スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ZenFone 4とZenFone 4 Selfie Proはどちらが良いのか違いを比較!


ASUSからDSDS対応のデュアルカメラ搭載モデル「ZenFone 4 ZE554KL」が登場しました。
前作のZenFone 3がSIMフリースマホの中でも非常に人気があり、その後続機と言うこともあって非常に注目度の高い端末となっております。

またASUSからインカメラにデュアルカメラを採用した「ZenFone 4 Selfie Pro」が同時期に登場しており、どちらの端末を選ぶか迷う方もいるかと思われます。
今回はそんな両端末のスペックの違いを比較してみました!

ZenFone 4とZenFone 4 Selfie Proの比較

スペック比較表
名称 ZenFone 4 ZenFone 4 Selfie Pro
画像
メーカー ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年9月 2017年9月
OS Android 7.1.1 Android 7.1.1
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
RAM 6GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大2TB 最大2TB
画面サイズ 5.5 インチ 5.5 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1200万画素
800万画素
1600万画素
前面カメラ 800万画素 1200万画素
500万画素
バッテリー 3300mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応 対応
ジャイロ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
USB USB Type-C microUSB
機種サイズ
(縦幅)
155.4 mm 154 mm
機種サイズ
(横幅)
75.2 mm 74.8 mm
機種サイズ
(厚み)
7.5 mm 6.85 mm
機種重量 165 g 147 g
カラー ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト
サンライトゴールド
ネイビーブラック
クラシックレッド
価格 56,800円 42,800円
スポンサーリンク

ZenFone4とZenFone4 Selfie Proの価格比較

どちらも2017年代の端末ですし、デュアルカメラの搭載に加えて「DSDS」の対応などコストのかかっている部分が多いです。ZenFone4 Selfie Proですらそれなりに高価格ですがZenFone4は更に1万円以上の差があるのでその点をふまえた上で比較していきましょう。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

ZenFone4の「 Snapdragon 660 」に対して、
ZenFone4 Selfie Proは「 Snapdragon 625 」になります。

どちらの端末もキャリアスマホで多く採用されているクアルコム社のチップセットが採用。6xxシリーズなのでミドル~ミドルハイ辺りの端末に向けたシリーズで、ZenFone4の660の方が性能は上となっております。
Selfie Proは持っていませんが、同じCPUを搭載したMoto G5 Plusとのベンチマークスコア比較があるので下記をご参考下さい。

ZenFone 4 ZE554KL Moto G5 Plus

ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、AntutuもGeekBench4共にZenFone4の方が圧倒的に高スコアとなっております。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

ZenFone4の「 6GB 」に対して、
ZenFone4 Selfie Proは「 4GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「カメラ」

カメラ性能に大きな違いがあります。

まずZenFone4は「 1200万+800万画素 」のデュアルレンズ仕様となっており、一方のZenFone4 Selfie Proでは「 1600万画素 」のシングルレンズとなっております。
ZenFone4ではサブレンズに広角レンズが採用されており、通常の約2倍のワイドさで撮影が可能とのことです。

そしてインカメラにも違いがあります。

ZenFone4の「 800万画素 」に対して、ZenFone4 Selfie Proでは「 1200万画素+500万画素 」のデュアルレンズ仕様となっており、こちらもまた広角レンズが採用されています。前面撮影にてワイド撮影が可能な珍しい端末です。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

ZenFone4の「 3300mAh 」に対して、
ZenFone4 Selfie Proは「 3000mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さかと言うとそうではありませんが、単純な容量ではZenFone4の方が大容量となっております。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「Wi-Fi」

ZenFone4ではWi-Fi5GHz帯に対応しております。2.4GHz帯のみの対応の場合、他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「USBポート」

USBポートの規格にも違いがあります。

ZenFone4の「 USB Type-C 」に対して、
ZenFone4 Selfie Proは「 microUSB 」になります。

Type-Cでは画像のように上下どちら向きでも接続出来るので慣れたら非常に扱いやすくてオススメです。

ZenFone4と4 Selfie Proの違いを比較「サイズ」

画面サイズはどちらも5.5インチディスプレイですが、端末サイズはZenFone4 Selfie Proの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

まとめると

まず両端末の最大の違いであるデュアルカメラですが、ZenFone4では背面に、ZenFone4 Selfie Proでは前面にサブレンズが搭載されております。レンズ種類としてはどちらも広角なので役割としてはワイド撮影に向いたレンズです。

そしてスペック面で言えばやはりZenFone4の方がいくつかの部分で優れているのが分かります。とくにCPU/RAMの違いは非常に大きくて、ベンチマークスコアを見れば分かるように動作面では圧倒的にZenFone4の方が優秀です。

機能面でもWi-Fi5GHz帯の対応やUSBポートの規格などZenFone4の方が優遇されています。

ZenFone4 Selfie Proとベンチマークスコアの近いnovaやMoto G5 Plusの価格がZenFone4 Selfie Proよりも安いので、やはりZenFone4 Selfie Proを選ぶメリットとしては「前面のデュアルカメラ」ですね。
前面デュアルに興味が無いのであれば性能差を考えてZenFone4を選ぶべきです。又は同ランクの端末で言えばnovaやMoto G5 Plus又はG5S Plusなどを選んだ方がお得かなーと思いました。

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
楽天市場「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する

Amazon「ZenFone4 Selfie Pro」で検索する
楽天市場「ZenFone4 Selfie Pro」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 4 Selfie Pro」で検索する

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
ZenFone 4(56,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中にZenFone4(54,800円)を「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。

期間限定キャンペーン情報
エキサイトモバイルエキサイトモバイルにて秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中!
キャンペーン期間中にZenFone4 Selfie Pro(41,800円)を「スマホセットまたはSMS/音声SIM契約」で、10,000円キャッシュバック!
「データSIM契約」で、7,000円キャッシュバック!
2017年11月1日11時59分までの期間限定なのでお早めに。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!