ:144.0 g
Galaxy S6 Edge 「軽量モデル」
縦幅:142.0 mm
横幅:70.0 mm
厚み:7.0 mm
重さ:132.0 g

まずはXperia Z4とGalaxy S6 Edgeのディスプレイサイズに違いがあります。
Xperia Z4の5.2インチに対してGalaxy S6 Edgeは5.1インチです。
どうしても機種サイズは液晶サイズに関係します。
Galaxy S6 Edgeの軽量化にも驚きがありますが、
個人的にはXperia Z4の厚みに驚きです。
5.2インチ液晶を搭載している端末の中ではトップクラスの薄型では無いでしょうか。

Xperia Z4 と Galaxy S6 Edgeの違いを比較まとめ

また記事中には記載できませんでしたが、
Xperia Z4は防水対応しています。
そしてこちらもまた記事中に記載できませんでしたが、
Galaxy S6 EdgeはMicroSDカード非対応です。
話を戻しますが両機種どちらを購入すべきかと言う話ですが、
結局は個人が気に入った方を選ぶことになります。
上記の比較でスペックの違いはかなり理解出来たかと思われますが、
個人的に重要なポイントとしては「デザイン性」です。
両端のエッジスクリーンを搭載しているGalaxy S6 Edgeと、
高級感のある角型ボディのXperia Z4。
私はXperiaシリーズをずっと愛用していますので(今はNexus6に浮気していますが)
個人的にはXperia Z4のデザイン性の高さは保証出来ます。
高級感の溢れるそのボディに感動すら覚えます。
どちらを購入すべきか、一度ショップで手にとってから考えても良いかもしれませんね。

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

【当サイト推し】結局これからは「格安SIM」を活用するしかない【楽天モバイル】

大手キャリアの利用者にとって、意外と敷居が高いのが「格安SIM」への乗り換えですよね。
いろいろと調べるのが面倒だし、出来れば事を荒立てずに料金だけ安くなればいいのに。そんな感じじゃないですか?
しかし、結局スマホの月額料金を下げるにはこれからの時代「格安SIM」を上手く利用するしかありません。

参考までに私はワイモバの最も安い通話プラン(確か3000円ちょっと)と【楽天モバイル】楽天モバイルの900円で合計4,000円ちょっとで運用しております。サブ機を利用しての2台持ちで、データ通信は1GBと3.1GBの合計4.1GBで4,000円ちょっとなら十分安いですよね。
2台持ちかよ!って思った方もいるかもしれませんが、最近では「DSDS」と言う機能に対応したSIMフリースマホが続々と登場しているので、例えばドコモのカケホーダイのみ(2,700円だったかな?)と【楽天モバイル】楽天モバイルの3.1GBプラン900円で契約すれば月額3000円台+端末本体代1台分で済みます。

しかもこの「DSDS」に対応したSIMフリースマホ、キャリアスマホと比べても遜色ないほど出来が良いのに価格は高いモデルでも40000円程度で手に入ります。コスパに優れたミドルクラスだと2万円もあれば生活に支障のないどころか、快適な動作が期待出来る端末もちらほら出始めてますよ。

結局面倒なのは「端末選び」と「格安SIMの回線選び」です。
そんな方に向けた「セット販売」のサービスが格安SIMでは採用されております。
【楽天モバイル】楽天モバイルでは「セット販売」にかなり力が入っており、常に何らかのキャンペーンが実施されております。
タイミングさえ合えば物凄くお得に乗り換えることが出来るので、大手キャリアを未だに使っている方は是非是非一度のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2015年 6月 09日

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    S6の厚みがおかしいですよ。

    • スマート一徹
    • 2015年 6月 10日

    SECRET: 0
    PASS: 63ee451939ed580ef3c4b6f0109d1fd0
    ご指摘頂きありがとうございます。
    訂正させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly