スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

ZenFone Maxを筆頭に大容量バッテリースマホを比較

zenfonemax
Pocket

SIMフリースマホの販売を多数行っているASUSから大容量バッテリーモデルとして「Zenfone Max」が登場しました。発売日は2016年3月中旬以降とのことで、実に5000mAhもの大容量バッテリーの搭載に成功しています。
少し前に当サイトでPriori 3S LTEとSAMURAI MIYABIの違いを比較してみましたと言う記事を公開したのですが、その時に「バッテリー持ち」が意外にも大きな長所になることが分かりました。
今回注目の「Zenfone Max」だけでなく、先ほど紹介した記事の「Priori 3S LTE」更にZenfone Maxと同時期に発売が決定している「Moto X Play」と、最近発売が発表された端末は「大容量バッテリー」モデルが多いんです。
偶然なのか狙ってのことかは分かりませんが、何はともあれ大容量バッテリーモデルが同時期に発売されたということなので、今回はそれらの端末を比較してみます。
問題があるとすれば「Zenfone Max」は「リバースチャージ」機能によりモバイルバッテリーとしても扱う事が出来る端末なので、明らかに一線を画している印象なので同タイプと考えてよいものか…。

大容量バッテリーモデルの比較

冒頭にて登場した3端末の共通点と言えば、「SIMフリー」「Android」「2016年代」など等。何よりも今回の3端末がスゴイ所は画面サイズ。これまで大容量バッテリーと呼ばれてきたモデル(例えばP8MAXやMATE7等)はファブレットモデルが多いんですが、今回の3端末はPriori 3S LTE以外は5.5インチで、Priori 3S LTEに関してはなんと5.0インチ。大容量バッテリーを搭載しながらも画面サイズ及び機種サイズはスタンダートに抑えている所が注目点の一つです。

スペック簡易比較表
名称 ZenFone Max Priori 3S LTE Moto X Play
画像
メーカー ASUS FREETEL モトローラ
発売時期 2016/03 2016/01 2016/03
OS Android 5.0 Android 5.1 Android 6.0
バッテリー 5000mAh 4000mAh 3630mAh
画面サイズ 5.5インチ 5.0インチ 5.5インチ
画面解像度 720×1280 720×1280 1080×1920
縦幅 156mm 144mm 148mm
横幅 78mm 72mm 75mm
厚み 10.6mm 9.4mm 10.9mm
重量 202g 161g 169g
性能面
CPU 4コア 4コア 8コア
RAM 2GB 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB 32GB
カメラ 1300万画素 800万画素 2100万画素
参考価格 28,000円前後 17,800円 45,000円前後

「Zenfone Max」「Priori 3S LTE」「Moto X Play」の違い

こうやって比較してみると分かりますが、3端末それぞれが大容量バッテリーモデルとして違いがあります。

まずはじめに今回の主役でもある「Zenfone Max」についてですが、
最も大容量バッテリーで、かつリバースチャージによる別端末への充電が可能であるところなど、まさに「大容量バッテリーモデル」と言える端末です。そして想定価格も3万円以下との事で、唯一無二な機能を考えるとこの価格でも需要は十分にあるのではないでしょうか。

そして次に「Priori 3S LTE」についてですが、
こちらの端末で注目したいところは「5.0インチの低価格コンパクトモデル」ながらに「4000mAh大容量バッテリー」を搭載しているところです。性能面はそこまで良くありませんが、通販店でのレビュー評価やレビューサイトでの高評価がとても多い理由としてはやはり「バッテリー持ち」への良い意見が多いところ。

そして最後に「Moto X Play」についてですが、
こちらは今回取り上げた端末で唯一のオクタコア搭載モデル。また解像度についても2端末のHDに対してFHD搭載です。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly