スマホの月額料金を7000円安くする方法

【2019年】ゲーム用キャリアスマホのおすすめ機種【ハイスペック】



最近では3Dを使った高画質なゲームアプリが多いです。そういったゲームをプレイする時に「画面がカクつく」と言うトラブルに遭遇する人は多いと思います。

と言うのも3D系のゲームアプリは要求スペックが非常に高いので、パフォーマンスの低いスマートフォンでは動作が追い付かないのです。

  • スマホでゲームアプリを快適にプレイしたい方
  • ハイスペックなスマホをお探しの方

本記事ではそんな方に向けて、キャリアのハイスペックスマホをまとめてみました。3D系の重いゲームアプリをプレイする予定の方は是非参考にしてみて下さい!

ゲームに適したハイスペックスマホ

ゲームに適したハイスペックスマホ
冒頭でも記載したように、最近のゲームアプリに要求されているスマホスペックはかなり高くなっております。

ゲームをより快適にプレイするためには「高性能なチップセット(CPU/GPU)」「高数値のRAM」が必要です。また、よりグラフィックを綺麗にするために「高解像度」も必要です。

具体的に言うと、
チップセットはSnapdragonシリーズであれば型番が8xxのシリーズ、Kirinシリーズであれば型番が9xxのシリーズ、その他ハイエンド向けのApple Aシリーズなど。

そしてRAMは6GBや8GBなどのモデルが出始めているので、そういった数値、または最低ラインでも4GB以上は欲しいところです。

解像度はWQHDやWQHD+などが望ましいですが、出回っているモデルで言えばFHDやFHD+辺りが定番でしょう。あまりに高解像度だとゲーム側が対応していない場合もあるので無駄になることもあります。

ハイスペックスマホのメリット

これまで記載してきた通り、重いゲームを快適にプレイできることが第一のメリットです。
さらにハイスペックモデルはゲームだけでなく、ネットサーフィンや動画の視聴などスマホの動作すべてがハイパフォーマンスです。処理能力の優れたCPU、グラフィック描写に強いGPU、同時動作に影響を与えるRAM、この辺りのスペックが高いモデルのことを「ハイスペックモデル」と言います。

キャリアではハイスペックモデルが多く取り扱われているので、もしゲームをプレイする予定があればそういったモデルを選びましょう。

ハイスペックスマホのデメリット

デメリットも明確で、価格が高いことです。
ハイパフォーマンスのスマホを完成させるには、製造コストが多くかかってしまいます。その分、ハイスペックモデルは価格の高いモデルが多いです。
ハイスペックモデルの中でも、たまに価格を抑えたモデルが登場しておりますが、そういったモデルは「コスパが優れている」として人気が出ます。

逆に言えばハイスペックではないスマホは、価格の安いモデルが多いので、もしゲームをプレイしないのであればもう少しスマホのランクを下げて、価格を抑える事が出来ます。

ここまでのまとめ
  1. ゲームを快適にプレイするには「ハイスペック」が必要
  2. ハイスペックスマホは価格が高い
  3. キャリアのハイスペックスマホは種類が多い

キャリアのおすすめハイスペックスマホ

キャリアが採用しているハイスペックシリーズの中で、2019年夏時点で現行のモデルをピックアップしてみました!

Xperia 1

Xperia 1
DocomoauSoftbank

こちらはソニーの2019年夏モデル「Xperia 1」です。
チップセットにSnapdragon 855を搭載したハイスペックモデルで、大手3キャリアが採用しています。縦横比21:9の4K有機ELディスプレイ搭載やトリプルカメラの搭載も特徴的な端末です。
POINT

・Snapdragon 855搭載
・4K有機ELディスプレイ搭載
・トリプルカメラ搭載

発売 ソニー/2019年5月
動作性能 Snapdragon 855/6GB
AnTuTu:35万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.5インチ/3840×1644 4K
カメラ 背面1220万+1220万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 167 × 72 × 8.2 mm/178 g
カラー ブラック
ホワイト
パープル
価格 103,032円(ドコモ版)
112,320円(au版)
136,320円(Softbank版)

Galaxy S10

Galaxy S10
Docomoau

こちらはサムスンの2019年夏モデル「Galaxy S10」です。
Xperia 1と同様でチップセットにSnapdragon 855を搭載したハイスペックモデルで、ドコモとauが採用しています。QHD+の高解像度ディスプレイ搭載、トリプルカメラの搭載などの特徴があります。
POINT

・Snapdragon 855搭載
・8GMRAM搭載
・QHD+有機ELディスプレイ搭載
・トリプルカメラ搭載

発売 サムスン/2019年5月
動作性能 Snapdragon 855/8GB
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.1インチ/3040×1440 QHD+
カメラ 背面1600万+1200万+1200万画素
前面1000万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 150 × 70 × 7.8 mm/158 g
カラー プリズムブラック
プリズムホワイト
プリズムブルー
価格 89,424円(ドコモ版)
102,000円(au版)

Galaxy S10+

Galaxy S10 Plus
Docomoau

こちらはそんなGalaxy S10の上位モデル「Galaxy S10+」です。
動作性能面では同じ仕様となっておりますが、前面のデュアルカメラ搭載やディスプレイサイズに違いがあります。
POINT

・Snapdragon 855搭載
・8GMRAM搭載
・QHD+有機ELディスプレイ搭載
・トリプルカメラ搭載
・前面にデュアルカメラ搭載

発売 サムスン/2019年6月
動作性能 Snapdragon 855/8GB
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.4インチ/3040×1440 QHD+
カメラ 背面1600万+1200万+1200万画素
前面1000万+800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 158 × 74 × 7.8 mm/175 g
カラー プリズムブラック
プリズムホワイト
価格 101,088円(ドコモ版)
114,960円(au版)

AQUOS R3

AQUOS R3
DocomoauSoftbank

こちらはシャープの2019年夏モデル「AQUOS R3」です。
こちらもまたSnapdragon 855を搭載したハイスペックモデルで、3キャリアが採用しております。「10億色の表現力」がキャッチフレーズのPro IGZOが搭載されているのが特徴的です。
POINT

・Snapdragon 855搭載
・QHD+のPro IGZOディスプレイ搭載

発売 シャープ/2019年5月
動作性能 Snapdragon 855/6GB
AnTuTu:35万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/3120×1440 QHD+
カメラ 背面2010万+1220万画素
前面1630万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 156 × 74 × 8.9 mm/185 g
カラー プレミアムブラック
プラチナホワイト
ラグジュアリーレッド
価格 89,424円(ドコモ版)
99,360円(au版)
113,760円(Softbank版)

AQUOS zero

AQUOS zero
Softbank

こちらはシャープの有機ELディスプレイ搭載モデル「AQUOS zero」です。
こちらもまたまたSnapdragon 855を搭載したハイスペックモデルで、ソフトバンクのみが取り扱っております。6.2型の大画面ディスプレイを搭載している割に、147グラムと言う軽さを実現したスマホです。
POINT

・Snapdragon 855搭載
・有機ELディスプレイ搭載
・サイズの割に重量が軽い

発売 シャープ/2019年3月
動作性能 Snapdragon 845/6GB
AnTuTu:28万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.2インチ/2992×1440 WQHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 154 × 73 × 8.8 mm/146 g
カラー アドバンスドブラック
価格 64,800円(Softbank)

P30 Pro


Docomo

こちらはHUAWEIの2019年夏モデル「P30 Pro」です。
こちらもまたKirin 980を搭載したハイスペックモデルで、ドコモのみの取り扱いとなっております。2019年夏時点では初となる4レンズが搭載されており、ライカレンズが採用されています。動作性能の高さはもちろんですが、高性能なカメラ機能にも期待出来るスマホです。
POINT

・Kirin 980搭載
・有機ELディスプレイ搭載
・クアッドカメラ搭載

発売 HUAWEI/2019年6月
動作性能 Kirin 980/6GB
AnTuTu:28万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4000万+2000万+800万+TOF
前面3200万画素
バッテリー 4100mAh
サイズ 158 × 73 × 8.6 mm/192 g
カラー ブリージングクリスタル
ブラック
価格 89,424円

キャリアスマホはネット購入がお得

今回の内容とは少し関係ないかもしれませんが、紹介しているのがキャリアスマホなのでこちらの記事も紹介しておきます。
⇒参考:キャリアスマホをネットで購入するメリットとデメリット

キャリアスマホをネットで購入する場合は、24時間いつでも契約出来ますし、頭金がかからないと言うメリットがあります。もちろん店頭購入と比べてデメリットもあるので、その辺りは上記の記事にてご確認ください。

まとめ

ゲーム用のスマホをお探しの方は、いかがでしたか?今回は各キャリアが採用しているハイスペックモデルの中で2019年夏の現行モデルを紹介してみました。

P30 Pro以外の端末はすべてSnapdragon 855を搭載しており、AnTuTuのベンチマークコアでは35万ものハイスコアを記録しております。

AnTuTuのベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールで、他にこれだけのハイスコアを記録しているのはiPhoneシリーズのA12 Bionicぐらいです。

今回の記事ではiPhoneシリーズは紹介しておりませんが、現行のiPhone XS/MAXはかなりのハイスペックなので、重い3D系のゲームも問題なくプレイ出来ます。

キャリアのハイスペックモデルは価格が高いですが、重いゲームアプリをプレイするのであれば必須です。是非皆さんもハイスペックスマホを買って、ドン勝を目指してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。