スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ZenFone ARとZenFone3 Ultraはどちらが良いのか違いを比較!


ASUSから世界初のTangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR」が登場しました。
VR機能とAR機能が最大の特徴ではありますが、動作面でもかなりハイスペックな仕様のモデルとなっております。
また5.7インチのファブレットサイズであることもあって、一部のコアなユーザーで人気の端末です。
ASUSのファブレットと言えば6.8型の大型端末「ZenFone3 Ultra」があります。今回はそんな両端末のスペックの違いを比較してみました。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較

スペック比較表
名称 ZenFone AR
ZS571KL
ZenFone3 Ultra
ZU680KL
画像
メーカー ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年6月 2016年12月
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Snapdragon 821
クアッドコア
Snapdragon 652
オクタコア
RAM 6GB
8GB
4GB
ROM 64GB
128GB
32GB
画面サイズ 5.7 インチ 6.8 インチ
画面解像度 1440×2560
WQHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 2300万画素 2300万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3300mAh 4600mAh
連続待受時間 3G:約240.6時間
LTE:約182.8時間
3G:約408時間
LTE:約379.2時間
連続通話時間 3G:約930分 3G:約2040分
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応 対応
指紋認証 対応 対応
USBポート USB Type-C USB Type-C
機種サイズ
(縦幅)
158.98 mm 186.4 mm
機種サイズ
(横幅)
77.7 mm 93.9 mm
機種サイズ
(厚み)
8.95 mm 6.8 mm
機種重量 170 g 233 g
カラー ブラック グレー
ローズゴールド
シルバー
価格 82,800円
99,800円
49,800円
スポンサーリンク

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの価格比較

2017年夏モデルとして発売したZenFone ARはかなり高価格となっており、一方のZenFone3 Ultraは2016年冬モデルと言うこともあってある程度価格も落ちています。
良端末にはかなりの価格差があることを踏まえた上で比較していきましょう。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

ZenFone ARの「 Android 7.0 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 Android 6.0 」になります。

あくまでプリインストールされているバージョンです。ZenFone3 Ultraも7.0へのアップデート配信が行われています。
Android 7.0では「マルチウィンドウ」機能が搭載されているので画像のようにタスクを分割することが出来るので非常に便利です。
他にもデーターセーバー機能や画面表示サイズ切り替え機能など人によっては便利な機能も追加されています。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

ZenFone ARの「 Snapdragon 821 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 Snapdragon 652 」になります。

どちらもお馴染みクアルコム社のチップセットが採用。ZenFone ARではハイスペック向けの8xxシリーズの821が搭載されています。2017年夏に登場した端末なので835を搭載してほしかったですが、821ですらこれだけの高価格になってしまったのでやむなくコストダウンのために削られた感じでしょうか。
一方のZenFone3 Ultraではミドルハイスペックに多く採用されているスナドラ652が採用されており、スナドラ821に対しては性能が劣ります。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

ZenFone ARの「 6GB/8GB 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 4GB 」になります。

ZenFone ARではRAMROMの違う2モデルが販売されています。下位モデルの6GBですらZenFone3 Ultraの4GBよりも上回っております。
動作面ではZenFone ARの方が優秀と考えて問題ないでしょう。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「ROM」

ROMの容量にも違いがあります。

ZenFone ARの「 64GB/128GB 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。下位モデルですら64GBなのでZenFone ARではかなり大容量です。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「画面」

画面サイズに大きな違いがあります。

ZenFone ARの「 5.7インチ 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 6.8インチ 」になります。

ZenFone ARですら5.7インチもの大画面サイズですが、ZenFone3 Ultraは6.8インチとファブレットサイズの中でもトップクラスのサイズです。

また画面解像度にも違いがあります。

ZenFone ARの「 1440×2560 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 1080×1920 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程、より細かい所まで色を表現出来ます。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「バッテリー」

バッテリーの容量にも違いがあります。

ZenFone ARの「 3300mAh 」に対して、
ZenFone3 Ultraは「 4600mAh 」になります。

バッテリー容量自体にも違いがありますし、連続使用時間もZenFone3 Ultraの方が優れています。

ZenFone ARとZenFone3 Ultraの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズは圧倒的にZenFone ARの方がコンパクトかつ軽量となっております。
しかしZenFone3 Ultraは厚みのみZenFone ARよりも薄型となっております。

まとめると

画面サイズに圧倒的な差がありますし、価格も全く違うので、両端末どちらを購入するか迷っている方は少ないかもしれませんね。
ファブレットサイズとはいえ5.7インチと6.8インチでは使い用途が違う可能性が高いからです。

各々の特徴を捉えて好みの端末を選べば問題ないかと思います。
まずZenFone ARはハイスペックファブレットかつ世界初のTangoとDaydreamの両方に対応したARVR体験が実現できる端末です。

一方のZenFone3 Ultraは6.8インチのファブレットの中でもトップクラスの画面サイズの大きい端末です。
スペック自体はミドルハイスペック辺りで、2017年夏時点でも快適な動作に期待出来るレベルのスペックを有しています。

ちなみに私はメイン機としてZenFone ARを使用しています。レビュー記事があるので興味のある方は合わせてご参考ください。
ZenFone ARの開封レビュー!5.7型WQHDや8GBRAMに期待のファブレット!

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「ZenFone AR」で検索する
楽天市場「ZenFone AR」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone AR」で検索する

Amazon「ZenFone 3 Ultra」で検索する
楽天市場「ZenFone 3 Ultra」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 3 Ultra」で検索する

期間限定キャンペーン情報
IIJmioにてオータムセールが開催中!
ZenFone AR(79,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券10,000円が貰えます!
2017年9月5日(火)~11月6日(月)23:59の期間限定なのでお早めに。
スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!