スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ZenFone 4とMoto Z2 Playはどちらが良いのか違いを比較!


ASUSからDSDS対応のデュアルカメラ搭載モデル「ZenFone 4 ZE554KL」が登場しました。
前作のZenFone 3がSIMフリースマホの中でも非常に人気があり、その後続機と言うこともあって非常に注目度の高い端末となっております。
今回は同じくDSDS対応の同価格帯モトローラ製スマホ「Moto Z2 Play」とのスペックの違いを比較してみました。
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^

ZenFone 4とMoto Z2 Playの比較

スペック比較表
名称 ZenFone 4 Moto Z2 Play
画像
メーカー ASUS モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年9月 2017年6月
OS Android 7.1.1 Android 7.1.1
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
Snapdragon 626
オクタコア
2.2GHz
RAM 6GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大2TB 最大2TB
画面サイズ 5.5 インチ 5.5 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1200万画素
800万画素
1200万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 3300mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応 対応
ジャイロ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
USB USB Type-C USB Type-C
機種サイズ
(縦幅)
155.4 mm 156.2 mm
機種サイズ
(横幅)
75.2 mm 76.2 mm
機種サイズ
(厚み)
7.5 mm 5.99 mm
機種重量 165 g 145 g
カラー ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト
ルナグレー
ファインゴールド
ニンバスブルー
価格 56,800円 53,800円
スポンサーリンク

ZenFone4とMoto Z2 Playの価格比較

ZenFone4は高性能かつDSDS対応のデュアルカメラ搭載と言う万能っぷりでコストも十分にかかっています。一方のMoto Z2 Playもそれなりの性能に加えてMoto Modsとの組み合わせで様々な機能を発揮する端末です。
どちらも価格が非常に高くなっていますが、実際にどの様な違いがあるのか比較していきましょう。

ZenFone4とMoto Z2 Playの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

ZenFone4の「 Snapdragon 660 」に対して、
Moto Z2 Playは「 Snapdragon 626 」になります。

どちらもキャリアスマホでお馴染みのクアルコム社のチップセットが採用されており、
ZenFone4のスナドラ660はミドルクラス向けのチップセットの中でもかなりハイスペックなモデル。一方のMoto Z2 Playで採用されているスナドラ626も評判の良いHUAWEI novaやMoto G5 Plus等で採用されているスナドラ625の後続モデルです。それでもスナドラ660と比べると著しくパフォーマンスは劣ります。

ZenFone4とMoto Z2 Playの違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

ZenFone4の「 6GB 」に対して、
Moto Z2 Playは「 4GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ZenFone4とMoto Z2 Playの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。
まず単純なメインの画素数はどちらも同じ「 1200万画素 」となっておりますが、
ZenFone4には800万画素の広角サブレンズが搭載されています。
デュアルカメラ仕様によってポートレート撮影や120度広角のダイナミック撮影が可能です。

そしてインカメラの画素数にも違いがあります。

ZenFone4の「 800万画素 」に対して、
Moto Z2 Playは「 500万画素 」になります。

ZenFone4とMoto Z2 Playの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

ZenFone4の「 3300mAh 」に対して、
Moto Z2 Playは「 3000mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さかと言うとそうではありませんが、単純な容量ではZenFone4の方が大容量となっております。

ZenFone4とMoto Z2 Playの違いを比較「サイズ」

画面サイズがどちらも5.5インチディスプレイなので、端末サイズはほとんど同じです。しかしMoto Z2 Playは5.99mmとかなりの薄型設計となっております。

Moto Z2 PlayのMoto Mods

Moto Z2 Playの最大の特徴と言えば後から装着出来るModsパーツです。
プロジェクター/カメラ/バッテリー/スピーカー/スタイルキャップなど様々なパーツを装着することが出来ます。
詳細はモトローラの公式サイトにて。
Moto Mods Landing Pag

まとめると

デュアルカメラの搭載や動作面のスペックを考えるとZenFone4の方が優れています。
Moto Z2 Playはそれなりの価格の端末ですが、ワンランク下のコスパ良端末(novaやMoto G5 Plusなど)と比べてもそこまで性能差はありません。そこまで性能差はないのに価格差がそこそこあります。
この様な事実もふまえるとやはりコスパが優れているとは言えないので、最大の特徴である「Moto Mods」を利用する場合のみオススメ出来る端末となりそうです。
一応Amazon等のレビュー評価は非常に高いので、良い端末なのは間違いないでしょうがコスパと言う観点から言うと微妙です。
SIMフリースマホはどうしてもコスパに優れた端末が人気の出る傾向にあります。ZenFone4もそういう意味では少し価格が高いので微妙ではありますが、万能感を考えるとMoto Z2 Playよりは圧倒的にオススメです!

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
楽天市場「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する

Amazon「Moto Z2 Play」で検索する
楽天市場「Moto Z2 Play」で検索する
Yahoo!ショッピング「Moto Z2 Play」で検索する

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
ZenFone 4(56,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中にZenFone4(54,800円)を「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
Moto Z2 Play(49,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!