スマホの月額料金を7000円安くする方法

【3万円前後】安く買えるAndroidスマホのおすすめ機種を厳選!



スマホを使っていない方にとっては「スマートフォンは高価なもの」と言う印象が強いと思います。実際にキャリアが取り扱っている看板機種やコマーシャルで取り上げられているようなモデルはハイスペックのものが多く、ハイスペックモデルは価格が高い傾向にあります。とは言っても各キャリアではハイスペックで高価なモデルだけでなく、ライトユーザーに向けた格安モデルも取り扱っているのです。

  • これからスマホデビューする方
  • 価格の安いスマホをお探しの方

そんな方に向けて、今回は3万円前後で買えるAndroidスマホをまとめてみましたので、是非ご参考を!

スマホを選ぶ基準とは?


スマホを選ぶ時の重要なポイントは、「自分がどのような使い方をするのか」を考えることです。

価格の安いモデルを購入して、全く自分のやりたい事が出来なければ逆に損をすることになります。逆にハイスペックで高価格なモデルを買っても、全くスマホを使わないのであればお金がもったいないです。

  • ハイクオリティなゲームで遊びたい
  • 高性能なカメラを使いたい
  • 大画面で動画を視聴したい
  • 片手で操作がしたい

スマホをどういう風に使いたいのか、それによって選ぶ端末のレベルが変わります。実際にスマホを選ぶ基準はどういった部分にあるのかを、先に紹介しておこうと思います。

CPUとRAM


CPU(SoC)の品質はスマホの動作面に大きく影響を与えます。CPUはスマホの脳みそ的な役割を担うので、高性能なものであればより様々な動作を快適に行うことが出来ます。そして当然ですが、高性能なCPUほど価格が高くなっております。

また「RAM」も動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、「RAM」はスマホの脳みそである「CPU(SoC)」が快適に働けるスペースを提供する役割を担います。RAMが高ければCPUが同時にいろんな処理を行うことが出来ますが、RAMが低ければ、せっかく高性能なCPUを搭載していてもパワーを発揮できないのです。

「重い3D系のゲームアプリをプレイしたい」

なんて方は、このCPUとRAMが優れているモデル、いわゆる「ハイスペック」と呼ばれているモデルを選びましょう。

ROMと外部ストレージ


ROMは内部ストレージの事で、端末本体に保存出来る容量のことです。スマホで音楽ファイルを管理する方や写真をいっぱい撮影する方は、大容量のストレージが必要になります。またスマホには外部ストレージと言うものが搭載(モデルによる)されており、SDカードを挿入することによって、ストレージを増やすことが出来ます。

「写真を撮影してスマホに保存しておきたい」
「音楽や動画などの大容量ファイルをスマホで管理したい」

こういった方は、ROMが大容量のモデルや外部ストレージの対応数が高いモデルを選びましょう。

ディスプレイサイズと解像度


スマホはそれぞれディスプレイサイズが異なります。小さなディスプレイから大きなディスプレイまで様々で、大きさによってメリットに違いがあります。まず小さい画面の場合は、端末自体がコンパクトになるので、持ち運びが便利で片手操作が可能になります。一方で大画面の場合は、動画の視聴やブラウザの文字が見やすいといったメリットがあります。それぞれ自分の使い方に合わせて大小を選ぶ必要があります。

また「画面解像度」の違いも、人によっては重要です。
画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、解像度が高いほど点の数が増えてより細かいところまで色を表現することが出来ます。いわゆる「ハイビジョン」や「フルハイビジョン」と呼ばれているものが解像度の違いになります。最近の端末ではフルハイビジョンの1920×1080が多いですが、2018年2019年辺りからワイドディスプレイが流行っているので、2160×1080を採用したモデルが多いです。

「高画質で動画を視聴したい」
「ネットサーフィンで文章が読みやすい方が良い」

こういった方は、ディスプレイサイズが大きくて高解像度のモデルを選びましょう。

カメラ


カメラ性能も端末それぞれ異なります。もちろん高性能であればあるほどコストがかかってしまいます。最近のスマホではレンズを2つ搭載する「デュアルカメラ」や、レンズを3つ搭載する「トリプルカメラ」を採用したモデルも登場しており、ますますスマホカメラの性能が向上しています。

「高画質な写真を撮影したい」
「ポートレート撮影やぼかし効果を利用したい」

そんな方は高性能なカメラ機能を搭載したスマホを選びましょう。

バッテリーや機能面


スマホは充電式なので、バッテリーが切れると充電が必要になります。大容量バッテリーが搭載されているモデルや、バッテリー持ちの良いモデルを好んで選ぶ方も多いです。
また「Wi-Fi」や「USBポート」や「防水」などの機能面にも違いがあります。自分にとって必要な機能が対応しているかどうかは、必ず購入前にチェックしましょう。

価格

今回のテーマ「3万円前後」とあるように、スマホはそれぞれ価格が異なります。キャリアの看板機種であるiPhoneシリーズやXperia・Galaxyなんかは高性能でかつ高価格なモデルが多いです。「スマホは高価なもの」と言う印象は、こういったメイン機種がすべてハイスペックモデルで高価格だからです。

スマホだけでなく何か商品を選ぶ上で、最も重要なのは「価格」です。それでは実際に各キャリアが販売している3万円前後のモデルを紹介していこうと思います。

「初めてスマホデビューする」
「格安のスマホを探している」

そんな方は是非、この後紹介する端末の中から選んでみて下さい!

3万円前後で買えるドコモスマホ

AQUOS sense 2


こちらはシャープ製スマホ「AQUOS sense 2」です。価格が31,104円の格安モデルです。
Snapdragon 450が搭載されているので、AnTuTuベンチマークスコアは7万前後。AnTuTuベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。7万前後だとかなり低めのスコアなので、重いゲーム系のアプリは厳しいでしょう。
キャリアスマホなので防水防塵・おサイフケータイにも対応しており、格安スマホの中ではバランスが良くて人気の端末です。

arrows Be 3


こちらは富士通製スマホ「arrows Be 3」です。価格が33,048円の格安モデルです。
こちらもまたスナドラ450が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは7万前後。防水防塵に加えて耐衝撃にも対応。5.6型の有機ELディスプレイも特徴的な国産モデル。

Galaxy Feel 2


こちらはサムスン製スマホ「Galaxy Feel 2」です。価格は40,824円と少し高め。
これまでのモデルと違ってExynos 7885が搭載されているので、AnTuTuベンチマークスコアは11万ほど。格安モデルながらに1600万画素のレンズが背面前面共に搭載されていたり、4GRAMが搭載されていたり、arrows Be 3と同様に有機ELディスプレイが搭載されていたり、そこそこのスペックが搭載されています。

LG Style 2


こちらはLGエレクトロニクス製スマホ「LG Style 2」です。価格は38,880円と少し高め。
3900mAhもの大容量バッテリーが搭載されている格安モデルで、背面にはデュアルカメラが搭載されています。ディスプレイは6.0型のFHD+が搭載されており、もちろんおサイフケータイや防水防塵にも対応。

3万円前後で買えるauスマホ

Galaxy A30


こちらはサムスン製スマホ「Galaxy A30」です。価格は43,200円と少し高め。
こちらは6.4型の有機ELディスプレイが搭載されたauの格安モデルで、Exynos7904が搭載されているのでAnTuTuベンチマークスコアは10万前後を記録。背面のデュアルカメラや大容量バッテリーの搭載、防水防塵・おサイフケータイの対応など、格安スマホの中ではかなり高水準な仕様となっております。
auではドコモでも販売されている「AQUOS sense 2」や他にも「LG it」や発売予定の「P30 lite Premium」などが低価格です。
人気なのはこちらの「Galaxy A30」か国産モデルの「AQUOS sense 2」です。

3万円前後で買えるソフトバンクスマホ

arrows U


こちらは富士通製スマホ「arrows U」です。価格が30,720円の格安モデルです。
こちらもまたスナドラ450搭載でAnTuTuベンチマークスコアは7万前後。デュアルカメラ、6.26型のFHD+ディスプレイ、防水防塵耐衝撃、おサイフケータイ対応の万能型です。富士通産と言う安心感もありますし、スマホデビューや年配の方におすすめのライトモデルです。

LG K50


こちらはLGエレクトロニクス製スマホ「LG K50」です。価格が30,720円の格安モデルです。
こちらはMT6762搭載でAnTuTuスコアは7万前後。デュアルカメラや大容量バッテリーが搭載されておりますが、防水防塵やおサイフケータイには非対応なので注意。

3万円前後で買えるSIMフリースマホ

格安SIMサービスで使うSIMフリースマホの中でも3万円前後の安いモデルがいくつかあるので、オススメモデルをピックアップ!

nova lite 3

nova lite 3

こちらはHUAWEIの格安SIM専売モデル「nova lite 3」です。
特徴はなんといってもコストパフォーマンスの良さです。2万円台で購入出来るにも関わらず動作性能ではAnTuTuベンチマークスコアが13万を記録しています。重い3D系のゲームは厳しいかもしれませんが、普段使いであれば快適に行うことが出来ます。
発売 HUAWEI/2019年2月
動作性能 Kirin 710/3GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 155.2 × 73.4 × 7.95 mm/160 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
価格 26,880円
nova lite 3の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:14,800円
(乗り換えがお得!)
nova lite 3(14,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:9,800円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン
nova lite 3(22,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、13,000円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:20,760円

サイト限定キャッシュバック特典! nova lite 3(23,760円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:2,880円~14,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite 3(26,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。


P30 lite


こちらはHUAWEI P20 liteの後続モデル「P30 lite」です。
チップセットはP20 liteのKirin659よりもアップグレードされており、Kirin710が搭載されております。AnTuTuベンチマークスコアでは12万前後を記録しています。
単純にコスパはトップクラスに良いですし、トリプルカメラの搭載やDSDVの対応などといった機能面にも優れています。
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 710/RAM4GB
AnTuTu:12万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
機能 トリプルカメラ
Wi-Fi5GHz(a/ac)
USB Type-C
ベゼルレス
ノッチ
価格 32,800円
P30 liteの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:12,800円
(乗り換えがお得!)
P30 lite(12,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:19,800円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン!
P30 lite(29,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P30 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!


moto g7 power


こちらはモトローラのライトモデル「moto g7 power」です。
g7と比べてカメラ性能や解像度は劣りますが、バッテリーが5000mAhもの大容量搭載と言うことで、ライトモデルながらにかなりオススメのモデルです。しかも上位モデルのg7と同じスナドラ632が搭載されているので、動作性能は同等クラスとなります。こちらはDSDS及びトリプルスロットに対応しております。
発売 MOTOROLA/2019年5月
動作性能 Snapdragon 632/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.4 × 75.3 × 9.3 mm/193 g
カラー セラミックブラック
価格 25,800円
Moto G7 Powerの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:15,800円
(乗り換えがお得!)
moto g7 power(15,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典あり!)
Moto G7 Power(24,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。


まとめ

意外にも3万円前後で買える格安モデルはすべてのキャリアから販売されており、SIMフリースマホにしても有名なnova lite3やP30 liteが選ぶことが出来るのでオススメです。
自分がスマホをそこまで使わないとわかっているのであれば、今回紹介したような価格の安いモデルの中から選びましょう。逆に、3Dの重いゲーム系アプリなんかをプレイする方は今回紹介したようなモデルではなく、もっとハイスペックな高価格モデルを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。