スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ワイモバイルのスマートフォン料金プラン比較-最安値はおいくら?

waimoba
Pocket

冒頭文。



ワイモバイルの料金プランの基本チェック

ワイモバイルのスマートフォンの料金プランは、
・スマホプランS
・スマホプランM
・スマホプランL

の3種類になります。
ワイモバイルに興味を持った方は、
スマホプランSがコミコミで月額2,980円
と言うキャッチフレーズを見たことがあると思います。
実際には多少異なっており、
スマホプラン自体はいくつかの条件を満たすことによって、
月額がコミコミ2,980円と達します。
条件自体はとてもハードルが低いので、基本的には乗り越える事が出来ます。
①2年間の契約期間(俗に言う2年縛りってやつです)
②ソフトバンク以外からの乗り換え

①の契約期間を設けない場合は、月額5,480円となり、
②の乗り換えを利用しない場合は、スマホプラン割引が適用されないので、
25ヶ月間の月額1,000円の割引を受けることが出来ません。
この2つの条件をまとめると、
ソフトバンク以外のキャリアからワイモバイルに乗り換えて、
2年間の契約期間を設けることで、月額2,980円からの格安プランを利用する事が出来ます。

ちなみにこれは他のスマホプランでも同じ事なので、
2年縛りでもソフトバンクからの乗り換えはスマホプラン割引が適用されないので、
25ヶ月間の月額1,000円割引を受けることが出来ません。

ワイモバイルの音声通話プラン

ワイモバイルに選べる音声通話プランは無く、
基本使用料、ネット接続料、データ通信プラン全てコミコミの、
スマホプラン3種類になります。

ワイモバイルの音声通話プランは、
10分以内の通話が月300回まで全て無料で、
10分超過した場合の通話料金が、20円/30秒になります。

そしてカケ放題のプランはありませんが、オプションにて加入する事が出来ます。
スーパーだれとでも定額(月額1,000円~)への申し込みで可能。
加入することによって国内の通話が全て無料になります。

ワイモバイルのスマホプランを比較

スマホプランS 1GB 2,980円
スマホプランM 3GB 3,980円
スマホプランL 7GB 5,980円

ワイモバイルのスマホプラン3種類は、とりあえずは安いです。
特に、スマホプランSに限っては3キャリアと比べると明らかに特徴的なプランで、
ワイモバイルを選ぶ人の何割かはこのプランに興味を持つことでしょう。
あまりインターネットを使わない方、あまり音声通話を使わない方、
または両方当てはまる方にとって、通信量が1GBのかけ放題以外の音声通話プランを選ぶことが出来るのは、
非常に大きな利点で、ワイモバイル自体のメリットとなります。

ワイモバイルのメリット・デメリット

メリットは上記でも記載した通りに、
通信量・音声通話プランが低ランクの物を組み合わせることの出来る、
スマホプランSを選択出来ることがとても大きいです。
これによって3大キャリアを含んだスマホの月額料金は、
圧倒的に最安値プランと言うことになります。
そしてデメリットは、選べる端末の少なさです。
Docomo/Au/Softbankのように、最新のiPhoneや、最新のAndroid端末があるわけではなく、安いモデルがかなり多いです。
唯一とも呼べるハイスペックモデルのNexus6も液晶サイズが6インチのファブレットモデルなので、人によってはかなり使い勝手が悪いです。
ちなみにワイモバイルではSIMロック解除端末を、
そのまま持ち込みで契約する事が出来ます。
手数料が多少かかりますが、ワイモバイルには選べる端末が少ないので、
自身で端末を購入したり、乗り換え前の端末をそのまま使うことが出来ます。
多少限定的ではありますが、使える端末は公式サイトにて確認出来ます。
他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

ワイモバイルの料金プラン比較まとめ

ワイモバイルの料金プランはとても分かりやすく、
パターンとしてはスマホプラン3種類にカケ放題の定額サービスを付けるかどうかです。
基本的に安い料金設定、また選べる端末も安いモデルが多いので、
料金プラン+端末+オプションの合計金額でも、月額3,000円~4,000円台を実現することが出来ます。
大手のスマホ料金としてはかなり格安のプランなので、こんな人にオススメです!
スマホ料金を安くしたい
端末にこだわりが無い
持ち込む端末があって、ワイモバイルを利用したい
Nexus6が大好き!
ワイモバイルが大好き!

ここまで記載してきた通りがワイモバイルのスマホ料金になります。
割引や乗換え、キャンペーンでまだまだ安くなる可能性もありますが、
ワイモバイルの料金プラン自体かなり安いわけですが、
まだまだ安くする方法はいくつかあります。

白ロムスマホ+格安SIMを利用する
SIMフリースマホ+格安SIMを利用する
格安SIMのセット販売を利用する
Wimaxを利用する

これらの方法は、初心者~中級者向けのものになります。
この中で初心者でも最も分かりやすいのが、
格安SIMのセット販売を利用するです。
イオン、ゲオ、ビックカメラ、ヤマダ電機などがスマートフォンを販売しているのを知っていますか?
これらのサービスは全てMVNOサービスと呼ばれる格安SIMを利用しています。
安いスマートフォン+安いMVNOサービスを上手く利用することによって、
高いスマホの月額料金を圧倒的に安くする事が可能です。
オススメは、
DMM mobile【楽天モバイル】です。
これら2つのサービスは、運営会社が有名な上に、
格安SIMとのセット販売しているスマートフォンの数が多いので、
自身にあった端末と安い料金プランを実現する事が出来ます!
興味のある方は是非利用してみて下さいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly