スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホ料金プラン比較 -Nexus6を購入する方はワイモバイルで-

Pocket

Y!mobile

2014年8月より、
イーモバイルとウィルコムの名称がワイモバイルに変わり、
格安スマホ等の販売が開始しました。
ドコモ・ソフトバンク・Au共に発表された新料金プランでは、
最安値でも6500円もの月額料金が発生してしまいます。
一方でワイモバイルはと言うと、すべて込みで2980円の格安プランから追加料金で3大キャリアと同等の通信量のプランまで契約することが出来ます。


ワイモバイルの料金の特徴-3キャリアとの比較

Docomo/Au/Softbankの3大キャリアの次に有名なキャリアがワイモバイルです。
3キャリアと比べて圧倒的な違いはやはり料金の安さです。
MNPや新規契約時に過去の端末を選ぶ場合は最安プランで3000円以下です。
3キャリアが新料金体制になり、最安でも6000円以上はかかることもあり、
この料金の安さがワイモバイルの最大の特徴となります。
ちなみに合併前のイーモバイル時代にはもっと安い月額料金を組むことが出来たので、
イーモバイル時代から利用している方は最近発表された「スマホプラン」ではむしろデメリットの方が多いかもしれません。
それでも3000円以下と言うのは上記でも説明した通り、
3大キャリアと比べると圧倒的な料金の安さです。
つまり、3大キャリアからワイモバイルに移行する方にこのメリットは大きいと言う事になります。
イーモバイル時代から言われていたデメリットとしては、
「4G/3G回線のエリアを調べる必要がある点」と、「選べる端末の少なさ」でした。
まずこの回線のエリアですが、合併前と合併後に具体的にどの程度変わったのかは分かりませんが、
公式サイトにて4G回線、3G回線の対応エリアや、これからの対応エリアを調べる事が出来ます。
ワイモバイル公式サイト:エリア
こうやって改めて見てみるとそこまでエリアの狭さに苦しむとは思えませんね。
もう1つのデメリットである「選べる端末の少なさ」を考えてみましょう。
まず3大キャリアとの大きな違いとして、
人気のスマートフォン「iPhone」シリーズを扱っていません。また最近人気のAndroidスマートフォン「Xperiaシリーズ」や「Galaxyシリーズ」等も扱っていません。
つまりイーモバイル時代にイーモバイルを利用していた方のほとんどが、
端末にこだわりが無く、
スマホ自体あまり利用しない料金の安さのみ優先している方がほとんどでした。
しかし!
「選べる端末の少なさ」と言うデメリットが、
ワイモバイルになって大きく変わる可能性があります。
それは「Nexus6」の発売が国内で唯一ワイモバイルからのみ発売されます。
Nexusシリーズは何気に非常に人気が高く、Nexus6も当然ハイスペックモデルとして登場します。
特徴としては、
・6インチのファブレットサイズ大画面スマホ
・スナドラ805の2.7GHzクアッドコアと言う高性能CPU搭載
・1440×2560の高解像度でWQHDディスプレイ搭載(ちなみに画面は話題のゴリラガラス3)
・防水・4K動画撮影など最新の機能も搭載

などなど魅力満載の文句なしのハイスペックモデル。
Nexus5をきっかけにイーモバイルに移行した方がいたように、
今回のこのNexus6をきっかけに乗り換えを考える方もいるでしょう。
私個人としてもNexus6は凄く良い端末だと思います。
乗り換えるかは分かりませんがSIMフリーで入手出来そうなら絶対ゲットします!
ちなみにNexus6の詳細情報はこちらから。
Nexus6のスペック詳細記事

ワイモバイルの新料金プラン「スマホプランS/M/L」

それでは本題のワイモバイルの料金プランです。
現在ワイモバイルのスマホプランとして適用されるプランは、
・スマホプランS
・スマホプランM
・スマホプランL

の選べる3つのプランになります。違いは以下になります。

ワイモバイルのスマホ料金プラン
  月額料金 データ通信量 無料通話
スマホプランS 2980円 最大1GB 月300回/10分以内
スマホプランM 3980円 最大3GB 月300回/10分以内
スマホプランL 5980円 最大7GB 月300回/10分以内

最も安いスマホプランSは月の通信量の上限がわずか1GB。
家でスマホを多く利用する方は、Wi-fiに接続することで1GBでも何とかなったりします。
出先でもよくアプリやネットサーフィンをする方は3GBや7GBを選ぶべきでしょう。
特によく動画を見る方なんかは3GBでも少なく感じるかもしれませんね。
一般的な使い方をしていてWi-fiを利用して通信を多く出来る方には、
どのプランでも上限に達せずに活用する事が出来ると思われます。
通信量が上限に達した場合は、当月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化します。
通常速度に戻す場合は500MB(0.5GB相当)ごとに500円の追加料金が必要となります。
上限なしのプランが3大キャリアでも無くなってしまったので、
「Wi-fi」は上手く利用してデータ通信量を抑えましょう。
通話関係は少し特殊で、
月300回まで無料で301回目以降は20円/30秒かかりますが、
これは10分以内の通話に限ります。
10分以上の通話には20円/30秒(10分超過分のみ)がかかりますので要注意です。
ちなみにスーパーだれとでも定額と言うオプションに加入することで、
国内通話に限りますが、時間、回数ともに無制限に。
このスマホプランS/M/Lは、2年契約が条件となっておりますので、
2年以内の解約には違約金が発生します。契約解除料は9500円です。
2年縛り以外のプランも一応ありますが、割高となっております。
・「スマホベーシックプランS」:基本使用料 月額5,480円
・「スマホベーシックプランM」:基本使用料 月額6,480円
・「スマホベーシックプランL」:基本使用料 月額8,480円

ワイモバイルの料金-注意点-

ワイモバイルを契約する場合、料金プランに一応軽い注意点があります。
公式ホームページや店舗でスマホプラン割引と言うキャンペーンを目にする事があると思いますが、
今回紹介したスマホプランS/M/Lにおいては、
このスマホプラン割引の1,000円を適用した上で、
2,980円、3,980円、5,980円になっております。
ちなみに2年縛りのないベーシックスマホプランの方は、
スマホプラン割引は適用されませんのでこれまた注意。

3大キャリアとの比較

今回はワイモバイルの料金プランについて解説しましたが、
3大キャリアの新料金プランについての解説はこちらから。
3大キャリアの料金プラン比較


にしても端末価格が高すぎる!

乗り換えやキャンペーンを利用しても月額料金が高すぎる!
なんて感じている方や、当たり前のように支払っている方!
今となっては当たり前の「格安スマホ」や「SIMフリースマホ」等の単語を聞いたことがありませんか?
イオンやビックカメラのSIMフリースマホの発売をきっかけに、
昔から存在していたのですが、最近では一般的にも耳にするようになりました。
当サイトでは兼ねてよりこのSIMフリースマホや白ロム(中古スマホ)を利用して、
スマートフォンの月額料金を安くする方法をオススメしています。
興味のある方は是非こちらをご参考下さい。
白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法


スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly