2020年春に買うならコレ!おすすめの格安スマホセット

2020年春に買うべきおすすめの格安スマホセット【月額料金を節約!】

2020年春から始まる新生活に向けて「少しでも生活費を節約したい」と言う方は多いはずです。

今回はそんな方に向けて、今春のおすすめの格安スマホセットを紹介します。

キャリアスマホからの乗り換えはもちろんですが、格安SIMで新しいスマホの購入を考えている方がいれば、ぜひ参考にしてみて下さい!

格安SIMサービスの契約手順

格安SIMサービスの契約はかなりシンプル!

格安SIMサービスを利用すれば「スマホ料金が安くなる」と言うのはもはや有名な話です。実際に格安SIMの利用者は増え続けておりますし、人によってはデータ通信量を増やすためにサブ回線として契約している人がいるほどです。

そんな格安SIMサービスですが、調べたり手続きしたりするのが面倒で手を出していないと言う人が多いです。格安SIMは色んなサービスが存在しており、どのサービスを選べばよいか分からないと言う人も多いはずです。そしてスマホの種類も多いので、どのスマホを選べば良いのか分からないと言う事態に。

しかし実際のところ、契約手順は超シンプルです。

  1. MNP予約番号の取得(電話番号を引き継ぐ場合のみ)
  2. ネット申し込みで端末とプランを選ぶ
  3. 端末とSIMカードが届く
  4. SIMカードを端末に挿入して利用開始
  5. MNP転入手続き

用語が分からない人にはすごく複雑に見えると思います。けど実際はかなりシンプルなのです。分かりやすく1つずつ解説していきます。

1.MNP予約番号の取得

格安SIMへと乗り換える際に、以前使っていた電話番号を引き継ぎたい場合はMNP予約番号を取得する必要があります。契約しているキャリアに電話で伝えればMNP予約番号を教えてくれます。そして教えてもらった番号をメモしておいて、格安SIMの契約時に入力しましょう。

「キャリアに電話でMNP予約番号を発行してもらう」⇒「格安SIMの契約時にその番号を入力する」だけです。

2.ネット申し込みで端末とプランを選ぶ

格安SIMへの乗り換えで面倒なのが「どのサービス」「どのスマホ」「どのプラン」を選べば良いのか分からないと言う点です。

格安SIMは色んなサービスが存在しており、各サービスで通信速度が違ったり、回線の種類が違ったり、取り扱っているスマホが違ったり、色んな特徴に違いがあります。

この後紹介しますが、本記事では「OCNモバイルONE」の「スマホセット」をオススメしています。OCNのスマホセットは他のサービスよりも格安でスマホを購入できるメリットがあります。サービス選びに迷っている方がいれば、OCNモバイルONEを選んでおけば問題ないです。

しかもOCNモバイルONEのスマホセットは、評判の良いスマホばかり採用されているので、ハズレの端末がほとんど存在しません。一応本記事の後半でおすすめ機種を紹介しているので、そちらを参考にしてみて下さい。

3.端末とSIMカードが届く

ネットで申し込んだ後は端末とSIMカードが届くのを待つだけです。ちなみに筆者のイッテツもOCNモバイルONEでスマホセットを2台契約したことがあります。その時はどちらもセール中に買ったのですがすぐに届きました!(確認したら申し込みの3日後と4日後でした)

スマホ本体とは別に、回線関係の書類が同梱されているのですが、こちらにSIMカードも入っています。間違えて捨てないように注意しましょう。

4.SIMカードを端末に挿入して利用開始

初心者の方や年配の方などは少し手こずるかもしれない工程です。まずはザックリと流れだけ説明すると「スマホのSIMトレイを開ける」「SIMトレイにSIMカードを入れる」「ネットワーク設定を行う」と言った感じです。同梱されている説明書を見れば分かりやすいと思いますが、念のためこの記事でも画像付きで紹介しておきます。

「スマホのSIMトレイを開ける」
SIMセット1
▲各スマホにはSIMトレイが搭載されています。付属しているSIMピン(画びょうなどでも代用可)を穴に差してトレイを引き出してください。
「SIMトレイにSIMカードを入れる」
SIMセット2
▲家に届いたSIMカードを装着して下さい。
「ネットワーク設定を行う」
SIMセット3
▲スマホの電源を付けると「APNの設定画面」が出るので、自分が契約したサービス名を選んでください。

5.MNP転入手続き

SIMのセッティングが終われば、あとはMNP転入手続きだけです。以前使っていた電話番号を、今回のSIMへと引き継がせる作業ですね。

MNPの転入手続きはサービスによって異なりますが、「ホームページ」「電話」のどちらかになります。よく分からないと言う方は電話で聞くのが早いと思います。

OCNモバイルONEの方は、こちらのページから手続きを行うことが出来ます。

端末選びは対応バンドに注意

各キャリアと同じように、格安SIMサービスもドコモ回線やau回線などに分かれています。

ほとんどのサービスがドコモ回線に対応しておりますが、ドコモ回線を使うにはドコモ回線を通信出来るSIMフリースマホが必要になります。auやSoftbankの場合も同じです。

もし自分で格安SIMサービスを探し、自分でSIMフリースマホを探したいと言う方は、この点だけは前もって注意しておきましょう。各回線と各スマホに「対応バンド」と呼ばれる項目があるので、それぞれの回線にあった対応バンドのスマホを選びましょう。こちらの記事で各バンドの役割なんかをまとめてあるので、興味のある方は参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

今回紹介しているOCNモバイルONE(ドコモ回線)のスマホセットは、しっかりとドコモのバンドに対応しているので、快適に通信が出来ます。その点は安心して購入してください。

スマホセットはOCNモバイルONEがオトク!

スマホセットはOCNモバイルONEがオトク!

と言うワケで、格安SIMを使いたいけど面倒だと言う人は、OCNモバイルONEのスマホセットを選びましょう。

先ほども少し触れましたが、OCNモバイルONEのスマホセットはスマホ価格が安く設定されているので、損な買い物をしてしまう可能性がありません。

不定期でセールが行われており、その時は「転売禁止」と書かれているぐらい安いです。実際に転売している人も多いと思いますが、何度も契約と解約を繰り返している人はブラックリストに載るみたいです。

ちなみに現在他社からの乗り換えで5,000円割引セールが行われているので、MNPで乗り換える方はお買い得です。

\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

2020年春に買うならコレ!おすすめスマホ5選

そんなOCNモバイルONEのスマホセットの中で、2020年春に買うならコレ!っていうSIMフリースマホをいくつかまとめてみました!

OPPO Reno A

OPPO Reno A

こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno A」です。
Snapdragon 710+6GBRAM搭載、有機ELディスプレイ搭載をしているにも関わらず3万円前後で購入出来るコスパの良さ。そしてDSDV対応、おサイフケータイ対応、防水防塵対応と言ったように機能面も充実した端末です。
ちなみにSnapdragon 710のAnTuTu8のベンチマークスコアは18万前後なので、それなりにハイスペックです。
DSDS及びDSDV機の中でおサイフケータイに対応しているのは「Reno A」と「R15 Pro」と「AQUOS sense 3」の3機種しかありません。コスパの良い端末やおサイフケータイ及びDSDV対応モデルをお探しの方にオススメ!
OCNモバイルONEでの通常価格は27,000円です。

記事作成時のAmazon価格⇒36,980円

発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:18万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面2500万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
OCN価格 27,000円
\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

ASUS ZenFone 6

ASUS ZenFone 6

こちらは2019年夏に登場したASUSのハイエンドモデル「ZenFone 6」です。
Snapdragon 855が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは40万前後と言うハイスコアを記録。さらに回転式カメラの搭載によって、フルビューディスプレイが採用されています。すべてにおいてバランスよく高水準なスマホです。DSDV及びトリプルスロットにも対応。またRAMROMの異なる2モデルが用意されているので、自分に合った方を選ぶことが出来ます。バランスの良いハイスペックモデルをお探しの方にオススメ!
OCNモバイルONEでの通常価格は、RAM6GBモデルが56,900円で、RAM8GBモデルが68,600円です。
残念ながら前回のセールで在庫切れに。再入荷に期待です。

記事作成時のAmazon価格⇒76,449円

発売 ASUS/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GB or 8GBRAM
AnTuTu8:40万
ストレージ 内部128GB or 256GB/外部2TB
ディスプレイ 6.4インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1300万画素
前面 回転式
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.1 × 75.4 × 9.1 mm/190 g
カラー ミッドナイトブラック
トワイライトシルバー
OCN価格 56,900円(6GB)
68,600円(8GB)
\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

こちらはHUAWEIのミドルレンジモデル「HUAWEI P30 lite」です。
こちらの端末はミドルレンジの中ではかなりバランスが良く、すべての項目が高水準です。
例えばチップセットにはKirin710が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは15万前後を記録していますし、カメラでは3つのレンズを搭載するトリプルカメラが搭載されていますし、バッテリーも容量もそこそこで、デザイン性も高いです。そしてOCNモバイルONEでの通常価格は12,800円と言う安さ。Reno Aよりも更に安い端末が欲しいと言う方にオススメです。

記事作成時のAmazon価格⇒26,300円

発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 710/RAM4GB
AnTuTu8:15万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
OCN価格 12,800円
\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

こちらはOPPOの「OPPO A5 2020」です。
Snapdragon 665を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後と言うハイスコアを記録しているにも関わらず、なんとOCNでは19,000円で購入出来ると言うコストパフォーマンスの高さ。
クアッドカメラの搭載や5000mAhバッテリーの搭載など、この価格ではありえない仕様で、DSDV及びトリプルスロットにも対応している秀逸さ。
トリプルスロットに対応したコスパの良い端末を探している方にはドストライクですが、単純にバッテリー持ちがとんでもなく良いので、バッテリー持ちが良い端末を探している方にもオススメ。

記事作成時のAmazon価格⇒26,700円

発売 OPPO/2019年11月
動作性能 Snapdragon 665/4GBRAM
AnTuTu:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1200万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1 mm/195 g
カラー グリーン
ブルー
OCN価格 19,000円
\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

HUAWEI P30

HUAWEI P30

こちらはHUAWEI P30シリーズのスタンダードモデル「P30」です。
チップセットにハイシリコン社のKirin980が搭載されているハイスペックモデルで、AnTuTu8のベンチマークスコアは38万前後を記録しています。なんと言っても特徴はカメラ性能で、ライカのトリプルカメラが搭載されており、高いカメラ性能を誇ります。OCNの通常価格は47,800円です。

記事作成時のAmazon価格⇒79,500円

発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu8:38万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.1インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4000万+1600万+800万画素
前面3200万画素
バッテリー 3650mAh
サイズ 149.1 × 71.36 × 7.4 mm/165 g
カラー ブリージングクリスタル
オーロラ
価格 47,800円
\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

まとめ

OCNモバイルONEのスマホセットは、ほとんどのモデルが業界差安値の端末価格です。格安SIMの乗り換えだけでなく、機種変更で新しいスマホを探している方や、サブ機としてスマホを探している方にもオススメです。

最低利用期間が6ヶ月間と定められていますが、違約金は1,000円なので、そこまで深く考えずに契約することが出来ます。端末によってはそのまま売れば利益が出てしまうような転売価格のモデルも存在しますが、転売目的での購入は禁止されています。契約と解約を繰り返しているような人はブラックリスト入りされる可能性がありますので、転売目的での購入はやめておきましょう。

繰り返しになりますが、OCNモバイルONEの最大のメリットは端末代金の安さです。もし端末をお探しの方がいれば、ぜひ今回紹介したモデルをチェックしてみて下さいね!

\ 今なら他社からの乗り換えで5,000円割引 /

注目記事格安スマホセットで月額料金が大幅ダウン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。